1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 千葉のNPO求人募集一覧
  4. 千葉での貧困・人権系NPO求人募集一覧
  5. 【土日祝日歓迎!】孤立しがちな妊産婦さんたちに寄り添う、生活支援スタッフ募集!

更新日:2024/02/15

【土日祝日歓迎!】孤立しがちな妊産婦さんたちに寄り添う、生活支援スタッフ募集!

特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト
  • 勤務場所

    千葉 (※千葉県松戸市(松戸駅から徒歩圏内の拠点の予定))

  • 待遇

    (経験・資格を考慮し、決定) :時給1,190〜1,720円

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:応相談)

  • 勤務頻度

    応相談

基本情報

孤立しがちな妊産婦さん向けの居場所「ふたやすみ」を千葉県松戸市に立ち上げました。(2024年2月開始)。家事などのご経験を活かし、かものはしプロジェクトで一緒に働きませんか?

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

※千葉県松戸市(松戸駅から徒歩圏内の拠点の予定)

待遇
  • (経験・資格を考慮し、決定) :時給1,190〜1,720円

■昇給・賞与
昇給制度あり。賞与あり(年に2回(6月、12月))。
(適用範囲については規程にもとづく)
■諸手当
通勤手当(上限1,200円/日、実費精算)
■休日・休暇
年次有給休暇(規程に基づく)、季節休暇(夏季・冬季)、慶弔休暇、子どもの看護休暇・介護休暇、生理休暇。育児・介護休業制度あり。(適用範囲については規程にもとづく)

勤務日程

随時勤務(勤務期間:応相談)

■契約形態
契約職員(パート、試用期間3か月、1年毎の期間契約)

勤務頻度

応相談

■勤務時間
週1日~可、8:00~19:00の間で1日4時間~最大で8時間
ご希望の曜日、時間をもとにシフト調整をさせていただきます
土日・祝日に勤務いただける方歓迎。(土日のみの勤務も可)

募集対象

・本事業に共感し、利用者・スタッフの尊厳を大切にしながら、日々の業務にあたることができる方
・家事・育児の経験がある方(仕事・プライベート問わず)
・チームワークを大切にし、情報共有しながら業務を遂行できる方
・セーフガーディング・ポリシーの遵守

注目ポイント
  • 孤立しがちな妊産婦さん向けの居場所事業です!
  • これまで妊産婦に特化した業務や居場所運営に関わったご経験がない方でもOKです!
募集人数

1名

職種
祝い金 1,000〜3,000円 祝い金とは?
特徴
応募画面へ進む

募集詳細

<募集背景>

日本事業では、「誰もが生まれてきて良かったと思える社会をともにつくる」というミッションのもと、児童虐待など子どもを取り巻く不条理に取り組んできました。

そんな中、さまざまな困難を抱えた子育て家庭の方々から、妊娠期から 「生んでいいのか…」 「誰にも相談できない…」といった不安を抱えていたという声を聞きました。 このような不安や困難は、妊娠・出産期で解消されることなく、子育て期も続き、さらには次世代にも連鎖していくことも少なくありません。 そんな社会をなんとかしたい、という想いから、NPO法人さんまと共同で、孤立しがちな妊産婦さん向けの居場所「ふたやすみ」を千葉県松戸市に立ち上げました。(2024年2月開始)


この「ふたやすみ」を拠点とし、宿泊・日中の居場所の提供・アウトリーチ(家庭訪問)を組み合わせながら、スタッフが妊産婦さんとともに、ほっと安心できる空間をはぐくみ、共に過ごし、悩み、動き、地域コミュニティや医療、行政のサポートなど、さまざまなつながりを作りながら、一緒に未来を考えていきます。 たくさんの困難の中で一生懸命生き抜いてきた妊産婦さんたちが、肩の荷を下ろして、たくさんのつながりの中で、その人らしくすこやかな人生を歩んでいくことができるよう、この「ふたやすみ」を共につくり、はぐくんでくださる仲間を募集します。


本職種は、家事・育児のご経験を活かし、妊婦さんやお子さんが安心して生活するための生活支援業務を行っていただきます。 福祉職や看護職のスタッフとともにチームでの支援を行っていくため、これまで対人支援等の業務や居場所運営に関わったご経験がない方でもOKです!

専門性やご経験はなくても、対象の妊産婦さんと一人のひととして関わりたいと思ってくださる方を、お待ちしております!


