最終更新から4年2ヶ月以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

  1. 海外の文学を日本の子供達の手に!翻訳ボランティア募集!

    更新日:2015/08/11

    海外の文学を日本の子供達の手に!翻訳ボランティア募集!

    日本オーディオブック制作社協会 + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    d1a31da468-DSC00001.JPG

    日本の子供に沢山の童話を読み聞かせよう!

    活動テーマ
    • 教育格差
    • バリアフリー
    活動場所
    • 在宅可
    必要経費

    無料

    日本におけるオーディオブックの市場は最大手で3億円とまだまだとても小さな市場です。これは、コンテンツが少ないから小さいと見ています。どういう原作を聞き手は求めているのか?と言われれば、皆が楽しめるコンテンツであると当協会は考えております。経費については、結構な後払いになってしまいますが、子供に夢を与えるという意味においては、とても夢のあるプロジェクトであると考えております。
    (報酬についてですが、印税については確定しております。それ以外も支給予定です。)

    活動日程

    随時活動

    募集対象

    フランス語かドイツ語、ギリシア語、デンマーク語と日本語が出来る人。それか、日本語の文章を要約することが出来る人。

    注目ポイント
    • 基本は在宅勤務なので、好きな時に好きな時間に好きなだけ作業が出来ます。就職活動でも有利なボランティアだと思います。
    募集人数

    4名

    関連スキル
    • デザイン
    • 翻訳/通訳
    • ライティング

    募集詳細

    このプロジェクトは、日本におけるオーディオブックは15000冊あると言われますが、大半は重複したものであり、実数は半分以下と思われます。オーディオブックを作る場合、原作者の許可が必要ですが、現時点では出版社と原作者の両者の許可が必要であり、承諾を得るのがとても難しいです。

    そうであれば、著作権が切れたものを…という事で、殆どの企業は日本の文豪の作品を一作品5種類以上を作ってしまうという状態で、あまり健全ではありません。そこで、当協会が目を付けたのは、海外文学です。海外文学は日本国内でも翻訳されて有名ですが、翻訳権は翻訳者と出版社にあります。そのため、翻訳されたものの利用は容易ではありません。

    どうやったら、容易に利用することが出来るのか?一番簡単なのは、原作を新たに翻訳し、それをオーディオブックや電子書籍にするのが一番良いと考えました。本来はオーディオブックが目当てですが、電子書籍化する事によって、子供も聴くだけでは無く、読む楽しみも得られる事で、多くの副次的効果が得られると考えています。

    子供に夢を与えられる企画は社会に出るとあるようでありません。語学に自信のある方、現代文には絶対の自信がある方、挑戦してみては頂けませんか?

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 大阪
    • 京都
    • 女子美術
    • 東京外国語

    法人情報

    Usersmainimg
    Avatar

    日本オーディオブック制作社協会

    代表者

    内田誠陽

    設立年

    2015年

    法人格

    未設定

    日本オーディオブック制作社協会の法人活動理念

    当協会は日本のオーディオブック制作社団体が横連携をして、情報交換をし、よりよいオーディオブックを制作していこうという目的の為に作られた団体です。

    日本オーディオブック制作社協会の法人活動内容

    認証作業

    日本オーディオブック制作社協会のボランティア募集

    日本オーディオブック制作社協会の職員・バイト募集