1. 一般財団法人 尾道海技学院紹介ページ

一般財団法人 尾道海技学院紹介ページ

更新日:2018/01/22

一般財団法人 尾道海技学院

一般財団法人 尾道海技学院の団体基本情報

団体名

一般財団法人 尾道海技学院

法人格

一般財団法人

HPのURL http://www.marine-techno.or.jp
代表者

村瀬 保文

設立年

1970年

住所

広島県尾道市栗原東2丁目18番43号

電話番号

0848-37-8111

fax番号

0848-37-8110

一般財団法人 尾道海技学院の財政情報

財政概要

◯2017年度:
総収入額:429,850,000円,総支出額:419,268,000円
◯2016年度:
総収入額:408,429,678円,総支出額:423,077,484円
◯2015年度:
総収入額:424,821,769円,総支出額:420,496,387円

一般財団法人 尾道海技学院の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

50名

(有給常勤)職員数

21名

(有給非常勤)職員数

21名

(有給常勤)役員数

5名

(有給非常勤)役員数

3名

(無給非常勤)役員数

2名

※組織規模30~99人であるこの団体は、activoのデータベースでは11305団体中、上位4887団体に入っています。やや規模の大きい団体です。

※有給の割合が多いです。

一般財団法人 尾道海技学院の詳細な情報

法人番号

2240005012576

会計基準

NPO,公益法人,社会福祉法人,企業,以外の会計基準

FAXの連絡可能時間

8時30分~17時30分

関連ページ URL http://www.hiroshima.jrc.or.jp

尾道海技学院の法人活動理念

海上技術者の養成と海上技術の向上並びに海洋性スポーツを通じて国民の心身の健全な発達に努め、もって海事産業の発展及び海難の防止、並びに海事思想の普及に寄与することを目的とする。1.船舶職員の養成のための各種講習会の開催2.海上技術に関する研究及び教育機関の設置3.海上技術に関する講習会の開催及び出版物の発行4.その他この法人の目的を達成するために必要な事項

尾道海技学院の法人活動内容

活動・業務(事業活動の概要):・1級~5級海技士国家試験受験講習(短期) ・3級~5級海技士国家試験受験講習(長期)・3級~5級海技士口述試験対策講習・6級海技士(航海・機関)国家試験受験講習+海技免許講習・6級海技士(航海・内燃機関)第一種養成講習・6級海技士(航海)第二種養成講習+海技免許講習・海技免許講習(救命・消火・機関英語・レーダー観測者・航海英語・レーダーARPA・上級航海英語・上級機関英語)・第一級特殊無線技士養成講習(国家試験免除) ・第二級特殊無線技士養成講習(国家試験免除) ・甲種危険物取扱責任者(安全担当者)学科講習・危険物資格更新講習・小型船舶(一級・二級・特殊小型)操縦士免許取得講習(国家試験免除)・海技免状、小型船舶操縦士免許証更新講習、失効再交付講習・小型旅客安全講習・遊漁船業務主任者講習・マリン(小型船舶)整備士講習・ダイバー、ダイビングインストラクター資格認定講習・潜水士国家試験受験講習・ISPAパワーボート、セーリングヨット資格取得講習・日本赤十字社救急救命講習・MFA救急救命講習上記講習を、社会人ならびに大学生、商船高等専門学校学生、消防署員等を対象に年間事業計画に基づいて実施しています。

尾道海技学院の注目検索ワード

尾道海技学院に関連する団体

尾道海技学院の概要ならactivo!

尾道海技学院の概要(HP http://www.marine-techno.or.jp 住所広島県尾道市栗原東2丁目18番43号 電話番号・TEL 0848-37-8111)や代表者(村瀬 保文氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, 環境・農業, 貧困・人権, スポーツ・アート・文化, 中間支援, その他)、関連する社会問題 、尾道海技学院が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!