こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 兵庫のボランティア募集一覧
  3. 兵庫でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【兵庫県加東市】学習支援ボランティア募集!

更新日:2018/02/16

【兵庫県加東市】学習支援ボランティア募集!

特例認定特定非営利活動法人 兵庫子ども支援団体
  • 活動場所

    兵庫 (加東市(社福祉センター))

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

この募集の受入法人「特例認定特定非営利活動法人 兵庫子ども支援団体」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

低所得収入世帯、ひとり親世帯、多子世帯などの子どもへの学習サポート

活動テーマ
活動場所

加東市(社福祉センター)

必要経費

無料

特になし

活動日程

随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

募集対象

教育に興味のある方募集
教員を目指している方歓迎!

注目ポイント
  • 大学生が中心となり運営しています
  • 高校生から活動に携わることができます
  • 小・中学生への学習サポートに携われます!
対象身分/年齢
募集人数

5名

特徴

募集詳細

詳細

▼内容

 小学生・中学生に対する学習支援・サポート


▼実施日

 ・木曜日(18時〜20時)

詳しい活動時間などはホームページをご覧ください。


▼実施場所

 ・社福祉センター(兵庫県加東市)


▼交通費

 上限1,000円/回までで実費支給


▼求めるボランティア像

・月2回以上参加できる方を募集しています。

・年度末まで継続参加できる方を募集しています。(学業や仕事による長期離脱は応相談)


募集に関する詳細は団体ホームページをご覧ください。


注意事項

当団体からはメールにてお返事させていただきます。

当法人ドメインからのメールを受信できるように設定お願いいたします。

特にauさんのキャリア回線を使用されている方において、不達が目立ちます。

不達の場合こちらから再度連絡はいたしませんので、ご注意願います。

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

<大学生ボランティア>

活動に参加しようと思われたきっかけは何ですか?

教師を目指すにあたり、子どもと教科指導を通して指導力やコミュニケーション能力を高める場を探していたところ、この活動をactivoで見つけたことですね。


参加されていかがでしたか?

子どもは私たちよりも本能的で、直接的なので不注意な言動をしないように心がけています。また、学びへと意識を向けるように上手く行動することが大変で難しいですね。

――私たち大人の言動、子どもたちはちゃんと見てますよね!


遠くから、名前を呼んで指導を頼まれたり、前に教えたことやした話を覚えてくれているとすごく嬉しいです。彼らの中で自分の存在が大きくなった実感があり、参加してよかったという満足感を感じます。

――頼りにされていると感じる瞬間は本当に嬉しいですよね。

活動を通じて自分が変わったと思うことはありますか?

子どもと話す、聞くなどの関わる力が、格段に伸びました。また、自分でも何か教育にまつわる活動を始めようという気持ちが芽生えました。


これからチューターになりたいと思っている方へ

子どもと関わるための力は、まちがいなく身に付きます。それに、まだ活動は発展途上中のため、あなたが様々な改革を行う余地もあります。ぜひとも、私たちと共に、子どもたちの未来に「かがやき」を与えていきましょう。お待ちしております。


<高校生ボランティア>

「何か新しいことに挑戦したい」という思いではじめたなかじーさん。
いざ活動に携わってどうでしたか?

活動中は言葉遣いに気を付けています。自分が教えることにより理解してくれた時の子どもたちの顔を見ると、嬉しくなります。
子どもたちと関わることで人の様子をよく見るようになり、気を配れるようになりました。

なかじーさんから、これからチューターになりたいと思っている人へ一言

学校では決して学ぶことの出来ない機会で、始めるのに躊躇する部分もありますが貴重な経験となります!


<社会人ボランティア>

活動への参加のきっかけは何ですか?

