1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. カンボジアの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. カンボジアでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 【要問合!】3月12日発 カンボジアで運動会!現地教育機関と提携!

更新日:2024/02/25

【要問合!】3月12日発 カンボジアで運動会!現地教育機関と提携!

株式会社ピース・イン・ツアー
  • 活動場所

    カンボジア

  • 必要経費

    229,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    2024/03/12~18

基本情報

カンボジアの村の小学校で運動会を実施!この活動はカンボジアの教育省から依頼を受けて始まりました。かけっこや綱引きなど日本でもおなじみの競技を実施し、子どもたちに身体を動かす楽しさを伝えましょう。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 229,000円

発着地は【成田空港】もしくは【関西空港】からとなります。

成田:募集中
関西:まずはお問合せください

◆上記 ご旅行代金に含まれるもの
成田もしくは関西からの航空券代金、ホテル、お食事(朝5回、昼4回、夕4回)、現地プログラム費

◆上記 ご旅行代金に含まれないもの
航空会社の燃油サーチャージ(38,170円/24年1月現在)、日本出発空港の空港施設使用料(3,010円~3,100円/24年1月現在)、カンボジア現地空港税(6,720円/24年1月現在)、国際観光旅客税(1,000円/24年1月現在)、カンボジアビザ取得代金 (大使館実費5,100円、弊社代行手数料5,500円など。 カンボジアのビザ代行取得も承ります )、ホテルの一人部屋追加料金、日程表に記載のない観光、送迎、食事の代金、お客様がご注文された飲物代、追加料理の代金、ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用、任意の海外旅行保険料、日本国内の交通費(ご自宅~ご出発空港間など)

活動日程
  • 2024/03/12~18

2024/03/12出発~2024/03/18帰国:ご旅行金代金 229,000円 ※催行決定!

募集対象

高校生・大学生・社会人のおひとり参加大歓迎
※現地旅行会社(支店)の日本人が、カンボジアでのツアー中、参加者をフォロー致します!(高校生も多数参加実績あり)

注目ポイント
  • 過去8年間で1,500人以上が参加しているプログラム
  • 小学校で運動会を開催!一生の思い出をつくろう!
  • 日本旅行業協会ツアーグランプリ2016受賞!社会貢献度の高い活動です
対象身分/年齢
募集人数

25名

応募画面へ進む

募集詳細

★ご希望の方はまずはお電話でお問合せください★

◆カンボジアの小学校で運動会をしよう!


運動会のないカンボジアで日本式の運動会の実施!綱引きや玉入れなどの団体戦から、かけっこ・ピンポン玉競争など個人が競う個人戦も!1日かけて行う大規模イベントの為、カンボジアの子ども達にとって特別な思い出となるでしょう。みなさまには運動会を盛り上げる補佐をお願いするので、難しい知識は不要です。年齢など関係なく、どなた様でも参加可能です。


◆カンボジア シェムリアップ教育省の認定プログラムです!

シェムリアップ教育省 教育省員のスタッフが、現地のホテル~小学校~ホテルに同行致します! ネイさんはシェムリアップ州の小学校の図書館・教員の管理、教育環境を整えるための取り組みに尽力しています。


【教育省スタッフのMR.ネイよりツアー参加検討のみなさまへのコメント】

私は、シェムリアップ州の教育局で働いています。現在のシェムリアップ州には、約500校の小学校があります。しかし、村の小学校は、国語・算数・理科・社会といった授業が主となり、情操教育はほとんど行われていません。理由としては、学校の先生が足りておらず、更には先生も情操教育をうけたことがないため、子ども達に教えてあげることができません。そこで是非皆様が先生の代わりとなって、子ども達へ情操教育の大切さを教えてください!


◆参加証明書を贈呈します。

こちらのプログラムに参加をいただいた方には、もれなく教育機関が発行した【参加証明書】を贈呈します。



▶「カンボジア 村の子どもたちに体育を教える活動」の運動会の様子です!


◆高校生~社会人までどなたでも参加可能!

