こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 甲子園で子どもたちと楽しく学ぼう!

    更新日:2017/10/27

    甲子園で子どもたちと楽しく学ぼう!

    特定非営利活動法人まなびと + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    e73735327c-image1.JPG

    子どもの「学び場」づくり~ 子どもたちと放課後

    活動テーマ
    • いじめ
    • 教育格差
    • 不登校
    • チャイルド・プア
    • 児童虐待
    活動場所
    • 兵庫

    阪神甲子園駅徒歩5分

    必要経費

    無料

    ボランティア保険500円
    (教室までの交通費は自己負担でお願いします)

    活動頻度

    週2〜3回

    募集対象

    子どもと関わることが好きな人
    勉強を教えてみたい人
    甲子園の地域活動に興味のある人
    最低でも週一回参加してくれる方、また、「アシスト甲子園校」の運営団体「まなびと」の月一のミーティングに参加できる方
    活動に意欲的に取り組んでくれる方(応募の際、詳しく動機を書いていただきたいです!)

    注目ポイント
    • 勉強が苦手でも大丈夫!教えるボランティアではなく、人と関わるボランティアです!
    • 子どもの個性を大事に、一人ひとりに合った「まなび」を提供します。
    • 週1~なので学業との両立も大丈夫!自分のペースに合わせて活動できます!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    5名

    募集詳細

    子どもにとって、本当に必要な「まなび」とは?

    アシスト甲子園校に来る子どもたちは、何らかの理由で勉強に苦手意識を持っている子が多いです。そんな子どもたちにとって、必要なこととは何でしょうか?

    勉強が苦手で閉ざしてしまった心に、知識を詰め込もうとしても、心をもっと閉ざしてしまいます。教えられることが苦手な子もいます。そういう子は、私たちが教えようとしても全く心を開いてくれません。

    しかし、それは大人も一緒なのではないでしょうか。自分の知っていることを自慢げに語ったり、説教じみた話しかしない人を大好きな人はなかなかいません。みんな自分のこだわりがあり、世界があり、人生があります。

    それゆえ、アシスト甲子園校が大切にしているのは、子ども一人ひとりのことを知ろうとすること、そして同時に、子どもに自分自身のことを知ってもらうことです。

    他者との関わりの中で自分自身のことを知ることは、すなわち、これからの自分の人生を考えることでもあります。子どもたちが自分のことを知り、これからの人生に思いを馳せ、自分という土台を少しずつ造っていくこと。この土台が無ければ、いくら学校の勉強を詰め込んだとしても、良い「まなび」にはなり得ないのではないでしょうか?

    子どもたちと深くコミュニケーションをとっていると、子どもたちの素直さや、毎日を必死に生きている姿に心を打たれます。関わるうちに、子どもたちよりも自分たちのほうが学ぶことは多いと感じ始めます。

    そうやって共に学び合える仲間づくりを、アシスト甲子園校では心がけています。


    学校でもない、家庭でもない、第三の学び場


    アシスト甲子園校では、地域教育にも力を入れていきたいと考えています。

    学校や家庭ではなかなか教えることができないけれど、それでも子ども本人、あるいはその地域、ひょっとすると社会全体にとって、知っておかないといけないこと、考えていかないといけないことは沢山あります。

    自分たちの住む地域がどんなところなのか、今世界ではどんなことが起こっているのか、

    これから自分たちがどんな夢をもち、どんなふうに生きていくことができるのか。

    そんな風にアシスト甲子園校では、より子どもたち、あるいはその地域の人たちに寄り添った学びを提供していきたいと考えています。


    巡り合った最初の一人を大切に


    もともとアシストは、貧困からうまれる、子どもたちの学習環境の格差を是正したいという想いからスタートしています。

    できるだけ多くの子どもたちに放課後の学び場を提供したいという理念のもと、低価格で事業を展開しながら、ボランティアの方に関わっていただいています。

    ですが、子どもたちと関わるうちに、子どもたちにとっての困難とは、

    「貧困」でも「格差」でもなく、「勉強が面白くない」ことなのだと感じ始めました。

    そして、おそらくその理由は、勉強=一人で頑張るもの、というイメージなのではないかと考えるようになりました。

    アシストには、家庭環境に困難を抱える子や、発達障がいを持つ子も来ます。

    彼らはまず第一に人と関わることを欲してやってきます。

    むしろ本来は子どもたちは皆そうなのかも知れません。

    もちろん、しっかりカリキュラムに沿って、わかりやすく作られたテキストを使って勉強することも大切です。

    それが学校の役割なのかもしれません。

    ですが子どもたちとの関わりの中で、多少遠回りかもしれませんが、体当たりで関わり、子どもたち一人ひとりの隣に立ち、共に歩むこともまた必要なのだと考え、今アシストが運営されています。

    • 80093e54d8-image3.JPG

      和気あいあいとした教室

    • 51e73aeccc-image4.JPG

      生徒と真剣に語り合う

    • c3f0d536e7-image5.JPG

      教室後は皆でミーティング

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    (関西学院大学 2回生 女)

    私がアシストに来て良かったと思う部分は、勉強を教えるだけではなく、生徒一人ひとりのニーズに合わせて、色々なアプローチを考えて実践していけるという、学習塾や家庭教師ではできないような子どもとの関わり方ができるというところです。

    私はまだまだ経験も浅く、何か生徒にとって意味のあることができるのかどうか不安もあります。しかし、アシストでの経験が、生徒だけでなく、私や他のスタッフにとっても、きっと未来に繋がる意味のある経験になると信じています。


    (関西学院大学 3回生 女)

    今までボランティアや学習指導を経験したことがなく、初めは不安でした。しかし、スタッフは優しい方ばかりで、また熱心に活動をしてらっしゃるというのが伝わってきたので、自分もここで何か役に立ちたいというやる気が湧き上がってくるのを感じました。新しく入った私でも意見を言える場があったり、他のスタッフの方の意見を聞くことがあったりと、意見交換の場がたくさんあるのがこの活動の魅力だと思います。


    このボランティアの雰囲気

    アシスト甲子園校で大切にしていることは、「子どもたちの変化を見逃さない」ということです。毎週子どもと教室で会うことで、子どもの変化に気づいたり、色んな話をすることで、お互いのことを共有しています。それぞれのスタッフが子どもたち1人ひとりと関わろうとし、それが全体として和気あいあいとした雰囲気を作り上げています。そんな雰囲気の中でスタッフ同士の関係も自然と会話が弾み、ミーティングも毎回和やかに、時々真剣に行っています。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 関西学院
    • 京都外国語
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small 5781b4d508 ab6cfbacdf img 7495

    特定非営利活動法人まなびと

    代表者

    中山 迅一

    設立年

    2014年

    法人格

    NPO法人

    まなびとの法人活動理念

    「自ら学び、共に学び合い、豊かな社会づくり」

    まなびとの法人活動内容

    特定非営利活動法人まなびとでは、神戸を中心に地域の学び場づくりを行っています。

    誰もが当たり前に「学ぶ気持ち」を手に入れられる社会を目指す。

    そのために、「学ぶ」手前の、「認められる」経験を、それぞれの場において大切にしています。


    活動はプロジェクト単位で行われており、大学生が中心となって各プロジェクトを運営しています。

    活動する側も一人ひとりが学びながら、皆で共に学び合える活動を目指しています。

    まなびとのボランティア募集

    まなびとの職員・バイト募集