KAZUHIRO WATANABE

活動理念

【団体の理念】

震災直後から気仙沼市で長期ボランティアを行っていたメンバーを中心に、11年の夏から12年までに、気仙沼・一ノ関で宿泊行事を9回、日帰り行事を12回開催。13年より以下の目的のもと、新たなこどもキャンプをスタートしました。

●こどもらしく伸び伸びと、自身の事を見つめながら成長してゆける 場づくり、人間関係づくりの活動。

●被災地のこどもが、被災体験を『負の記憶』だけにするのでなく、 震災を機に『新たな人や体験、環境との出会いを得 られた』と思える活動。

●さまざまな地域のこども・大人が、被災体験の違いや暮らす地域で 分かれることなく出会い関係を作ってゆける活動。


【キャンプの考え方】

●震災を『負の記憶』だけにしない

「震災を機に、新しい体験、思い出を作る機会と出会えた」と思える活動。

●前向きな将来、夢や目標を考えられる機会づくり

『夢』『目標』を実践・実現している大人、場所と出会い、「変わらない」という原体験を「変えてゆける」と思えるような機会にする。
※キャンプ地の選定⇒ 山地酪農、ツリーハウス作り、地域活性活動等、実際に『夢』や『目標』を実践・実現している場所を会場とする。そこで活動する人と実践を体感できるプログラムを行う。

自分の手で作る力・可能性を感じることのできるプログラム。

壊れる(破壊されてしまう)という体験を、でも自分で新しく作ってゆける、そういう力がある、と思える機会に。 ※プログラム⇒ 直火、かまど、羽釜を使っての食事作り。鋸、鉈、ドリルなどを使った物作りプログラム、自分で釣竿を作っての釣り、などなど・・・

活動内容

夏休み、冬休み、春休みに、2~3泊の宿泊キャンプを開催。

関東近郊の自然豊かな会場に、宮城県気仙沼市の小中学生30名前後を招待し、若干名の東京近郊の子ども参加者とともに開催。

【これまでのキャンプ】

(夏キャンプ)2013/千葉館山市 2014/東京都奥多摩町 2015・16/千葉県南房総市・白浜フラワーパーク2017/千葉県南房総市・みよし交流館

(冬キャンプ)2013・2014・2015/栃木県那須町・森林ノ牧場 2016/千葉県那須町・那須町野外研修センター

(春キャンプ)2014・2015・2016・2017/ 栃木県那須町・ツリーハウスビレッジおだぎりガーデン

法人概要

団体名

KAZUHIRO WATANABE

法人格

任意団体

HPのURL http://codomocamp.com/
代表者

渡辺和浩

設立年

2011年

FacebookページのURL https://www.facebook.com/codomowarazucamp/
住所
電話番号

KAZUHIRO WATANABEと似ている団体

KAZUHIRO WATANABEの概要ならactivo!

KAZUHIRO WATANABEの概要(HP:http://codomocamp.com/)や代表者(渡辺和浩氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル、関連する社会問題 、KAZUHIRO WATANABEが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!