「身体を動かすのが好きな人」や「子どもたちを喜ばせたい」「将来先生を目指している」そんな方にぴったりのプログラム。カンボジアが初めての方も大歓迎。ほとんどがおひとりでの参加なので安心です。

※年末出発は社会人や高校生の参加も多数です!!


ー高校生 並びに保護者の皆様へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めての海外体験や高校時代の体験学習として海外ボランティアを選ぶ高校生が増えています。

「将来の留学の前準備」「将来の夢、やりたい仕事を考えたい」「進むべき方向を見つけたい」と

参加理由は様々です。このプログラムでは、企画担当により事前説明会も実施しております。

※詳しくは、ピース・イン・ツアーページをご確認ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



◆ジャングルに眠る神秘的な世界遺産アンコールワットへ

世界遺産であるアンコールワット観光を行います。


◆歴史学習も充実

また、現地日本人スタッフによるカンボジアの特別歴史レクチャーを行います。ポルポト政権による教育の弾圧を学び、「なぜ体育の授業が行われていないのか」など、現在カンボジアが抱える問題について学習します。 ツアー中、カンボジアの歴史をより深く学ぶため 「地雷博物館」と、虐殺された方々が眠る「ワット・トゥメイ」 と呼ばれるお寺を見学します。



◆日程表

1日目日本発⇒経由便⇒シェムリアップ

午前:東京(成田)・大阪(関西)発
※集合は成田空港は7:30/関西空港8:30となる予定です。

空路にてシェムリアップへ(乗継)

夕刻:着後、ホテルへご案内。夕食を楽しみながら自己紹介。

【シェムリアップ泊】
【食事 朝:× 昼:機内 夕:〇】
2日目

<小学校訪問の事前準備>

午前:体育指導のカリキュラム作り、運動会のための事前準備など。

午後: 現地日本人スタッフによるカンボジアの特別・ 歴史レクチャー 。
「どんな歴史を歩んできたのか」「なぜ体育の教員が不足しているのか」など、
現在カンボジアが抱える問題について学習。カンボジア語講座や交流準備など。

夜:一度は絶滅しかけた伝統舞踊(アプサラダンス)を鑑賞しながら夕食。

【シェムリアップ泊】
【食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】
3日目
小学校訪問&歴史学習

午前 : 村の小学校を訪問。
子どもたちに体操を教えたり、遊び道具の説明など、
身体を動かすことの大切さを伝える。その後、運動会に向けた種目の練習。

午後 : カンボジアの歴史を学ぶため 「地雷博物館」と、
シェムリアップのキリングフィールドと呼ばれる「ワット・トゥメイ」
を見学。

【シェムリアップ泊】
【食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】
4日目
小学校訪問/運動会を開催!<世界遺産アンコール遺跡群 観光

午前 : 田舎の村の小学校へ。
カンボジアで運動会 の実施。
①かけっこ、②ピンポン玉運び、③ボール運びリレーなどの個人競技がメイン

昼 : お弁当のご昼食。
教育省の職員や先生などへの交流・質問タイム。
カンボジアの教育の現状について学ぶ。

午後 : 午前に引き続き 運動会 の続きを行う。
(綱引き、玉入れなどの団体競技や応援合戦がメイン)
優勝チームにはトロフィーを贈呈し、閉会式を行う。
その後、子どもたちや先生とのお別れ会。

夜:自由夕食

【シェムリアップ泊】
【食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】
5日目<世界遺産アンコール遺跡群 観光>

終日:世界遺産アンコール遺跡群 観光。

午前:ジャングルに眠る神秘的な世界遺産アンコールワット へ。

昼:遺跡近くのレストランでご昼食
~その場で好きなものをお召し上がりください~ ※現地払い

午後日本人に人気の遺跡アンコールトム(バイヨン寺院、南大門他)、タプローム観光。

夜:参加者みなさんで活動を振り返りながらの夕食会。

【シェムリアップ泊】
【食事 朝:〇 昼:× 夕:〇】
6日目<カンボジア最大の湖でボートクルージング>

午前:自由行動
-------------------------------------------------------------
~ご希望の方はオプショナルツアーにご案内~
カンボジア最大の湖・トンレサップ湖のボートクルージング
※事前予約制/所要時間 約1.5時間/別料金50US$~/現地にてお支払い
貸切りの船に乗り、水上生活を見学。教会や小学校などを通り、広大な景色を楽しみます。
-------------------------------------------------------------

