1. 神戸国際支縁機構紹介ページ

神戸国際支縁機構紹介ページ

更新日:2015/06/04

神戸国際支縁機構の団体基本情報

団体名

神戸国際支縁機構

法人格

一般社団法人

HPのURL http://kisokobe.sub.jp/category/event/
代表者

岩村義雄

設立年

2001年

Twitterアカウント @shienkiko

神戸国際支縁機構の法人活動理念

Kobe International Supporting Organization  神戸国際支援機構(KISO)は,2001年10月20日に,主幹1名,事務局長1名を選出し,事務局を 神戸市垂水区狩口台5-1-101 に置くことを決定しました。原則として1ケ月に一度の定例会を開催し,現在に至っています。
 正式名称は「神戸国際支縁機構」です。
団体の名称を,「神戸国際支援機構」の「支援」を「支縁」に変更することにしました。「縁」chance もゆかりもない東北に出かけて,痛み,つらさ,悲しみを共有した時に,家族のような「絆」bond ができました。ボランティアはつなぎ目の働きでしょう。
 「人は「縁」という糸で,誰かと結ばれています。深い。浅い。近い。遠い。縁もいろいろですが,困ったときは人の縁に感謝します。…ほころび,途切れた社会の縁を何とか結び直さねばなりません。…縁を支える別の糸が要るのかもしれません。いろんな糸をよりあわせれば強くしなやかな縁になります。震災を経験した私たちはそのことを痛感しているのではありませんか

神戸国際支縁機構の法人活動内容

神戸国際支縁機構の目的は,異常気象,天災,戦争,紛争,飢餓,病気,地雷などの危険性によって生存すらおぼつかない状況に追い込まれ,家族,家屋,命を奪う生活から逃れられない人々に支援していくことです。
人権擁護,差別禁止,多民族多文化共生のために,現地へのレスキュー,義援金,難民収容センター慰問,難民キャンプへの絵本贈呈などを行ないます。
音楽,収穫祭,もちつきなどのイベント,講座「Let's 農林漁」.を毎月開き,報告,季刊誌「支縁」を発刊などにより,被災地の息づかいを発信します。
毎月被災地で,農林漁,傾聴ボランティアを繰り広げ,東北の被災者との縁を築いています。

神戸国際支縁機構に関連する団体

神戸国際支縁機構フォトギャラリー

  • 1-author_image_146user.png
  • 1-member_disaster_recruiting_4378main.png

神戸国際支縁機構の概要ならactivo!

神戸国際支縁機構の概要(HP http://kisokobe.sub.jp/category/event/ 住所 電話番号・TEL )や代表者(岩村義雄氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル、関連する社会問題 (飢餓, 人権, 戦争)、神戸国際支縁機構が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!