1. ホーム
  2. 国際系ボランティア募集一覧
  3. ネパールへ医療の仕組みを! プロボノが主役の組織運営プロボノスタッフ募集!

更新日:2024/05/29

ネパールへ医療の仕組みを! プロボノが主役の組織運営プロボノスタッフ募集!

特定非営利活動法人ASHA
  • 活動場所

    フルリモートOK

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

基本情報

ネパールへ医療の仕組みを届けるため、「プロボノメンバーが想いと専門性を持ち寄る新しい社会貢献プラットフォーム」を構築する組織基盤を作るメンバーを募集します!

活動テーマ
活動場所

数か月に1回程度、国内メンバーとは対面会議を実施する可能性があります。
参加必須ではありませんが関係構築の観点から参加を推奨しております。

必要経費

無料

活動に必要な経費は法人側で負担いたします。
ただし、対面会議開催時の関東圏内の交通費等はご負担をお願いいたします。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

注目ポイント
  • 2021年に実施された国際保健領域のピッチコンテストVision Hacker Awardで大賞を受賞している活動です!
  • プロボノメンバーは10~60代で、日々楽しく活動しています!
  • 開発はすべてネパール側(フルタイム)で、フルタイムの現場スタッフ2名と活動していただきます!
募集対象
  • 社会人
  • 大学生・専門学生
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア
  • 必須条件
    ・国際協力やプロボノ活動にご興味をお持ちの方
    ・募集内容に関連する知識・経験を1つ以上お持ちの方
    ・他のメンバーと協働して互いに尊重して活動を進めていただける方
    ・週1時間~の会議にご参加いただける方
    ・会議以外で週1~2時間程度の作業を行っていただける方

    特徴
    応募画面へ進む

    募集詳細

    【募集背景】

    ASHAは、「仕組み作り」への想いを原点として、
    誰もが持つべき「健康に暮らす」権利の実現を目指して活動を続けてきております。


    これまでの活動において、現地(主にネパール)が主役、日本側はプロボノ主体で進めてきました。前年度取り組んだ組織診断の結果から、「プロボノメンバーが主体で推進する」という方向性を今後も継続したいと考えています。

    そのために以下の目標を持ち、その実現に向けて、新たにメンバーを募集したいと考えております。

    ●「想いとスキルを持ち寄り、よりよい社会を作るプラットフォーム」というASHAの組織価値を最大化する

    ●さらに、それを持続的に維持できる状態を作る

    以下2点を直近の目標として活動していきたいと考えています。

    ●プロボノメンバーが、それぞれの望む関わり方での社会貢献ができる仕組みと組織体制を構築する

    ●プラットフォームが中長期的に維持・発展するための財政基盤を構築する


    【募集内容】

    以下のようなメンバーをそれぞれ募集しております!


    ■組織基盤戦略策定者

    ・新たなプラットフォームの構築に向けて、組織基盤に関連する課題に対して戦略設計と実行策の立案のサポートを行っていただきます。

    ●課題に対する戦略・実行策の検討

    ●組織基盤関連する課題管理表における進捗管理

    ・全てを担っていただくわけではなく、今いるメンバーと共に、ご知見/ご興味がある内容をサポートいただきます


    ■会計担当者

    ・認定NPO取得に向けて、会計プロセスの整備と運用のサポートを行っていただきます。

    ●会計プロセスの整備・運用

    ●予算作成・予算管理のサポート

    ●決算プロセスの整備・運用(四半期決算・月次決算フローの整備と運用)

    ・全てを担っていただくわけではなく、今いるメンバーと共に、ご知見/ご興味がある内容をサポートいただきます


    ■ファンドレイジング担当者

    ・ASHAは助成金や寄付で運営している団体ですので、その獲得のサポートを行っていただきます。

     ※特に今後は寄付獲得に向けた対応を進めていきたいと考えています。

    ●ファンドレイジング戦略策定・実行

    ●ファンドレイジングに関するイベント企画・実行

    ●助成金関連対応(助成金検索・応募書類作成・助成金への報告・連絡対応等)

    ●個人・法人寄付関連対応(企画・募集・連絡対応等)

    ・全てを担っていただくわけではなく、今いるメンバーと共に、ご知見/ご興味がある内容をサポートいただきます


    ■広報担当者

    ・団体の顔となるHPやSNS、その他広報媒体の運用や記事の執筆等をサポートいただきます

    ●HP運用(定期的な改修とメンテナンス)