午後:出発まで自由行動
~お土産を購入したり、お部屋でゆっくりお過ごしください~
※ホテルは出発まで利用可能です。

夜:空路、帰国の途へ(乗継)。

【機内泊】
【食事 朝:〇 昼:× 夕:×】
7日目朝: 東京・大阪着。
【食事 朝:機内】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご了承ください。


◆ご旅行条件

最少催行人数6名様
添乗員なし
※カンボジア滞在中は弊社現地事務所スタッフにてサポート致します。
食事条件朝食5回・昼食3回・夕食4回
(機内食を除く)
利用予定航空会社ベトナム航空
利用予定宿泊施設ロイヤルクラウンホテル&スパ
一人部屋追加代金5泊分:25,000円
ビザ※ カンボジアのビザ(査証)が必要です
(別途、取得代金がかかります)
現地協力カンボジア教育省
シェムリアップ教育局

◆販売元

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所】〒165-0026 東京都中野区新井2-30-4 I.F.Oビル7F
【総合旅行業務取扱管理者】小山 耕太
【TEL】:03-5860-0071 【FAX】:03-5860-0072

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所】〒164-0001 東京都中野区中野4-7-1 野口ビル6F
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

応募画面へ進む

企業情報

株式会社ピース・イン・ツアー

“であい、ふれあい、学びあい アジアの学び旅”
代表者

原 優二

設立年

1988年

法人格

株式会社・有限会社・合同会社

ピース・イン・ツアーの企業活動理念

社名に込めた起業の原点=平和につながる旅


ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終わりを告げた1989年。近くはアジアでも中国の天安門事件、ミャンマーの民主化運動('88年)とその後のアウン・サン・スーチーさん軟禁、ベトナム軍のカンボジアから完全撤退など、まさに世界が大きく動いたこの年、弊社は創業しました。(会社設立はその前年)

当時日本はあのバブル景気の真っ只中。旅行業界でも年間の海外旅行者が初めて1,000万人を突破し、海外旅行ブームに沸いていました。が、まさに駆け出しの身であった私にはそんなブームに乗っかる術(経験・人脈・資金力)があるはずもなく、全く正反対の思い入れと方向性を持っての起業でした。それは、日本が紛れもなくその一員であるアジアと、旅の持つ力(パワー)へのこだわりです。

「欧米への憧れと夢の実現」からスタートした日本の海外旅行ですが、折からのブームを受けて団体旅行が急増していたアジアでは、現地との経済格差をいいことに札束で相手の顔を叩くような買い物やナイトツアー(買春)の類が氾濫し、現地の人びとから日本人観光客への厳しい批判の声(日本人よ、恥を知れ!など)が聞こえて来るまでになっていました。

その背景にはもちろんかつての戦争の歴史があることは言うまでもありませんが、出掛けて行く日本人の側は、あの戦争でいかに数多くのアジアの尊い命や財産を奪い、魂を傷付けたかについての理解と反省が至らず、侵略を進出と書き換えた教科書によって正しい歴史教育の機会を失った日本の若い世代が、あまりにも戦争の歴史を知らな過ぎる現状が浮き彫りとなっていました。

当時日本人客には大人気の団体観光ツアーが、現地では更なる対立感情を助長しているという残念な現実が実際にありました。

ならば、たとえ目を覆いたくなるようなものであっても歴史の史実はきちんと直視・検証し、訪れる国の歴史や文化、社会状況に尊敬と愛情をもって体験することで現地の人々とも交流できるような「体験交流型スタディーツアー」でこの現状を変えたい。

自分たちだけが楽しんで終わる旅行から、自ら現地の飛び込んで学んだり感じたり、そして現地の人との相互理解や共感を作り出す旅を作って提供しよう。さらにその活動を維持することによって、現地の経済に貢献する(雇用創出など)ことを会社の使命(ミッション)にしようと心に決めたのです。


