1. 【理数系教えられる方大歓迎】不登校・勉強嫌いの子どもたちに学習指導!

    更新日:2020/01/18

    【理数系教えられる方大歓迎】不登校・勉強嫌いの子どもたちに学習指導!

    学習支援塾ビーンズ
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    a04fedd9c5-job_children_recruiting_59064_main.png

    数学を教えられる方大歓迎!! センパイ講師が指導方法をしっかりとレクチャーします!

    勤務形態
    • アルバイト/パート
    活動テーマ
    • いじめ
    • 家庭崩壊
    • 不登校
    • 発達障害
    • 子育て/育児
    勤務場所
    • 東京

    学習支援塾ビーンズ 飯田橋教室

    【住所】
    東京都 新宿区 新小川町5-22 マンション豊友 1階

    【路線】
    ・東京メトロ 東西線・有楽町線・南北線 飯田橋駅 B1出口より徒歩約7分
    ・都営地下鉄 大江戸線 飯田橋駅 B1出口より徒歩約7分
    ・JR 中央線・総武線 飯田橋駅 東口より徒歩約9分

    待遇
    • 時給1,050〜1,500円

    【授業時間】
    授業1コマあたり100分(90分授業+10分の授業準備時間)
    授業1コマあたり1750円~2500円支給

    【保険】
    ・労災保険
    ・雇用保険
    ・社会保険完備
    (雇用保険と社会保険は対象者に適用)

    【交通費手当】
    ・塾教室までの通勤にかかる、往復の交通費・全額

    【キャリアアップ】
    ・希望者は教務や教務主任(正社員)へのキャリアアップも可能です(都度、要審査)。

    ※なお、給与振込のため、ゆうちょ銀行の口座の準備が必要です。

    勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

    一年以上など長期的に働ける人を募集しています。

    勤務頻度

    応相談

    募集対象

    【応募資格】
    ・大学生(特に理系科目を教えられる方歓迎!)
    ・社会人
    ・1年以上勤務できる方

    【必要スキル】
    ・高校生に「英語・数学のいずれかの科目」を指導できる
    ・PCの基本操作ができる

    【こんな方を求めています】
    ◎安定してる
    ・前向きで、感情的にならない(怒らない)人
    ・“お互いさま”の精神で仕事に取り組める人
    ・教育への熱い思いを、他人へ優しく表現できる人

    ◎人の話をきちんと聞け、多様な価値観を受け入れられる
    ・保護者や塾生、スタッフの話を傾聴できる人
    ・自分の常識と「べき論」にこだわらず、自分と違う意見にも耳を傾けられる人

    ◎変化を楽しめる
    ・昨日とは違うやり方・新しい取り組みを楽しめる人
    ・仕事のアイデアを自分から出すことを楽しめる人
    ・ビーンズを昨日とは違う環境にしていくことを楽しめる人

    【下記事項に該当する方はお断りしています】
    ・すぐにイライラする人
    ・我が強く、他人の意見を受け入れられない人

    注目ポイント
    • 講師同士・講師と生徒の仲が良く、カフェのような雰囲気の中で授業やイベントを行っています。
    • 生徒への指導方法など丁寧にお伝えしますので、初めての方も安心です。
    • 子どもたちの職業観育成のための特別授業や、様々な業種の社会人と交流する機会もあります。センパイ会社員の本音トークも聞けますので、就活や転職に役立つかもしれません!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    2名

    職種
    • 公務員・教師
    祝い金 5,200円 祝い金とは?

    募集詳細

    ■学習支援塾ビーンズとは

    学習支援塾ビーンズは、不登校や勉強嫌いな生徒のための学習塾です。心のケアから目的意識づくり、職業観育成、受験対策まで一手に引き受け、生徒の主体的な復学・進学を支援する『学び治しの授業』を指導しています。


    「マメは必ず空へ伸びる」

    生徒の夢・目標の芽を引き出し、育て、伸ばしていくために、ぜひあなたの力を貸してください!

    (もっと詳しい情報を知りたい方は「学習支援塾ビーンズ」と検索して、ぜひ公式WEBサイトもご覧ください。)



    ■学習支援塾ビーンズが講師にお願いする予定の業務内容

    学習支援塾ビーンズの講師には、下記のような業務内容に取り組んで頂きます。


    ・子どもたちのこころのケア

    ・子どもたちと進路決め、目標決め

    (自分の興味に応じた進学先を決めたり、生徒によっては「〇〇のライブに行く!」なども目標となりえます)

    ・子どもたちと決めた進路へ向けて伴走(面接対策・作文指導・受験のための科目指導など)

    ※いずれの仕事も教務主任がきちんと指導、研修、サポートしますので、ご安心ください。


    ■ビーンズの教室は・・・

    ビーンズは、普通の塾のように、パーテーションで狭い区切りに机を並べたり、机と黒板以外には何もない、といったレイアウトではありません。生徒・講師ともにリラックスして交流しやすいように、広々としたオープンな教室を目指しています。(もちろん勉強に没頭するためのスペースもあります!)


