こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 初心者歓迎*児童養護施設でiPadを利用した学習支援*

    更新日:2018/11/17

    初心者歓迎*児童養護施設でiPadを利用した学習支援*

    kumiko yamakoshi 特定非営利活動法人ITサポート銀のかささぎ
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    8cbe2ed9f9-member_children_recruiting_49669_main.jpg

    子供達の学習欠落箇所を埋めるサポートをしています!
    システム障害により、返信出来ていない可能性があります。
    その場合は活動日程欄をご確認下さい。

    活動テーマ
    • 教育格差
    活動場所
    • 東京 調布市 調布駅(東京) (地図)

    都内の児童養護施設(東京都調布市) 
    調布駅から徒歩で向かいます!

    必要経費

    無料

    活動経費はかかりません。
    交通費を一律1,500円支給します。

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    活動日程はご都合のいい時にご参加いただければOKです。
    11月の活動の募集は既に定員に達しました。ご質問等がございましたら、下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

    システム障害により、ご返信出来ていない可能性があります。
    その場合は再度下記の連絡先までご連絡下さい。
    連絡先:: [email protected]

    当団体 HP:http://www.i-kasasagi.com/report-2/ボランティア募集-2/
    *上記のURLからも応募できます!こちらの方が比較的早くご案内できます。可能でしたらこちらからお願いします。

    活動頻度

    週0〜1回

    10月の活動は既に定員に達しました。次回は11月の活動へのご案内となります。

    募集対象

    ICT教育に興味がある方
    学習支援を通して社会貢献がしたい方
    子どもが好きな方、児童虐待防止に興味のある方

    注目ポイント
    • 活動は ”月2回 日曜日 10:00〜12:00”
    • 交通費も支給します!学業との両立を重視しているため、自由参加!
    • 年に数回、食事会兼ミーティングを行っています。情報交換にも積極的です!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    20名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作

    募集詳細

    児童養護施設には、親自身の病気や経済的理由、そして親からの虐待など、何らかの理由で家庭生活を続けることが困難となった子どもたちが暮らしています。そして多くの子どもたちが、家庭環境によって「学ぶ力」を身につける機会に恵まれず、学年相当の学力に間に合わないという問題を抱えています。比較社会の中で、様々な偏見や経済的に不利な条件に加え、学力に対しても大きな劣等感を抱いたまま自らを肯定できず、可能性にふたをすることがないように、学習欠落箇所を補完して勉強に対して積極的になってもらえるように支援を続けてきました。また、支援を通して、社会貢献以上に児童について勉強したり、自分自身を成長したりとボランティアにとっても貴重な経験ができると思います。

    • 310df100e1-member_volunteer_recruiting_49669sub1.png
    • ed9aabc711-481.jpg

      iPadで学習する児童

    • 2d16a0d427-01.jpg
    • 6c77babe82-04.jpg
    • 845d3c6e72-003.jpg
    • 63f5b8f5ea-2016-10-08-00.29_2.jpg
    • 17290820b9-2015-06-27_09.22.27.jpg
    • b395714d4f-member_children_recruiting_49669_sub1.jpg
    • 6f6726cd4f-member_children_recruiting_49669_sub1.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    児童養護施設のボランティアに対して皆さんはどのようなイメージを抱いていますか。

    私たちが活動を通して感じているのは、子どもたちの素直さと学ぶことに対するひたむきな気持ち。

    「今日は何をしたい?」「足し算は好きだけど、引き算は嫌だなあ。」「じゃあ一緒に一つずつ解いてみようか?」「分かった!」

    小学1年生から6年生まで学年は様々ですが、日曜日の午前中の1時間半の勉強時間を楽しみに毎回参加してくれています。分からなくて、つまづいたときに簡単な言葉で納得できるまで説明を加えたり、励ましてやる気を出してもらったり。一年間通して活動することで一人一人の学習進度に合わせた指導ができるようになってきました。次の一年がまた楽しみです。


    このボランティアの雰囲気

    都内の大学に通う女子大生の私が初めて活動に参加したのは、大学2年生の秋。教職課程を受講していたため、塾講師か家庭教師を始めようかと考えていたときに、メンバーから「学習支援のボランティアに興味ない?」と勧誘されて活動に加わることになりました。当時の(今もですが)メンバーは、大学も学年もバラバラ。でも、子どもたちにも新規加入メンバーの私にも気さくに話すことのできる親しみやすい人ばかりで、すぐに馴染むことができました。もちろん、根本はボランティア精神が強く、活動後の帰り道では、どうしたらもっと子どもたちの学力を向上できるかで持ち切りになるほど、情熱を持って活動に取り組んでいます。また、小さい頃からこつこつと勉強してきた学生ばかりなので経験談も豊富で、私自身も勉強法について学ばせてもらっています。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    • 622212ca04-IMG_0461.JPG

      iPadで学習支援

    法人情報

    Square tiny 7392357cd3 8ffda8f52d author image 72812user
    Square small 7392357cd3 8ffda8f52d author image 72812user

    kumiko yamakoshi 特定非営利活動法人ITサポート銀のかささぎ

    代表者

    山越 久美子

    設立年

    2013年

    法人格

    NPO法人

    kumiko yamakoshi ITサポート銀のかささぎの法人活動理念

    『ITサポート 銀のかささぎ』の基本理念は、「不遇にあった子どもたちを学校や社会へ、そして明るい未来へ"つなぐ"」というものです。現在、様々な家庭の問題により学習環境に恵まれない子どもたちがいます。彼らは学習進度に遅れを抱え、社会から取り残されようとしています。「かささぎ」は七夕伝説において、彦星と織姫星を"つなぐ"役割を果たしていますが、私たちは"銀"のiPadを用いて、そんな子どもたちと社会を"つなぎ"たいという願いを込めて当団体の名前をつけました。一人一人は微力であっても、この問題について共に考え行動してくれる全ての人が一羽一羽のかささぎとなれば、必ず子どもたちを明るい未来へ"つなげられる"と信じています。

    kumiko yamakoshi ITサポート銀のかささぎの法人活動内容

    『ITサポート銀のかささぎ』は、児童養護施設等に入所していて、学習の遅れの問題を抱える子どもたちを対象にICTを用いた学習支援を行っています。私たちは、子どもたちとボランティアが実際に向かい合って勉強することを重要視しており、紙媒体のみの教材よりも無理なく効果的な方法で、学力向上と学習意欲の促進を目指しています。

    kumiko yamakoshi ITサポート銀のかささぎのボランティア募集

    kumiko yamakoshi ITサポート銀のかささぎの職員・バイト募集