こちらの求人は募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 東京のNPO求人募集一覧
  4. 東京でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. 事務局次⻑(契約職員)募集(更新する場合あり、原則として1年更新)

更新日:2024/04/15

事務局次⻑(契約職員)募集(更新する場合あり、原則として1年更新)

特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ
  • 勤務場所

    フルリモート勤務, 東京 (【就業時間】週5日 9::00 (休憩時間12::00)【休日】土日、祝日(年末年始含む)イベント時などの出勤あり【時間外労働】あり(最大45時間))

  • 待遇

    月給400,000〜600,000円

  • 勤務頻度

    週4〜5回

この募集の受入法人「特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

認定NPO法⼈シャイン・オン・キッズでは、⼩児がんや重い病気と闘う⼦どもたちとその家族を⽀援する活動を⾏なっています。現在、事業の拡大に伴い事務局次⻑を募集しています。

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

【就業時間】
週5日 9:00-18:00 (休憩時間12:00-13:00)

【休日】
土日、祝日(年末年始含む)イベント時などの出勤あり

【時間外労働】
あり(最大45時間)

待遇
  • 月給400,000〜600,000円

基本給その他⼿当の合計額。基本給にみなし残業45時間分込。超過した分の残業代⽀給あり。前職の給与や経験に応じて考慮します

各種社会保険 (健康・厚⽣・雇⽤・労災)
有給休暇、交通費⽀給(上限あり)

勤務頻度

週4〜5回

募集対象

【事務局次長職務内容】
・職員、業務委託者、派遣スタッフの管理(採⽤、評価、配置等の⼈事業務含む)
・事業部⾨のリーダーを統括
・総務、法務、財務、広報部⾨のリーダーとともに事業管理
・資⾦調達イベントに関する管理業務

【必須条件】
・⼈材マネジメントの経験、必須
・⾼いコミュニケーション能⼒、必須
・慈善団体での勤務経験、尚可
・様々な職種・多様なスタッフをまとめる能⼒に⻑けている、尚可
・⽇本語:⺟国語レベル
・英語:ビジネスレベルのコミュニケーション能⼒(読み書き、会話)優遇
・マイクロソフトオフィス(ワード、エクセル、パワーポイント)の実務使⽤経験
・「社会を良くしたい」という情熱がある⽅

【応募方法】
①提出書類
(1)履歴書及び職務経歴書
(2)推薦書2通(任意)※書式自由、推薦者の指定はありません
②提出先[email protected]

【応募書類の提出期限】
2024年4月12日

【選考方法】
(1)書類選考結果通知(メール通知)
(2)面接
 -面接(一次、二次)
  日時と場所は選考通過者に通知致します ※職場見学も予定しています
 -理事長面接
  リモートになる可能性もあります
  英語で⾏われますが、必要な⽅には通訳者が同席しますのでご安⼼ください。
※交通費は応募者の負担とします。
※選考結果に関する問合せにはお答えできませんのでご了承下さい。
※内定者は、まずは事務局次長として約半年間勤務していただきます。その後、職務内容として問題なく執行できると経営陣が判断した場合、事務局長となります。

【採用予定日】
2024年4⽉12日

【問合せ先】
シャイン・オン・キッズ 窓口担当:春田
電話:03-6202-7262 E-mail: [email protected]

【その他】
-お預かりいたしました履歴書などの書類は返却いたしません。
-応募についての守秘は厳守いたします

注目ポイント
  • 活動の拡大に伴いマネジメントチームに参画くださる方を募集しております
募集人数

1名

職種
祝い金 3,000円 祝い金とは?
特徴

体験談・雰囲気

特徴

法人情報

特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ

“「入院中の子どもたちを笑顔に」エビデンスに基づいた革新的な心理社会的支援プログラムで、小児がんや重い病気と闘う子どもたちとそのご家族をサポートしています”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

キンバリ・フォーサイス

設立年

2006年

法人格

認定NPO法人

シャイン・オン・キッズの法人活動理念

これまでの歩み

シャイン・オン!キッズの前身であるタイラー基金は、2歳を目前に小児がんで亡くなったタイラー・フェリスの両親マークとキムにより、2006年7月、特定非営利活動法人として発足しました。


タイラー は、完治することが非常に困難な白血病との闘いの末、東京の病院でその短かすぎる生涯を閉じました。タイラーを失った後、マークとキムは悟ったのです。つらい闘病生活でも笑顔を絶やさなかったタイラーの勇気と自分たちの経験がきっと役に立つに違いない、苦しみを背負っている小児がん患者の子どもたちとその家族のためにポジティブな何かを創造できるはずだ、と。


設立当時、タイラー基金はご家族の困難を軽減し、インスピレーションを提供することに注力していましたが、少しずつ特別なものへと発展してきました。


今日、私たちは各プログラムを通じて、何千人もの子どもたち、両親、きょうだい、医療従事者の方々を力づけています。子どもたちの勇気、笑顔、ストーリー、つまり子どもたちが、現在の私たちの活動の中心になっていると言えるでしょう。

シャイン・オン・キッズの法人活動内容

シャイン!オン・キッズの5つのプログラム

当団体では小児がん、重い病気と闘う子どもたちと家族の支援のために、現在以下の5つのプログラムを通して心のケアを行なっております。

・ファシリティドッグ・プログラム

・ビーズ:オブ・カレッジ

・キャンプカレッジ

・シャイン・オン!コネクションズ

・シャイン・オン!フレンズ


ファシリティドッグ・プログラムについて

ファシリティドッグは医療チームの一員として、特定の病院にハンドラー(ペアを組む臨床経験のある看護師)と共に常勤します。犬の育成には国際基準に準じたトレーニングやフォローアップを採用し、2010年の日本に初導入以来、現在は以下の4病院で活動しています。

ファシリティドッグが寄り添うことにより、小児がんや重い病気の子どもたちが治療を前向きに捉え、自尊心を保てるよう、子どもたちとその家族の生活の質の向上を目指す活動です。


ビーズ・オブ・カレッジについて

ビーズは治療の記録。そして勇気の証。ビーズ・オブ・カレッジはアートを医療に融合させるプログラムの一つで、アメリカの小児腫瘍科で看護師勤務経験を持つジーン・バルーシ氏によって考案されました。シャイン・オン!キッズは日本で唯一の国際パートナーです。

小児がんや重い病気の子どもたちが、自分の闘病生活での治療過程を記録し、勇気や頑張りを讃えるものです。白は化学療法、黒は穿刺、手術のときは星・・・色や形それぞれに意味のあるビーズが子どもたちの強さ、誇り、希望を物語っています。自らの回復力や抵抗力を高められるように考えられた、人間の持つ治癒力に根ざした介在法です。



シャイン・オン・キッズのボランティア募集

シャイン・オン・キッズの職員・バイト募集