実は、学生時代からアジア&太平洋地域への体験交流型ツアーの企画運営に携わる中で、その人生を変えるほどの衝撃や感動を得てこのような思いを抱くに至った自らの経験から「百問は一見にしかず」の旅にはきっとそんな大きな力(パワー)があると確信しています。

そんなわけで、弊社の社名である「Peace In Tour」には、少しずつでも現状を変える、平和につながる旅を作ってご提供して行きたいという思いと決意を込めています。


創業者 松永充弘

子供の笑顔

ピース・イン・ツアーの企業活動内容

~平和に貢献できる旅づくりを~


創業(1988年)以来、弊社は、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーのインドシナ4カ国を専門的に扱ってきました。これらの国々は、第二次世界大戦後も、植民地支配の継続、独立後の長期内線、ベトナム戦争、ポル・ポト政権の恐怖政治など、長期にわたって惨劇が続きました。弊社はこうした歴史があったからこそ、この4カ国の真の姿を日本の皆さんに知っていただき少しでも世界の平和に貢献したいと願い旅作りを続けてまいりました。

ご紹介するスタディツアーもこうした願いの一環です。これらのスタディツアーを通してインドシナ4カ国の人々との交流を促進し相互理解を深めていただくと同時に、参加者の皆さんにとっても貴重な体験となり、大きな成長につながるように取り組んでまいります。


株式会社 ピース・イン・ツアー

代表取締役 原 優二

取り組む社会課題:『平和』

活動実績

1988年
株式会社ピース・イン・ツアー設立。

1988年

1989年
運輸大臣登録一般旅行業代理店業第5795号取得。

1989年

テーマのあるオリジナル交流・体験ツアー専門店として営業を開始。

ベトナム、カンボジア( アンコールワット)、台湾、韓国、サハリン、東西ベルリン・ポーランド、中米諸国、ベラウ共和国等へとツアーを多数企画運営し、好評を博す。

1990年
日本の旅行会社として初めてカンボジア・プノンペンに現地駐在事務所を開設。

1990年

1991年
プノンペン支社を現地法人PIT.TRAVEL(CAMBODIA) 社として分離、独立。

1991年

1994年
本社オフィスを拡張移転。

1994年

1995年
ベトナム・ホーチミンの現地旅行会社と業務提携。PIT ホーチミンツアーデスク開設。

1995年

1996年
旅行業法改正に伴い、東京都知事登録旅行業第3-3570号に移行。同時に(社) 日本旅行業協会(JATA) の正会員となる。

1996年

ミャンマー・ヤンゴンの現地旅行会社と業務提携。

1996年

1997年
自社ホームページ開設。

1997年

1998年
ベトナム国営航空(VIETNAM AIRLINES JAPAN) の正規販売代理店となる。

1998年

旅専(旅の専門店連合会) にインドシナ専門店として加入。

1998年

2001年
ラオス・ヴィエンチャンの現地旅行会社と業務提携。

2001年

2002年
ベトナム・ホーチミン市に自社の駐在事務所を開設。

2002年

2003年
カンボジアに現地法人PEACE IN TOUR ANGKOR設立

2003年

「地球の歩き方」との共同企画による海外ボランティア企画手配を開始。

2003年

2004年
本社オフィス移転。

2004年

2011年
観光庁長官登録旅行業第1917号取得。

2011年

2015年
(株)風の旅行社 原優二が代表取締役に就任。

2015年

2016年
日本アセアンセンター主催「メコンツーリズムアワード2015」にて『カンボジア・村の小学校の子どもたちに体育を教える活動』でエクスチェンジツアー賞を受賞。

2016年

東京都知事登録旅行業第3-7212号に移行。

2016年

ツアーグランプリ2016実行委員会主催「ツアーグランプリ2016」にて、『カンボジア・村の小学校の子どもたちに体育を教える活動』で、海外旅行SIT部門グランプリを受賞。

2016年

2018年
現地法人PEACE IN TOUR ANGKORを閉鎖。

2018年

ピース・イン・ツアー カンボジア事務所 ORKUN TOUR(オークンツアー)設立。

2018年

2021年
本社オフィス移転。

2021年

ピース・イン・ツアーのボランティア募集

ピース・イン・ツアーの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む