こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 高校生・大学生を取り巻くリアルを変えろ!人材育成NPOの学生理事候補募集!

    更新日:2016/10/12

    高校生・大学生を取り巻くリアルを変えろ!人材育成NPOの学生理事候補募集!

    認定NPO法人共存の森ネットワーク
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    841b18c490-blog2.jpg
    活動テーマ
    活動場所
    • 東京

    NPOオフィス(小田急線経堂駅徒歩1分)
    必要と希望に応じて活動先の地方コミュニティに行きます。

    必要経費

    無料

    ミーティング時の交通費は一部負担頂くことになります。
    地方出張の際の交通費はNPOから支出します。

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    高校生・大学生とともに日本の地方から社会を変えていきたいひと。実績や経験等は全く問いません。やってみたい!という気持ちがあるかた、心よりお待ちしております。

    注目ポイント
    • 全国でソーシャルアクションに挑む高校生・大学生とともに社会変革に挑みます!
    • NPOの土台が「聞くこと」や「世代間のつながり」なので、“ことば”や“対話”を深く学び考える機会に!
    • 社会的信頼があるNPOだからこそ、企業や会員の方とともに学生だけでは取り組めないチャレンジができます!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    3名

    募集詳細

    わたしたちはなぜ活動するのか?


    遥か昔から増え続けてきた、日本の人口が減少し始めました。地方では、その土地から人がいなくなる消滅地域さえ生まれています。

    誰も知らない時代がやってきます。




    今まさに消えゆくローカルコミュニティ。

    そこには、作り手が見える食・仕事とは人生をデザインするということ・子どもはみんなで見守るなど、

    私たちが必要としている光が在るように感じます。


    若者がローカルコミュニティに学び、ローカルコミュニティで挑戦する。そんなことが当たり前の社会になったら、

    きっと少しずつ世界に必要な光が増えていきます。若者の仕事の選択肢も増えるし、学校以外のコミュニティに接することも増える。

    なにより若者の挑戦を後押しすることを通じて、若者が生きやすく、行動を起こしやすい世界を私たちはつくりたいのです。



    私たちのアクション。

    認定NPO法人共存の森ネットワークでは、全国の高校生・大学生が農山漁村や地方コミュニティに入りこみ、

    地域づくりや地域交流を行い、それらを通じた若者の人材育成を行っています。以下3つの活動がメイン事業です。



    1つ目。


    今年で15年目を迎える「聞き書き甲子園」では、毎年100人の高校生が全国の農山漁村へ旅して、

    樵や海女、伝統工芸士など70代以上の「名人」を中心に聞き書きインタビューをします。

    インタビューを高校生1人1人が文章作品に仕上げて、

    「名人」の生き方・仕事観を本にまとめた聞き書き作品集を毎年、出版・販売しています。




    2つ目。

    2015年度グッドライフアワード環境大臣賞を受賞した「共存の森づくり」活動は、

    大学生・若手社会人が北は新潟、南は福岡まで全国7集落で地域住民と地域づくりを行っています。

    こちらの活動も10年ほど継続しています。

    写真は新潟県村上市高根集落での棚田の稲刈りです。




    3つ目。

    聞き書き甲子園を通じて、地域の課題・魅力を目の当たりにした高校生たち。

    そして、彼らはもう一つ大切なものを聞き書き甲子園で受け取ったのです。それは「行動力」。

    はじめて出会う名人への取材はアポ取りから取材、作品作りまで全て1人で行います。

    自分が動かないとなにも変わらない。だけど自分が動けば確かになにかが変わる。


    そんな実感を得た聞き書き甲子園卒業生による、

    地方コミュニティでのマイアクションを支援するプログラム「ond」が3つ目の事業です。



    あなたにやってほしいこと。

    【具体的にやること】

    ・上記いずれかの事業の統括補佐をしてもらいます。事業の広報・企画運営全体の舵取りと統括の右腕として担います。

    (活動歴が長い理事がしっかりサポートしますので、組織運営やNPOに関わったことがない方大歓迎です)


    ・NPOの事業とミッションが合致しているか、ミッションに沿った事業を常に展開できているか、

    他の学生理事と共に議論し、必要があれば事業の軌道修正を行います。


    また上記内容に限らず、希望者のやりたいことにフィットした関わり方を提案しますので、

    わたしたちのアクションに共感くださる方は是非ご連絡ください。

    • 1b9b0aa902-10441407_602809869855077_8933612506092512930_n.jpg

      聞き書き甲子園・全国から集まった高校生!

    • fcdaa8fdff-member_children_recruiting_50486sub1.png

      地元と一緒に美しい海を取り戻すぞ!

    • 384ad18698-member_children_recruiting_50486sub3.png

      全国の学生達が集まってミーティング

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    関連大学
    • 関西
    • 慶應義塾
    • デジタルハリウッド
    • 同志社
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    認定NPO法人共存の森ネットワーク

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    工藤大貴

    設立年

    2003年

    法人格

    認定NPO法人

    共存の森ネットワークの法人活動理念

    人と人、人と自然、世代と世代をつなぐ活動を行うことで、持続可能な社会づくりを目指す。

    共存の森ネットワークの法人活動内容

    全国7つの農山漁村で行っている地域交流活動、

    聞き書き甲子園の実施運営、

    その他各地域での地域づくりや聞き書き事業の実施運営。


    ↑聞き書き甲子園は、全国から選ばれた100人の高校生が、

    農山漁村に住む「名人」(=マタギ、海女、伝統工芸士など)に一人で聞き書きし、

    記録する取り組みです。2017年度で16年目の開催。


    ↑地域づくり事業(共存の森づくり)は、2015年度環境大臣賞を受賞

    >> 受賞については環境省ホームページへ <<