    もし、ビーンズにご興味をお持ち頂いた方は、お気軽に観に来てください。

    採用の際は、いきなり面接!ではなくて、ラフに話す面談を必ず最初に実施します。

    お気兼ねなくご連絡頂ければと思います。( 髪型や服装は自由ですので、オシャレ好きな人、大歓迎です!)



    ■採用までの流れ

    1.フォーム入力・一次選考(合否に関わります)


    2.面談(会社説明を含む・合否に関わりません)

    以下のような内容について話します。

    ・ビーンズのスタッフとしてやりたいこと

    ・日本の教育にあなたが感じる課題について

    また、面接で使う課題(ワークシート)をお渡し、記入方法をお伝えします。

    3.面接(合否に関わります)

    「書き上げたワークシートと履歴書」をお持ちください。

    ワークシートには、

    ・今後、ビーンズの業務で経験したいこと

    ・ご自身の成長したいポイント、得たいスキル

    をお書きください。

    4.採用

    採用はメールにて通知いたします。

    その後、雇用契約書式をご記入いただきます。


    ■ご応募の際のお願い

    ・メールアドレスは携帯電話のものではなく、パソコンのメールアドレスをご記入ください。

    ・面談へご案内する場合、当社のリクルートアドレスから返信たします。

     当社リクルートアドレスの迷惑メール設定の解除をお願い致します。

    ・ビーンズでは業務連絡・報告に、Googleアカウントを利用します(業務用に新しく取得してもらいます)

     その他、詳しく知りたい方は、学習支援塾ビーンズ・公式サイトの採用ページより、ご確認ください!


    • 5a68a1ae22-activo1.png

      ビーンズでは、社会人講師が学生講師へ生徒の指導方法をしっかり教えますので、安心して参加できます。

    • 5859d88470-activo_pic_1.png

      講師同士で話し合う時間を持ち、子どもたちへの指導方針を日々高めています。

    • 6d3387291f-activo_pic_2.png

      各業界で働く社会人、企業の代表、コンサルタント、日本で活躍する外国人の方などに会えるのも当塾の魅力です。

    • 754208dd5b-activo_pic_4.png

      子どもたちの職業観育成のため、文化祭や卒業発表などのイベントに講師同伴で参加する授業もあります!

    • 06f0cb1260-activo_pic_8.png

      元気になって、進路も決まって、あとはひたすら向かっていく生徒には、バリバリ勉強に励んでもらいます!笑

    • f6b35f5d8e-activo_pic_10.png

      大学ゼミのように生徒が皆の前で発表するイベントもビーンズならでは。人見知りだった子がハキハキ話すなど、彼らの確かな成長を体感できます!

    • 6dbb4a2ac3-beans-bbq_2.jpg

      時には子どもたちと一緒にBBQに行くことも!

    • d2b11c8b14-biburio2_3.jpg

      子どもたちが主催するイベントに参加することもあります。※写真はビブリオバトルの様子です。

    体験談・雰囲気

    この求人の体験談

    元・講師の声 「白倉先生のビーンズ体験談!」

    ■ビーンズに参加したきっかけ

    「勉強が嫌い」、「学校に足が向かわない」など、学校において壁にぶつかっている子ども達のサポートをしたいと思い、ビーンズに参加しました。

    私は、小学生の時に担任の先生の言葉かけによって自分に自信を持てた経験から、子どもの時に大人からかけてもらう言葉・愛情の大切さを強く感じました。この経験から、自分自身も子ども達が壁を越えていくサポートをしたいと考えるようになり、不登校などの困りごとに直面している子ども達への支援ができる場所を探していた時に出会ったのがビーンズです。

    ビーンズでは、「復学」などの一様な目標を子ども達に押し付けるのではなく、その子自身の気持ちや目指したい姿に向き合い、その子にとって最適な支援を行うことを目指しています。この姿勢に共感し、ビーンズへの参加を決めました。


