医療情報は営利目的に利用することが困難なため、NPO法人を設立し大学病院などと連携することにより、疾患の早期発見、早期治療によりすべての人々の健康長寿に貢献するための情報の発信を行うことを目的としています。

特定非営利活動法人メディカル指南車

活動理念

 医療情報の電子化に伴い情報の流通量は飛躍的に拡大しています。しかし医療従事者および患者や家族がそれらの情報から効率的に知識を得る仕組みは十分に確立されているとは言えません。私たちはコンピュータに医療情報を教え込むことにより、エビデンスに基づいた正確な医療情報を多くの方に活用していただける仕組みの構築に取り組んでいます。

活動内容

 メディカル指南車は「専門医」が画像診断を解説する"画像診断オンライン講座"を公開して、国の事業再構築補助事業や大阪市市民活動推進助成事業に選ばれています。また大学病院の知識・経験や症例をコンピュータ(AI)に教え込みオンラインで提供する"画像診断ナレッジサービス"の開発に成功!兵庫県立加古川医療センターでの「臨床研修」や鈴鹿医療科学大学等での診療放射線技師教育に利用されています。このサービスは総務省2021年度異能vation企業特別賞に選ばれました。我々のサービスは医療の「ばらつき」を補完する力があります。

取り組む社会課題:『私たちの取組みはSDGsの目標3(すべての人々の健康的な生活を確保する)に向けた取り組みであり、さらに目標4(教育),10(平等),17(パートナーシップ)を目指しています。』

メディカル指南車と一緒に社会課題の解決に取り組みませんか?

職員/バイト募集

  

その他の支援・参加の方法

活動実績

2019年
“画像診断ナレッジサービス”鈴鹿医療科学大学への導入

2019年

2019年度後期の試験導入成果が認められ2020年度は3年生117名に加えて病院実習ができない4年生108名の教材としてサービスを提供(2021年度、2022年度も3,4年生240名への提供を継続中)

2020年
新型コロナウイルスの感染拡大防止に寄与するために 胸部CT/CR “COVID-19症例事例集”を無償公開

2020年

メディカル指南車ホームページ”胸部CT/CR "COVID-19症例事例集”参照

2021年
“画像診断ナレッジサービス”画像診断シミュレーターsimu.Doc基礎編をApp Storeにて配信開始

2021年

App Storeにてメディカル指南車で検索してください。

“画像診断オンライン講座”が国の令和2年度補正予算 事業再構築補助事業に採択

2021年

YouTubeで”画像診断オンライン講座”を参照してください。6万回以上の再生回数を達成しています。ぜひチャンネル登録をお願いします。

“画像診断ナレッジサービス”が2021年度総務省「異能vationプログラム」ジェネレーションアワード部門において医療法人社団福祉会高須病院から企業特別賞を受賞

2021年

受賞理由「「この技術により医師の画像診断精度の「ばらつき」が無くなり、見落としによる治療の遅れや医療過誤のリスク回避へ大きく貢献できると感じました。 また画像診断機器や電子カルテ等との連携など今後の展開にも期待して選定させていただきました。」

2022年
“画像診断オンライン講座”2022年度大阪市市民活動推進助成事業に採択

2022年

大阪市民に「今の医療を知り、学び、自分の健康や疾患予防への意識を高めよう!」と情報発信中

法人概要

団体名

特定非営利活動法人メディカル指南車

法人格

NPO法人

HPのURL https://www.medicalshinansha.or.jp
代表者

宮本正喜

設立年

2007年

Twitterアカウント https://twitter.com/shinansha
FacebookページのURL https://www.facebook.com/medicalshinansha
電話番号

06-6944-4708

メディカル指南車と似ている団体