こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. PowerShift! from大阪-未来図から日々の実践を考える-

    更新日:2017/02/01

    PowerShift! from大阪-未来図から日々の実践を考える-

    Wake Up Japan
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    59785d4fa6-DSC_0231.JPG

    トランプ政権など、これからの世界に不安がある方は必見! 歴史を繰り返さないために。

    活動テーマ
    • 移民
    • 人種差別
    • 平和
    • 国際交流
    • フェアトレード
    • 飢餓
    • いじめ
    • 家庭崩壊
    • 教育格差
    • 不登校
    • 非行
    • チャイルド・プア
    • 児童虐待
    開催場所
    • 大阪

    天王寺区民センター 第3会議室

    必要経費

    参加費 学生 500円、 一般 1000円、 高校生 300円
    *早割(1月29日までの申込)-100円、グループ割(2人以上の申込)-100円、リピーター割-100円
    主催 Wake Up Japan

    【お申し込み方法】
    参加ご希望の方は、以下のURLにアクセスをし、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
    https://goo.gl/forms/uHWCDuXCdaozwxBo1

    募集対象

    トランプ政権の難民や移民に対する大統領令、ヘイトスピーチなど、社会のいく末に不安を感じ、より良い未来を作りたいと思っている方

    注目ポイント
    • 過去の悲惨な歴史を知っていても、それがなぜ起こったのかはみんなあまり考えていない。
    • そうした中で、「最悪な未来」も「私たちの日常」の連続の先にやってくる。
    • だからこそ、日々どう向き合うのか、かつ無理をせずに。をコンセプトに日々できることを考えます。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    10名

    募集詳細

    世界の教育問題、食料問題、難民問題、環境問題、紛争、平和。

    国内外には多くの社会問題が存在しています。
    特に、アメリカでのトランプ政権の誕生して以降、多くの課題が表れています。日本にいる我々としてできることには何があるのでしょうか?



    こうした場合、その問題を解決することを私たちは考えがちです。



    その一方で、こうした分野では日々の活動に忙殺され、【未来】についてイメージし、私たちが築いていきたい未来をイメージし、そのための日々の実践を考える機会は限られています。



    今回は、【未来】について、【社会問題】と絡めながら、【回避したい将来像】を出し合い、そうした【未来】に行きつく【今】の【状況】を話し合い、【より良い未来】のために【日々実践すること】を考え導き出していきます。



    国際協力や社会問題に関心のある皆さんのご参加をお待ちしています。

    【詳細】
    PowerShift! from大阪-未来図から日々の実践を考える-
    日時 2017年1月31日(火) 18:30-21:00(開場 18:00)
    場所 天王寺区民センター 第3会議室
    アクセス 地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車 1号・2号出口から北へ100m
    (
    参加費 学生 500円、 一般 1000円、 高校生 300円
    *早割(1月29日までの申込)-100円、グループ割(2人以上の申込)-100円、リピーター割-100円
    主催 Wake Up Japan



    【お申し込み方法】
    参加ご希望の方は、以下のURLにアクセスをし、必要事項をご記入の上、お申し込みください。



    【講師プロフィール】
    鈴木 洋一/ Wake Up Japan共同代表
    学生時代に日本模擬国連代表や日本国際連合学生連盟、国際ロータリー、洞爺湖G8サミットに向けた政策提言などにかかわる。学習院大学卒業後、マレーシアにて現地高校生や大学生など青少年向けの環境啓発活動に関わる。
    2009年より国際NGO オックスファム・ジャパンにて、青少年育成担当として勤務。全国各地、国内外の若者とともに活動する。 2014年に地球温暖化とエネルギー問題にかかわる若者のプラットフォーム、PowerShift Japanの創設にかかわる。2016年2月に国内外の社会問題のプラットフォームとして、Wake Up Japanを立ち上げる。
    若者の社会参加、シティズンシップ教育や社会変革論などを主な活動分野としている。これまでに一橋大学公共政策大学院、香川大学、東北大学、YMCA総会、国際医学生連盟日本、豪州Deakin Universityでのフェアトレード大学運動に関するカンファレンスなど、「若者の社会参加」や「社会貢献」を中心に講演回数は年間60回を超える

    • 49d9cfc523-DSC_0428.JPG

      参加者一人ひとりが思っていることを話して、ワークショップは進めます。

    • 37f529c44c-DSC_0381.JPG

      リソースパーソンは、国内外の社会活動に参加しているWake Up Japan共同代表の鈴木が行います。

    • 4e8b5a0ef3-DSC_0231.JPG

      思いを大切にしてワークショップを進めたいと思います。

    体験談・雰囲気

    このイベントの雰囲気

    未来に不安がある。

    そんな方の参加をお待ちしています。


    知識が十分でなくても、今抱えている不安なこと、もやもやすること、そんなことがある方の参加を歓迎します。

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    団体情報

    代表者

    鈴木 洋一

    設立年

    2016年

    法人格

    任意団体

    Wake Up Japanの団体活動理念

    ・社会的不条理を自己責任で片付けない

    ・国内外の社会問題をつなぐ

    ・一人ひとりの力は小さい。けれども、共に行動をすることで社会は変えられる。

    Wake Up Japanの団体活動内容

    ・若者/学生を対象にしたリーダーシップ研修事業

    ・若者/学生を対象にしたカンファレンス事業

    ・世代間を繋ぐソーシャル交流会事業

    ・社会問題に立ち向かうマンスリーキャンペーン事業

    Wake Up Japanのボランティア募集

    Wake Up Japanの職員・バイト募集