    ■ビーンズでの授業

    ビーンズでは、英語や数学を中心とした科目授業や、チャレンジスクール入試対策などを担当しています。

    ビーンズには、画一的な授業カリキュラムがなく、子ども達一人ひとりの様子に合わせて授業の方針を決めていきます。決まった方法がない分、時にどうすればよいのか迷ってしまう時もありますが、試みた授業方法によって生徒の笑顔や理解を引き出せた時の喜びはかけがえのないものです。

    また、ビーンズには先生方がチームを組んで共に授業方法を考えていく風土があるので、他の先生方からアドバイスをいただきながら、より良い授業を作っていくことができているように思います。


    ■ビーンズで学んだこと

    私がビーンズで子どもたちに向き合う中で学んだことは大きく二つあります。

    一つ目は、その子にとっての最適な学びの方法を追求することの重要性です。

    子ども達が持っている特性は一人ひとり全く異なり、ある子にとっては学びやすい方法が、他の子にはとても学びにくい方法であるということが多々あるように思います。

    しかし、学校では複数の子ども達に一様な方法で授業が行われており、当然のことながらその学びの方法を苦痛と感じる子ども達もいます。ビーンズに来る子ども達を見ながら、そのことを強く感じました。

    ビーンズでは、学校では学んでいる内容をあまり理解できていなかった生徒が、その子に合った学びの方法をとることでグングン成長していくという場面がよくあります。生徒たちが自分に自信を持っていく姿を見る中で、子ども達一人ひとりに合った学びや支援を届けることの重要性を学び、大学卒業後も子どもに合った支援を追求していく職に就きたいと考えるまでになりました。

    二つ目は、学校は無理をしてまで行かなくてはならない場所ではないということです。

    学校は、世の中に数多あるコミュニティの中の一つにすぎず、たまたま学校の雰囲気が自分に合わなくても、本来何も問題はないはずです。

    しかし、子ども達にとって、一日の大部分を示す学校は自分の生活の全てであることが多く、その学校に足が向かわない自分を強く否定してしまう子ども達も多いように思います。かくいう私自身も、「学校に行きたくなくないなぁ」と感じたことが多々あり、その時は自分のことがとても嫌いでした。

    ですが、ビーンズで多くの子どもたちに出会い、今では「学校が嫌いであることはあなたの良さに何も関係しないよ」と自信をもって言うことができます。

    最初は自分が嫌いであったけれども、その子にとってより良い方法で学び、自信をつけていくことで大きく成長して次のステージに踏み出して行く子ども達をビーンズでたくさん見る中で、この思いを強く持ちました。

    これから出会う子ども達にも、このメッセージを伝えていけたらと思っています。

    以上二つが、私がビーンズで働く中で学んだことです。


    ■待遇について

    シフトの調整がしやすく、追加の業務をした際にもきちんと時給が発生します。

    また、塾の雰囲気がとても温かく、困ったことがあった時などはすぐに他の先生方に相談することができる点も魅力の一つです。このアットホームさが自分にとても合っているため、2年前にビーンズの門を叩いてから、いつも気持ちよく働かせていただきました。


    講師の声 「長澤先生のビーンズ体験談!」


    ■ビーンズに参加したきっかけ

    たまたまビーンズのHPを見つけて応募したのがきっかけです。イメージ通りのアットホームな雰囲気に惹かれて働くことを即決しました。


    ■ビーンズでの授業

    ビーンズには勉強そのものに対して拒否感を持っている生徒も多くいます。

    私はそんな生徒の知的好奇心を刺激する授業を心掛けています。具体的には、生徒がどのようなことに興味を持っているかを雑談などをしながら探っていき、それに関連した知的な話をして徐々に勉強に対するやる気を引き出しています。


    ■ビーンズで学んだこと

    ビーンズは面白い塾です。塾長を始め、ユニークな社会人講師の方が多数在籍しています。

    私はまだ大学3年生ですが、普通に学生生活を送っていては会えないような、とても魅力的な方々と会うことができました。また、生徒たちも講師に負けず劣らず才能豊かな子が多く、日々の授業で逆に彼らから教わることもあって、いつも楽しいです!


    ■待遇について

    とても働きやすい環境だと思います。試験勉強のための休みや旅行のためのスケジュール調整も柔軟に対応していただいています。学生生活自体も多忙で楽しい日々なのですが両立させています。

    また希望すれば、授業以外の仕事も任せてもらえます。

    集団授業の企画・運営やブログの執筆など、授業以外の「塾の運営」に関わることで学べることもたくさんあります。

    この求人の雰囲気

    ・講師と生徒がお菓子を食べながら楽しく会話する一コマもあります。

    ・お誕生日会や講師懇親会など、レクリエーション企画も行っています。

    ・ボランティアとして参加していただく様々な業種の社会人との交流もビーンズで働く魅力の一つです。




    ビーンズのレクリエーション・交流会!


