こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【大阪梅田】不登校や高校中退の生徒をサポートする塾の教室運営事務スタッフ

    更新日:2020/10/14

    【大阪梅田】不登校や高校中退の生徒をサポートする塾の教室運営事務スタッフ

    株式会社キズキ
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    b3a3c327e0-main_cd708aadee-main_d978e21509-sumiyoshi_01-1.jpg

    不登校・中退経験者向けの学習指導と心のサポートを行うキズキ共育塾で、教室運営の事務パートタイムスタッフを募集しています。

    活動テーマ
    • 教育格差
    • 不登校
    • 子育て/育児
    活動場所
    • 大阪 大阪市北区豊崎3-6-8 TOビル7階 704号室

    キズキ共育塾 大阪校
    阪急電鉄:各路線「梅田駅」から徒歩8分
    大阪メトロ:御堂筋線「中津駅」から徒歩3分

    必要経費
    • 時給1,050円

    交通費:別途支給(1往復あたり上限1,000円)
    各種保険:勤務時間に応じ加入(法定どおり)

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    勤務開始時期:2020年9月〜
    個別のご事情等を踏まえてご相談可能です。できるだけ早く勤務開始できる方歓迎。

    活動頻度

    週2〜3回

    下記4日程のうち、週3回以上の勤務をお願いします。

    火曜日:16:00~19:00(3時間勤務)
    水曜日:16:00~21:00(5時間勤務)
    木曜日:16:00~19:00(3時間勤務)
    金曜日:16:00~21:00(5時間勤務)

    募集対象

    基本的なPCスキル(メール、Word、Excel)

    注目ポイント
    • 支援を求めている人に直接届く
    • 肌で感じる生徒さんの成長
    • 支援を一から学ぶことができる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • シニア
    祝い金 未確定 祝い金とは?

    募集詳細

    ■パートタイムスタッフの業務内容詳細

    キズキ共育塾のパートタイムスタッフには、下記のように、主には事務面から教室運営をサポートしていただきます。


    ーーーーーーーー


    (1)電話での問い合わせ対応

    お悩みを抱える方やもう一度勉強したい方などから、キズキ共育塾についての質問や入塾のお問い合わせをいただきます。

    まず何よりもその方のお悩みに寄り添いながら対応し、キズキ共育塾の簡単な説明をします。

    ご希望のある方には、専門のスタッフによる面談をご案内します。


    (2)教室での受付対応、生徒さんの通塾管理/講師の出勤管理

    教室に生徒さんや講師が来たら声をかけ、授業ブースや自習スペースに案内します。

    生徒さんが時間どおりに来ていない場合は、電話やメールで状況を確認します。心身に波のある生徒さんも少なくありませんので、生徒さんのためにも常に状況を把握し、担当講師や保護者さまとも丁寧にコミュニケーションを取ります。

    電車遅延などのやむを得ない事情で講師が遅刻することもあり、その場合はすぐに生徒さんへお伝えします。


    (3)授業スケジュール管理

    生徒さんごとに、毎週同じ曜日・時間で授業スケジュールを組んでいますが、生徒さんが通いやすいように、希望に応じた振替や定期スケジュールの変更などに柔軟に対応しています。

    この際の講師や授業ブースなどの調整、システムへの登録などを行います。


    ーーーーーーーー


    (1)〜(3)以外にも、資料発送、教室の簡単な清掃やゴミ出し、消耗品・備品の管理・発注など、広く必要な業務を実施し、教室運営をサポートいただきます。

    • 7d65b41116-medium_a58fb9b768-sumiyoshi_02.jpg

      肌で感じる生徒さんの成長

    • 9e9bc3946c-medium_c52950fdbd-sumiyoshi_03.jpg

      安心のサポート体制

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    企業情報

    “何度でもやり直せる社会をつくる”
    代表者

    安田祐輔

    設立年

    2011年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    キズキの企業活動理念


    キズキは、「何度でもやり直せる社会をつくる」というミッションに沿った事業を展開しています。


    何度でもやり直せる社会をつくるために、一人ひとりが多様な価値観の中で、自分の生き方を肯定できるためのサポートをすることが、私たちがこの社会で発揮すべきバリューだと考えています。


    そして、「何度でもやり直せる社会をつくる」というミッションに沿った事業を行い、このミッションから外れる事業は行わない、というシンプルな考え方で私たちは事業を行っています。

    キズキの企業活動内容

    ■キズキ共育塾とは

    キズキ共育塾は、不登校やひきこもりなどの困難を経験した方をはじめ、年齢を問わず「人生をもう一度やり直したい」と考えている方が次のステップに進むための「学習指導」と「心のサポート」を実施している個別指導塾です。


    2011年夏の代々木校開校以来、不登校・引きこもり・高校や大学の中退などに悩む方、通信制高校に通う方、大学に入り直したい社会人の方など、様々な背景を持った生徒さんを、累計1,500人以上支援してきました。


    2020年現在では、吉祥寺・代々木・池袋・秋葉原・武蔵小杉・横浜・大阪で7つの校舎を構え、約450名の生徒さんへ支援を行っています。


    ■キズキグループは「何度でもやり直せる社会をつくる」という理念の実現を目指しています

    株式会社キズキ及びNPO法人キズキは、キズキグループとして「何度でもやり直せる社会をつくる」という理念を掲げ、設立以来一貫して理念に沿った事業展開を行ってきました。


    株式会社キズキは、「キズキ共育塾」の運営に加え、専門学校での中退予防事業、新宿区での就労支援事業、足立区での学習支援事業、発達障害を抱えた方向けの就労支援などを展開しています。


    また、「何度でもやり直せる社会をつくる」という理念の実現のためには、
    「利用者が最もよいサービスを選択できること」
    「持続可能な組織であること」
    「質の向上に向けた切磋琢磨を行うこと」
    が、社会課題解決において重要であると考えていることから、「ビジネス」と「社会貢献」の両立を追求しています。


    キズキ共育塾は2020年で創業10年目となりますが、売上・利益面とも毎年前年比1.3〜1.5倍の成長を続けています。


    NPO法人キズキは、受益者負担とすることが適切でないなど、ビジネスの手法を通じた解決が難しい分野の社会課題の解決を目指し運営されています。


    2018年7月現在は、ひとり親世帯向けの奨学金事業と、渋谷区の低所得世帯に塾に通えるためのクーポンを配布する「スタディクーポン」事業を主に行っています。


    キズキグループ全体で、困難を抱える方々が生きづらさを感じている社会の現状と様々なアプローチで向き合っています。

    キズキのボランティア募集

    キズキの職員・バイト募集