団体名のLinoはハワイ語で「光る」「輝く」「結びつく」と言う意味があります。障害の有無に関わらず、本人はもちろん、家族もやりたいことを諦めることなく、未来を楽しみに今を生きることが出来るように、一人一人を明るく照らしながら、人と人、人と地域を繋いでいく事で、互いの存在に価値を見出し足りないものを補える社会を目指しイベント企画・運営をしております。

Lino

活動理念

LinoのVision

健常者・障害者という垣根をなくし、自然と人が集まり、共存・助け合う世界をつくる

〜Diversity &Inclusionな世界の実現〜

を目指すために、

下記3つのValueのもとに活動を行う。

1)慣習や過去にとらわれず、新しい未来をつくる

2)障害や病気があることを、ハンデではなく個性と捉え、一人一人の良さに気付く価値観を広げる

3)助け合いを基本精神とし、頼る&頼られる関係を築く

活動内容

下記4つのmissionのもとに『インクルシネマ事業』『沖縄海洋リハビリ事業』『ICT事業』を行っている。

(1)医療的ケア児を含む重症心身障害児者とその家族のQOLの向上

(2)医療的ケア児を含む重症心身障害児者の「できる」を育てる

(3)医療的ケア児を含む重症心身障害児者と健常者(社会)との「心のつながり」の創出

(4)医療的ケア児を含む重症心身障害児者が社会の一員として過ごせる「場」の実現


 

Linoの活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  

その他の支援・参加の方法

寄付で支援したい方(今回の寄付)

寄付で支援したい方(毎月の寄付)

活動実績

2018年
沖縄海洋リハビリツアー体験版実施

2018年05月

たとえ障害が重度であり、医療的ケアが必要であっても海で遊ぶことや家族、友人との旅行を楽しみたい!との思いから、日本で唯一の海洋リハビリ学科で学んだ専門スタッフ指導の下、沖縄の海でのリハビリ体験が出来るツアーを企画しプレ体験ツアーを行う。

NPO法人Lino設立

2018年07月

医療的ケア児を含む重症心身傷害児者の母親や特別支援学校の教員、専門家、医療従事者等の専門職らととともに2018年7月に設立。

初回ICT勉強会開催

2018年10月

身体障害のある方に自己表現・コミュニケーションの手段を提供するため、ICT機器の自己開発をサポート。iPad活用術、視線入力装置の操作体験学習、アプリ開発等を専門家を招いて演習。2018年10月以降、2ヶ月に1回程度開催し、これまでに計20回開催、参加者は延べ300人。COVID-19の影響により2020年はプログラミング共有教室としてオンラインで開催。

2019年
初回インクルシネマ開催

2019年02月

医療的ケア児にも健常者と同じクオリティの情操経験(喜怒哀楽の発露)の場を、身体の負担少なく提供したいとの思いから、健常者と同じ環境での映画鑑賞を実現。

2019年2月『こんな夜更けにバナナかよ〜愛しき実話〜」にて初回インクルシネマを実施、その後も毎月1回、映画の貸切鑑賞会を実施させて頂いております。現在までで、20回以上開催し、参加延べ数は1000名を超えている。


沖縄海洋リハビリ体験ツアー初回開催

2019年05月

身体障害のある方も、またそのサポーターも豊かな人生経験を得られるようにとの思いから、沖縄県の海洋リハビリ専門の事業所や旅行会社とタイアップし、医療的ケア児向けのマリンスポーツ体験を提供。

一年に2回(5月頃と10月頃)実施。一回の旅行で3〜5家族のご参加があり、これまで計4回実施、参加者は延べ42名となる。

法人概要

団体名

Lino

法人格

NPO法人

HPのURL https://20180702lino.amebaownd.com/
代表者

杉本 ゆかり

設立年

2018年

FacebookページのURL https://www.facebook.com/NPO法人Lino-111199310311382/

Linoと似ている団体