働き出して見えたもの

きっかけは社会人として働きだして5年が経過したことです。仕事にも慣れ落ち着きが出てきた際に、改めて今の自分が置かれている環境を顧みてみると、周りの方々のおかげで、今の自分の生活環境が確立されていると気付いたんです。学生時代は勉強をしても社会で役に立たないと思っていた事も「勉強の仕方を学ぶ」という意味では、仕事にも通じる部分がありますね。

――確かにどんな環境で育つかも大事だということは、耳にしますね。


色んな知識を子どもたちに

また、勉強よりも人間性が大事ということが世間ではよく囁かれていますが、子ども達は今後、高校受験、大学受験、就職試験、資格試験等様々な場面で他人と競争しなければならない時期が来るので、最低限の教養は自立した社会生活を営む上でも重要です。私自身、子ども時代はこのような事を考えた事がなかったので、子ども目線でアドバイス出来るように、学校では教えてもらえない社会知識を含めて、子ども達と一緒に学ばせて頂きたいと思いました。


これからチューターになりたいと思っている方へ!

これからチューターになりたいと思っている方は是非1度ご見学にお越しください。

自分に勉強を教える事が出来るのか?など、不安に思う事はあると思いますが、学習支援活動は塾ではありません。

「常識よりも良識」ということで、物事の良し悪しを教える事も大事なことです。常識は社会に出れば学ぶ機会がありますが、良識は小さい頃の環境によって培われます。良いと思ったことは躊躇せずに実行してみましょう。それで、子ども達が1%でも成長出来れば儲け物だと思います。

――勉強も大切ですが、「それだけ」に偏るとなんだか味気ないですよね。

子どもたちには様々なことを自分の力にしてほしいです。


ホームページにはチューターの声を掲載しています。

ぜひご覧ください。


特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

特例認定特定非営利活動法人 兵庫子ども支援団体

“子どもが笑って過ごせる地域の形成”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

多田 実乘

設立年

2013年

法人格

認定NPO法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

特例 兵庫子ども支援団体の法人活動理念

兵庫子ども支援団体が掲げるミッション

私たちはこのミッションを2014年から掲げています。この"笑って"というのは、もちろん子どもたちを笑顔にすることですが、目に見えるものや声がこぼれる笑いだけではありません。子どもたちが「過ごしていて楽しい」「居心地がいい」と感じられること。全てを含んでいます。


子どもの取り巻く環境が急激に変化している昨今、様々な理由によって「夢」を諦めてしまう子どもや何かしらの理由で笑って過ごせない状況の子がいます。そのような子どもたちが一人でも減り、将来に向けて希望を持って成長できるような地域社会を作っていきたいと私たちは考えています。


まずは私たちが子どもたちに。そうして育まれた子どもたちは大人になったとき、きっと今度は次世代の子どもたちにも繋げてくれると信じています。まずは、これからの地域を担っていく子どもたちが「笑って過ごせる」こと。その結果が、地域社会の活性化に繋がっていくと…私たちは思っています。

特例 兵庫子ども支援団体の法人活動内容

子どもに関わる様々な活動に取り組んでいます。

学習支援や子ども食堂,その他のイベントなど特定の活動に限らず,内容は多岐に渡っています。

取り組む社会課題:『教育格差』

活動実績

2013年
(任意団体)兵庫子ども支援団体 設立

2013年11月29日

当時の高校生有志で兵庫子ども支援団体を設立しました。

2015年
学習支援[かがやき]スタート

2015年06月

様々な地域の子どもたちに学習の機会を提供する学習支援事業が兵庫県明石市で始まりました。

2016年
読売子育て応援団大賞 奨励賞受賞

2016年10月

読売新聞社が主催する「読売子育て応援団大賞」にて奨励賞を受賞いたしました。

2017年
食育ひろば ひなた スタート

2017年01月

「たべて まなんで あたたまる」をコンセプトに食育ひろば ひなた(子ども食堂)事業が始まりました。

NPO法人化〜兵庫県知事より認証〜

2017年01月18日

特定非営利活動法人格を取得しました。

2018年
活動拠点「明石ひみつ基地〜おひさま〜」オープン

2018年08月04日

法人の活動拠点を兵庫県明石市に開設しました。

2019年
ビーンズテラス オープン

2019年08月

学習のサポートと居場所を提供するビーンズテラスを兵庫県神戸市にオープン

2020年
オンライン相談 Step Linkサービス開始

2020年

LINEを利用したオンライン相談事業のサービスを開始

特例 兵庫子ども支援団体のボランティア募集

特例 兵庫子ども支援団体の職員・バイト募集