こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 千葉のボランティア募集一覧
  3. 千葉でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 障がいがある子もない子も一緒に楽しむアート教室をゼロから作るコアメンバー募集!

更新日:2024/06/25

障がいがある子もない子も一緒に楽しむアート教室をゼロから作るコアメンバー募集!

こどもアートワークショップTOAL
  • 活動場所

    フルリモートOK 本八幡駅 徒歩14分 [市川市]

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

  • 活動頻度

    週0〜1回

この募集の受入団体「こどもアートワークショップTOAL」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

こどもアートワークショップとあるは芸術教育を通じてインクルーシブ社会の実現を目指します。障がいのあるこどもとそうでないこどもが一緒に芸術・造形を楽しむことで、交流を深めるサポートを行っています。

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

活動頻度

週0〜1回

注目ポイント
  • 法人化を目指すステージを経験できる!
  • 自由な裁量でアイデアを実現できる!
  • 今後、社会課題として注目を増すインクルーシブな取り組みにジョインできる!
募集対象
  • 社会人
  • 大学生・専門学生
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア
  • ■障がいのあるこどもの支援に興味のある方(※未経験者歓迎)
    ■大学生から社会人まで、年齢・性別は問いません
    ■週1回~の現地ワークショップに参加できる方
    ■毎回の現地参加が難しい方でも、Zoom等を利用した運営ミーティングにご参加いただけます

    【こんな方に向いています】
    ・主体的に課題を発見し、自由に発想してみたい!
    ・自ら考えたアイデアをかたちにしたい!
    ・チームでぶつかりながら、課題に向き合っていきたい!
    ・障がい児支援や、アートに興味がある方!

    特徴

    募集詳細

    インクルーシブ社会を目指して―――

    こどもたちが障がいの有無に関わらずともだちとなることができる機会を生み出します。

    こどもアートワークショップとあるは、障がいのあるこどもとそうでないこどもが芸術造形活動を通じて交流することを目的に、2023年9月に設立されました。

    今回、活動を本格化していくにあたり事業の中心となるメンバーを募集いたします


    正解のないアートだからこそ、こどもたちは自由に発想し、お互いのもつ世界をフラットな目線で見つめることができます。それぞれが作った作品を鑑賞することで、障がいのあるこどもとそうでないこどもは、ちがいを魅力としてとらえ、受け入れることができます。

    障がいの有無を超えた交流を重ねたこどもたちは、やがて成人してからも支え合うことが当たり前となるはずです。幼少期の豊かな思い出をつくるサポートをすることで、長期的にインクルーシブ社会の達成を目指します。


    具体的な活動

    ・アートワークショップの運営、実施

    ・ワークショップ内容の企画

    ・運営メンバーとして中長期計画の作成

    ・インクルージョンを促進する新規計画の立案

    ・公的な団体を含むステークホルダーとの交渉

    ・SNS広報 など


    得られるスキル

    ・3年以内の法人化を目指しているため、超スタートアップの立ち上げを経験することができます。

    ・スタートアップだからこそ、自由な裁量で社会課題解決型の事業を生み出すことができます。


    オンラインでのカジュアル面談も受け付けております。

    お話だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。




    体験談・雰囲気

    特徴

    団体情報

    こどもアートワークショップTOAL

    “障がいがあっても、なくても。”
    代表者

    西原俊平

    設立年

    2023年

    法人格

    任意団体

    こどもアートワークショップTOALの団体活動理念

    すべてのこどもたちのインクルーシブ体験を創造する

    こどもアートワークショップTOALの団体活動内容

    こどもたちは遊びのなかで自分だけの世界をつくり、広げていきます。

    世界は好きな色で彩られ、お気に入りのおもちゃやキラキラと輝く思い出たちでいっぱいとなったときに、大きく大きく育ちます。

    そうしてやがて誰かの世界と出会い、触れ合うときがやってきます。

    こどもアートワークショップとあるは、障がいのあるこどもとそうでないこどもが芸術造形活動を通して自分たちの世界をつくり、お互いに見つめあうアート教室です。

    ちがいを知り、混ざり合うことを「ともだちとなる」と呼びたいと思います。

    アートのなかでこどもたちが、ともだちとなることができたとき、ひとつだった世界は重なり合ってさらに大きく豊かに広がっていくことでしょう。

    取り組む社会課題:『分離教育の解消とインクルーシブ社会の実現』

    「分離教育の解消とインクルーシブ社会の実現」の問題の現状  2023/10/09更新

    2022年9月、国連の障がい者権利委員会から特別支援教育の廃止勧告が提出されました。


    現在の、日本の教育制度は分離教育が基本となっています。障がいのあるこどもの多くが特別支援級や特別支援学校に進学します。そこでは障がいのないこどもとの交流や遊びの時間は限定的です。

    さらには卒業後、作業所での「福祉的就労」と呼ばれる働き方を選択すると、生涯を通して支援者やご家族以外との関わりが少なくなるというのが実情です。

    すべての人が主体的に参加し、安心して生活することのできるインクルーシブ社会到来の必要性に注目が高まっています。

    「分離教育の解消とインクルーシブ社会の実現」の問題の解決策  2024/05/01更新

    人と人との関わりのはじまり―――こどもの時代にできること


    障がいのあるこどもとそうでないこどもがフラットに交流する機会こそがインクルーシブ社会の出発点となると考えます。

    アート活動の中で自己を自由に表現し、その表現を相互に認め合うことで、ちがいを乗り越え、相互理解を促進します。

    幼少期から障がいの有無に関わらず、ともだちでいること―――そうした豊かな思い出を持ったこどもたちが大人になり、多様な人々を包み込む社会をつくっていきます。

    活動実績

    2023年
    任意団体として活動スタート!

    2023年09月

    立ち上げメンバー募集開始とはじめてのワークショップ開催に奮闘中!

    はじめてのアートワークショップ

    2023年11月26日

    障がいのあるこどもとそうでないこどもが、ともだちとなることが当たり前な社会を目指して―


    千葉県市川市行徳から こどもアートワークショップTOALの活動は始まります。


    2024年
    2024年、こどもアートワークショップTOALは、NPO法人となります

    2024年

    幼少期に障がいの有無に関わらず交流する機会を生み出す。

    障がいがあってもなくても、友だちでいることが当たり前な社会をつくる。

    こうしたミッションを着実に達成するため、そしてさらに責任ある活動にチャレンジしていくため、2024年中のNPO法人設立に向けた準備を行っています。


    実現のためにはさらなる仲間が必要です。

    ぜひ、あなたの力を貸してください。

    NPO法人化に向けたキックオフミーティングの開催!

    2024年04月

    立ち上げから半年。メンバーの数も10名を超えました。

    そうしたタイミングで、NPO法人設立に向けたキックオフミーティングを開催しました。

    メンバーそれぞれの経験や視点を持ち寄って、今後の団体の進むべき先とあり方を考えました。


    こどもアートワークショップTOALのボランティア募集

    こどもアートワークショップTOALの職員・バイト募集