    ビーンズでは、定期的に講師同士、ボランティアや外部の方(社会人やパートナーの方々)と一緒に交流会をしています。もちろん参加は強制ではなくて、自由参加です。軽食やカンタンな飲み物などで、大体は塾教室で開催することが多いですが、たまに外の飲食屋で開催する時もあります。



    特徴
    • 未経験・初心者可
    • 交通費支給
    • 英語が活かせる
    関連大学
    • 九州
    • 上智
    • 東京
    • 東京外国語
    • 東京農業
    • 東京理科
    • 立教
    • 早稲田
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    塾長 塚﨑からのメッセージ


    ================================================================


    ビーンズで一緒に働きたい人に求める3つのこと

    ================================================================

    僕がビーンズで一緒に働きたい人には3つ求めていることがあります。

    ひとつめが「心が安定してて・テンションの上げ下げが少ない」こと

    ふたつめが「多様な価値観を受け入れられる」こと

    そして「変化することを恐れない」ことです。


    ================================================================


    「心が安定してて・テンションの上げ下げが少ない」こと

    ================================================================

    ビーンズに来る子どもたちは様々な悩みや問題を抱えているケースが多いです。

    そのような子どもたちの課題に向き合う中で、時にタフな状況にもなることもあります。

    時にはその子や、その子をとりまく環境に、やるせなさを感じることもあります。

    しかし、その一方で、子どもたちへ笑顔で対応し、淡々と手を動かし続けられることも大切だと思っています。

    なぜなら、淡々と手を動かした先に、僕たちが子どもへできることをもっと増やしていきたいと思うからです。


    怒りっぽい人は絶対NG

    僕たちも子どもへの教育上、効用があるときに、わざと厳しくたしなめることは確かにあります。

    ですが、子どもへ向けて本心で怒っちゃダメです。

    「あくまで教育効用があるときに限り、演技で」ってことが条件です。

    ビーンズは職員室がないオープンな環境で、常に子どもたちが周りにいます。ナイーブな子もいるので、僕ら大人がどんな立ち振る舞いをしているかでダイレクトに影響されてしまう子もいます。子どもへイライラしない・感情をむき出しにして怒らないのは当然のことですし、スタッフ同士で議論するときも、子どもたちにみられていることを意識する必要があります。

    僕自身、教育に関しては、つい熱くなりやすいのですが、塾内では「say it with flowers(「花もて語れ」何か議論するときは花と一緒に)」、「ちくちく言葉ではなく、ふわふわ言葉を!」を合言葉にしています。

    新しくビーンズに来る人にも、この価値観を大切にできる人にきてほしいです。


    ================================================================


    「多様な価値観を受け入れられる」こと

    ================================================================

    僕は、「人はみんな、それぞれ違う教育の価値観を持っている」と思っています。

    なぜなら、その人の教育における価値観は、その人が生きてきた経験や受けた教育によって形成されると考えているからです。

    時に、自分が持っている教育の価値観が、一緒に働いている仲間、あるいは目の前の子どもたちと合わないこともあります。

    そんな時には、自分が持っている教育観を一旦、相対化できるかどうかを大切にしたいです。

    相手の価値観に全面的に納得できなくても、その考えを聞けるかどうか。

    相手の価値観は自分のそれと、どこかどう違うかを冷静に見つめられるかが非常に大事だな、と思っています。


    ================================================================


    「多様な価値観を受け入れ、組織も個人も変化していく文化をつくりたい」

    ================================================================

    もちろん、ビーンズで一緒に働く上では「進学や復学を絶対視しない」「子どものペースに合わせる」といった、ビーンズの基本方針に賛同する人に来てほしいです。そのうえで、僕は敢えて異なった教育の価値観を持った人たちに、ビーンズへ集まってほしいと思っています。

    同じような価値観の人ばかりだとイノベーションも生まれませんし、個人の成長もないと思っています。

    なぜなら、誰か一人の教育の価値観・哲学だけで、今の日本の教育問題が解決できるとは思わないからです。

    僕は、複雑でこんがらがった日本の教育問題を解決するためには、様々な視点からアプローチを仕掛けていく必要があると思っています。ですので、多様な価値観を受け入れられ、様々な経験と教育価値観を持った方にビーンズの仲間になってもらいたいと思っています。そして、一緒に成長したいと考えています。