    ●SNS(主にFacebook/Instagram)における定期的な発信

    ・ASHAでは組織内コミュニケーションも大切にしているため、内外に対する情報発信を企画運営していただきます

    ●社内報作成・発信(現在は月1回)

    ●組織内イベントの企画・実施

    ・ご参加いただく方のご知見/ご興味がある内容から新たな施策を立案、実行することも可能です。


    【選考プロセス】

    ・まずはカジュアル面談にて、プロジェクトの詳細やご依頼したいことなどをお話しできればと思います

    ・ご応募いただける場合、メッセージ欄に簡単なプロフィール、ご興味をお持ちいただいた内容、カジュアル面談の候補日時を2~3ほどいただけますとスムーズです



    【事業概要】

    私たちは、現在のネパールの地方医療では、医療へのアクセスが十分でなく、私たちのビジョンである「どこにいても健康で安心して暮らせる権利:Basic Health Rights」が担保されていないと考えています。

    そこで、現在は、以下のような新しい医療のモデルの実装を行っています。


    より質の高い医療が、広い地域に行き渡る仕組み

    ①地域内ケアの向上:地域住民から保健スタッフを雇用+教育して家庭訪問してもらう+日々のケア提供をサポートする問診アプリのような専用アプリ「ASHAConnect」を開発、提供し、住民による住民のためのケア体制を構築しています。

    ②医療機関の情報管理支援:現在は紙カルテを患者が持って帰っており、ほとんど再診時にもってきていないところを、医療情報管理ソフト「Nepal EHR」の導入により、医療機関側で管理できるようにしています。それにより、医療機関は、履歴を確認しながら継続的にケアを提供できるようになります。

    ③情報の一元化:全住民にヘルスケアサービス共通IDを作ってIDカードを配り、①②を統合する情報基盤を構築していますそれにより、①②が有機的に繋がり、地域の健康を包括的に見守る体制ができます。

    ④情報の可視化:③のデータを可視化する基盤を開発し、自治体等現地の人が保健・医療施策に生かすことで、ニーズに基づいたケアを提供できる環境を整えます。


    自分を守るための知識を学ぶ、健康教育の提供

    ⑤健康教育:日本の医療職の知見を活かして、現地の中学生に応急処置の研修を行う特別授業を行っています。座学だけではなく、実践的な内容も取り入れることで、日々の生活で使えるようになることを目指しています。




    応募画面へ進む

    私たちASHAについて

    ASHAは、多様なバックグラウンドを持つプロボノが協力し、充足感をいただつつ団体運営も含めてプロボノ主体で行う社会貢献活動を行う、新しい形でのプラットフォームを目指して、日々活動しています。
    プロボノのスキルと想いを最大限に活用し、共通の理念("Basic Health Rights" for all 世界中の誰もが、健康でいる権利を享受できる世界を。)に基づいて目標に向かって協力することで、社会への価値を最大化し続けることを目指しています。

    体験談・雰囲気

    このプロボノの雰囲気

    現在参画しているメンバーは全員プロボノで、年齢も10~60代と幅広く、医師・看護師・薬剤師・救急救命士等の医療職、コンサルタント、エンジニア、ベンチャーの人事、営業職などなど、多様なバックグラウンドをメンバーがフラットに日々議論を重ね、楽しく活動しています!

    現在は数か月に一度の対面会議の他、チームごとの週次会議、ネパール側との会議等が活動の中心で、日本側、ネパール側ともにとても仲の良いチームです。

    特徴
    雰囲気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    応募画面へ進む

    法人情報

    特定非営利活動法人ASHA

    “特定非営利活動法人ASHA”
    代表者

    任 喜史

    設立年

    2015年

    法人格

    NPO法人

    団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

    ASHAの法人活動理念

    【Purpose(存在意義)】

    "Basic Health Rights" for all

    世界中の誰もが、健康でいる権利を享受できる世界を。


    【Dream(目指す姿)】

    Affordable and Sustainable Healthcare Access

    コミュニティ×テクノロジーの力で、必要な医療が、必要な人に届く "しくみ"を構築し、

    現地の人々がみずから維持できるよう支援する。


    【Credo(行動指針)】

    Commitment:真剣に向き合う気持ちを喜びに、生まれる充足感を活力に。

    Collaboration:1人ひとりの経験・専門性が、チームの力に。

    Creativity:多様なメンバーとのフラットな議論こそ、アイデアの宝庫。

    Continuation:5年後、10年後を見据えて、共に歩み続ける道のりを。

    ASHAの法人活動内容

    私たちASHAは、コニュニティー×テクノロジーの力で、医療の仕組みづくりを現地(主にネパール)とともに行っております。

    私たちが目指すのは、一時的なサポートではなく、あくまでも将来的に現地だけで自走できる仕組みを作ることです。ソフトウェアの構築や導入のサポートを行いなあ羅、健康教育を広め地域住民のヘルスリテラシーを向上させることで、ASHAが離れた後も現地が主体となって中長期的に機能し続ける仕組みづくりを行っております。


