子ども達が社会の変化に適応できるようになること、それを地域の大人が支えられるようになることを目指します。

モチモチの会かわぐち

活動理念

日々変化する社会の中で何を学ぶべきかも日々変化しています。子ども達が様々な活動を通して自分で自分の学びを作れるようになること、またそれを周りの大人が支えられるようになることは大切なことだと考えています。そこで私たちは地域での学びの活動を行うことを通じて子ども達が大人とともに創造力を高めたり考えを深めたりすることを目指しています。

活動内容

子どもの創造力が育まれるワークショップの企画・運営。対象年齢は主に5才から小学6年生

取り組む社会課題:『教育格差』

「教育格差」の問題の現状

2022/06/26更新

学校以外での学びの場はたくさんある中で、コロナ禍で機会が限られてしまった、子どもに何かしてもらいたいが、あまり興味があるものが見つからない、そんな声を聞くことが多いです。経済的な理由を中心に、子ども達の文化的体験の量が限られるケースが多くみられるようになってきました。一方で大人たちの間では子どもたちのために何かしてみたいが、どこから手を付けたらよいかわからない、という声も聞きます。そんな中で小さな場でも、地域の大人たちが子どもたちと色んなことを一緒につくりあげていくことに潜在的なニーズがあると感じています。

「教育格差」の問題が発生する原因や抱える課題

2022/06/26更新

子どもたちの文化的体験が限られる理由の一つは経済的に厳しい環境にある家庭があることが挙げられます。一方でそれ以外にも、やってみたいことが見つからない、提供する側も何をしたらよいかわからない、等供給側にもミスマッチを作り出す原因はあると思います。

「教育格差」の問題の解決策

2022/06/26更新

格差そのものをなくすための単一的な解決策はまだ見つかりませんが、一人でも多くの人が関心を持ち、そして自分なりにできることを考えながら手を動かしていくことで、より良い方向に社会が動いていくと考えます。

モチモチの会かわぐちと一緒に社会課題の解決に取り組みませんか?

ボランティア/インターン募集

  

その他の支援・参加の方法

ボランティア活動

埼玉県川口市での子ども向けワークショップの企画・運営をお手伝い頂ける方を募集しております。

活動実績

2021年
任意団体として活動スタート

2021年04月01日

埼玉県川口市にて任意団体として活動がスタートしました。

初となるワークショップの実施

2021年06月13日

かわぐち市民パートナーステーションにて団体初となる活動「モチモチお絵かきクラブ」を実施しました。活動には川口市市民活動助成事業の助成を受けて行いました。

ボランティアのご応募が10名を突破しました

2021年10月31日

みなさまに関心を持っていただいたおかげで、activo経由のご応募が10名を突破しました。ご応募ののち、ご希望される方とはお一人お一人とオンライン面談を行い、これまで合計5名の方が活動に参加しました。ボランティアの皆さんの活躍は参加されたご家庭やゲストの方の頼りになっています。

2022年
ボランティアのご応募が20名を突破しました

2022年08月01日

2022年度の活動を開始するにあたりあらためてボランティアの募集を再開しました。募集後は月に5名程度のご応募を頂き、現在は計20名以上の皆さんからご応募がありました。ご応募のあった方とは面談を行った後で実際の活動にご参加いただいています。

法人概要

団体名

モチモチの会かわぐち

法人格

任意団体

HPのURL https://www.facebook.com/mochimochikawaguchi
代表者

金子遥洵

設立年

2021年

Twitterアカウント mochikawaguchi
FacebookページのURL https://www.facebook.com/mochimochikawaguchi
電話番号

モチモチの会かわぐちと似ている団体