    ================================================================


    「変化することを恐れない」こと

    ================================================================

    最後に求めるのは、「変化することを恐れない」こと。

    ビーンズは小さい塾ですので、毎日が変化の連続です。

    2019年の1年とっても、塾へ来る子どもたちの層が変化し、僕たちの対応も変化していきました。

    不登校や発達の特性を持つ子どもたちをメインに対象とし、個別指導と学習支援を軸に活動していたビーンズで、最近では子どもたち主催のイベントが次々におこり、ついには「行けなかった修学旅行へ行きたい」と子どもたちが主体的に企画するまでになりました。

    もちろんタフな状況もありました。ビーンズでは、その都度スタッフ皆で話し合い、よりベターと思われるほうに舵を切ってきました。

    スタッフ皆で活発に議論をするために必要な前提が

    「心の安定」

    「自分とは違う多様な価値観を受け入れられる」

    そして「変化を恐れない」ことです。

    ビーンズを昨日とは違う環境にしていくこと。

    昨日とは違うやり方にトライしていくこと。

    それを楽しめる人に、ぜひ仲間になってほしいです。

    子どもたちがタフな状況にあっても、安定してドライに笑顔で対応できる人。

    自分と違う意見に接しても「こういう意見もあるんだなぁ」と思って聞ける人。

    チームと一緒に自身が変化し続けることを楽しめる人。

    僕は、こういう方がビーンズに向いていると思いますし、このような方と一緒に働きたいと思っています。


    ================================================================


    課題の多い業界だからこそ、笑顔で仕事したい!

    ================================================================

    ここまで読んでくださった方の中には、日本の子どもの置かれている状況について課題を感じていたり、使命感を持たれていたりする方も多くいらっしゃると思います。その時大事にしてほしいのは、日本の子どもが置かれている状況を共有しながら、悲壮感ではなく笑顔で一緒に働いていけたらいいなということです。

    今、日本の教育や保育の現場は悲壮感に溢れていると思います。

    それは、現場の多くが課題に溢れているからではないでしょうか。その現状は、ビーンズも一緒です。

    ビーンズに来る子どもたちは、様々な問題やトラブルを抱えていることが多く、子どもたちと同様に、僕らも頭を抱えたくなるときがあります。


    それでも、ビーンズでは常に前を向いていきたい。

    いつも前に「進める」かどうかは分かりませんが、常に前を「向いて」いたいなと思っています。

    今、ビーンズに来る子どもたちは毎日笑顔だし、働く僕らも笑顔であることが多いです。

    この環境はとても貴重だと思っています。だから今の現状を大事にしたいですし、この環境をより楽しくしていきたいです。そして子どもたちも、働く僕らも、より笑顔になれるビーンズを一緒に作っていける人に来てほしいです!

    企業情報

    Articles 8a684b9ff5 header image 1454201557
    Square small 95e39a3b08 200114 ssbeans 450 200

    学習支援塾ビーンズ

    “「子どもたちがやりたいことを思い切りやれる場所へ送り出す」”
    代表者

    塚﨑 康弘

    設立年

    2015年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    学習支援塾ビーンズの企業活動内容

    学習支援塾ビーンズは、不登校・中退・発達の特性など様々な背景をもつ、小学校高学年~高校生向けの塾です。


    子どもたちに共通する「自分に自信が持てず、進路を想像できない」という悩みに向き合い、

    子どもたちの「心のケア」と「社会性・主体性を獲得する」ために、個別指導と集団授業、子どもたちへの居場所支援をミックスさせた独自の教室づくりをしています。

    取り組む社会課題:『不登校』

    活動実績

    2015年
    アップシードビーンズ株式会社創業

    2015年08月

    東京都中小企業振興公社「創業助成事業」採択

    2015年09月

    2017年
    新宿区から取材を受け、PR動画を公開

    2017年03月

    ビーンズ×日本財団CANPAN共催授業 「寄付ってなに?」を実施

    2017年12月

    2018年
    東京都「創業NET」にてインタビュー公開

    2018年07月

    「花王社会起業塾」に採択される

    2018年09月

    2019年
    生徒増加のため、塾校舎を移転

    2019年01月

    東京都 女性・若者・シニア創業サポート事業(融資)に採択される

    2019年02月

    西武ソーシャルビジネス成長応援融資「CHANGE」に採択される

    2019年06月

    日本教育新聞様よりインタビュー

    2019年12月

    学習支援塾ビーンズのボランティア募集

    学習支援塾ビーンズの職員・バイト募集