1. ホーム
  2. 静岡のNPO/公益法人/社会的企業一覧ページ
  3. 静岡の福祉・障がい・高齢者系NPO/公益法人/社会的企業一覧ページ
  4. 任意団体 Mishima ポーウェルフェア紹介ページ

任意団体 Mishima ポーウェルフェア紹介ページ

更新日:2022/06/08

任意団体 Mishima ポーウェルフェアの団体基本情報

団体名

任意団体 Mishima ポーウェルフェア

法人格

任意団体

代表者

飯島 浩美

住所

静岡県--

電話番号

080-6949-2228

似た条件の団体のボランティア募集

似た条件の募集がみつかりませんでした。

 

任意団体 Mishima ポーウェルフェアの組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

10名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは12326団体中、上位9848団体に入っています。

Mishima ポーウェルフェアの団体活動理念

主なる目的は「飼い主のいない猫対策」であり、以前は保健所での殺処分ゼロを目指し、保健所や行政とも協働していたメンバーが主に活動していたものをポーウェルフェアとして引き継ぐ。通常のTNR活動に加え、当会のベテランたちが次世代に引き継ぎたいのは、事後管理まで出来る活動。また、環境省のガイドラインを受けて、多機関連携も目指す。現場でやむを得ず引き取る動物は、保護し譲渡も多数。こちらも長年の経験を活かし、適正な管理を元に、しっかりした里親にお渡ししている。このところ問題になっている、高齢者の猫問題に人間の福祉関係者たちと連携し、今まで取り組めなかった分野にも踏み込んでいきたい。

Mishima ポーウェルフェアの団体活動内容

以前のメンバーの活動は「飼い主のいない猫対策」が中心だったが、これから注目すべきは高齢者の猫問題。飼い主のいない猫対策事業においても多くは高齢者が関わっている為、介護事業者・民生委員・行政・医療機関などの連携が長年叫ばれていたが、環境省のガイドラインが制定されてから、やっとスタートのめどが立った。しかしながら2021年4月制定という日の浅い施策であることもそうだが、今まで職務権限外としてきた介護関係者の動きは重く、そこに切り込んでいく事がまず課題だった。おかげさまで社会福祉協議会の協力により、働きかけのきっかけが出来た。これから少しずつ取り組みを成功させることで、活動実績を作り、より多くの福祉関係者と連携を取りながら、人間と動物の福祉を同時に取り組むことで、多頭飼育崩壊を防ぐだけでなく、人間の環境改善などに協働して取り組みたい。

Mishima ポーウェルフェアに似ている団体

Mishima ポーウェルフェアの概要ならactivo!

Mishima ポーウェルフェアの概要(住所静岡県-- 電話番号・TEL 080-6949-2228)や代表者(飯島 浩美氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(福祉・障がい・高齢者, その他)、関連する社会問題 (殺処分)、Mishima ポーウェルフェアが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!