    主に以下の2つの内容を中心に活動を行っております。


    ~コミュニティ×テクノロジーによる医療提供の仕組みの創出~

    問診アプリや情報管理用ソフトウェアの開発・導入、使用する人材の育成を通じて、医療体制の仕組みづくりを行っています。

    ①地域保健スタッフ×ASHA Connect

    ケアを必要とする人の元へ定期的に訪問する地域保健スタッフを地域から雇用しています。スタッフが安定した質のサービスを提供できるよう医療機関との連携が容易なアプリ、ASHA Connectを使用しています。

    ②医療情報の適切な管理×Nepal EHR

    治療・診断履歴をデータ化し保管する電子カルテ用ソフトウェアです。電子カルテを基に処方箋を出すほか、紙カルテ以外も情報を保存する文化をつくり、医療業務を効率化することができます。

    ③共通データベース×ニーズの可視化

    情報の一括管理により地域全体の連携を可能にし、医療サービスを提供する体制を整備します。さらに、集約したデータから医療ニーズを可視化することで、医療サービスの提供拡大やケアの質の向上につながります。


    ~ヘルスリテラシー向上のための健康教育~

    住民のヘルスリテラシー向上のため、中学生を対象に家庭医学や応急手当の研修会を行っています。

    住民自身が応急手当や家庭医学の知識といった基本的なセルフケア能力を身に着けることで、医療アクセスが限られた地域においても自らの健康を守ることができる社会を目指しています。中学生を対象に、怪我への応急処置など、日常ですぐに使える実践的な研修を実施しています。

    活動実績

    2015年
    任意団体としての活動開始 ~”ASHA Nepal Project"始動~

    2015年10月

    2015年9月のサッキャ・任のネパール渡航を受け、東京大学グローバル・クリエイティブ・リーダープログラム内のプロジェクトとして任意団体「ASHA Nepal project」発足

    2016年
    医療機器管理ソフトASHA fusion初版完成&第1号プロジェクト開始

    2016年03月

    ASHAオリジナルの医療機器管理ソフトASHA fusionの初期バージョンが完成し、ネパール南部のChitwanにて行われた出張診療で導入(Chitwan Project)

    ASHA fusion v2.0完成&初の医療機関向けプロジェクト開始

    2016年09月

    Chitwan Projectを受け、出張診療だけでなく医療機関に対応したASHA fusionのバージョン2.0が完成。カトマンズより2時間の地域にあるTrishuli Clinicに導入実証開始

    2017年
    Dhlikhel Hospitalとのプロジェクト(Dhlikhel Project)開始

    2017年04月

    ネパール郊外の大学病院 Dhlikhel Hospitalが運営する簡易診療所においてASHA fusion v2.0を導入開始

    NPO法人化

    2017年10月

    プロジェクトメンバーの大半が大学院から離れたため、東京大学内のプロジェクトから特定非営利活動法人としてスピンアウト

    2018年
    Pharping Project 開始

    2018年04月

    更にアップデートしたASHA fusionをカトマンズより2時間程度の場所にある地域の中核病院 Manmohan Memorial Community Hospital (Pharping)へ導入開始

    Rajpur Project 始動

    2018年09月

    現地NGO・Karma Health代表Bishal Belbase医師と出会い、従来の医療機関向けの支援活動だけでなく地域全体の医療提供モデルを創るプロジェクトを開始

    2019年
    ​現地専従スタッフの初雇用

    2019年

    Rajpur Projectの本格的な実装を機に、初めて現地専従スタッフの雇用を開始。より現地との連携を取りやすくなる。

    2021年
    ​"Vision Hacker Award 2021"でASHAが大賞を受賞

    2021年05月

    国際保健・グローバルヘルス分野へ挑む、次世代リーダーを発掘・育成するアワード「Vision Hacker Awards 2021 for SDG 3」で大賞を受賞

    ASHAのボランティア募集

    ASHAの職員・バイト募集

    応募画面へ進む
    応募画面へ進む