<職務内容>

・対象の妊産婦さんやお子さんが安心して生活できる生活空間をつくる
・上記に付随する1) 食事の支度・片付け、2) 掃除、3)洗濯の補助、4) 育児の補助、5) 子どもの遊び相手や利用者の話し相手、等
・その他、生活支援業務および付随する一切の業務
※入職後、各種研修受講や担当業務説明など、適切なフォロー体制をしかせていただきます


<こんな方におすすめ!>

・妊産婦さんに寄り添いながら、臨機応変に対応できる方
・チームメンバーと密に連携しながら、積極的に仕事に取り組める方


<必須スキル>

・本事業に共感し、利用者・スタッフの尊厳を大切にしながら、日々の業務にあたることができる方
・家事・育児の経験がある方(仕事・プライベート問わず)
・チームワークを大切にし、情報共有しながら業務を遂行できる方
・セーフガーディング・ポリシーの遵守


<歓迎スキル>

・栄養士・調理師・社会福祉士・精神保健福祉士・保育士・教員・看護師・助産師・保健師等、各種資格保有者

・たとえ経験はなくても、対象の妊産婦さんと一人のひととして関わりたいと思う方
・チームワークで仕事をすることが好きな方
・ワークライフバランスを保ちながら仕事をしたい方
・今は専業主婦・育児休業中だが、ブランクがあっても意思を持ってチャレンジしたい方
・ダブルワークをしたい方
・年齢は問いませんが、働くうえで最低限の体力がある方
・平日は別の仕事や学業があるが、休みの日(土日祝日など)や隙間時間を利用して居場所業務経験を積みたい方
・生活支援スタッフ(夜間)としてもご勤務いただける方、大歓迎!

応募画面へ進む

体験談・雰囲気

この求人の雰囲気

かものはしでは、スタッフを始め様々なバックグラウンドを持つ人々が自分に合った形で力を発揮し、一緒に問題解決に励んでいます。


・学生時代から20年以上も強い想いを持ち続け問題に取り組む共同創業者

・民間企業で培ったスキルを生かして活躍する職員メンバー

・少数精鋭でバックオフィスを支える職員メンバー

・各々の目標を持って活躍する社会人・学生インターン

・専門分野のスキルで活動をサポートするプロボノ・ボランティアメンバー

・寄付という形で問題解決をサポートしてくださる会員の方々


など、全員が一丸となって活動している熱い職場です。

仕事は戦略的にクールに、でも休日はたまにメンバー全員でアウトドアしたりする一面も。

特徴
男女比

男性:30%、女性:70%

応募画面へ進む

代表者メッセージ

2002年の創立当初、新宿のカフェに何度も集まって、子どもが売春宿に売られていること、そして、どうやったら少しでも止めることができるのかずっと話し合っていました。今から思うと未熟ではあったものの、社会を変えられるんじゃないか、という良い意味での勘違いがすべての始まりでした。そこから、20年、たくさんスタッフとパートナー、15,000人以上のサポーターの方々、世界中の財団やNGO、政府関係者とともに活動してきました。そして、その熱を持った人たちが力を合わせれば世の中は変えられるということを、この20年間、インドやカンボジアで私は実体験として目撃してきました。

それでも、依然として暴力により子どもを傷つくことがたくさんあります。世界の分断は広がっています。課題は大きく、私たちに何かできることがあるのだろうか、と打ちひしがれる日もあります。でも、もう一度勘違いをしたいと思っています。時間をかければ、必ず、世の中の不条理をなくすことに違いないという勘違いをしたいと思っています。そんな熱をお持ちの方、是非仲間として一緒にかものはしで働きませんか。

法人情報

特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト

“子どもの虐待や貧困「なんとかしたい」を大きな力に変えていく”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

理事長 青木 健太

設立年

2002年

法人格

認定NPO法人

かものはしプロジェクトの法人活動理念

【だれもが、尊厳を大切にし、大切にされている世界を育む】


「子どもが売られない世界をつくる」をミッションに掲げ、活動を開始して約20年。人身売買の現場と向き合い続けたこと、被害者や最貧困層の女性たちにライフスキルやリーダーシップを身につけてもらう活動を行ってきたこと、仲間同士の葛藤や自身への疑い・無力感を体験したこと。その中で自分たちが大切にしてきた・していきたいものを考えたとき、「尊厳」という言葉に行き着きました。このいちばんの本質=「尊厳を大切にしあう」を新たな理念として、子どもの虐待、貧困、人身売買といった、世の中の様々な不条理にアプローチをしていきます。

かものはしプロジェクトの法人活動内容


2002年にかものはしプロジェクトが設立されてから、「子どもが売られない世界をつくる」をミッションとして、カンボジア、インド、日本で活動を続けてまいりました。

そして、2022年6月に、ミッションを「だれもが、尊厳を大切にし、大切にされている世界を育む」に変更し、新しい出発を切っています。


「子どもの人身売買」も「虐待」も「貧困」も、それらをとりまく様々な社会の状況と結びついていて、シンプルな解決方法はありません。虐待をとってみても、たんに虐待する人をつかまえればいいという話ではありません。大切にされない子どもの隣りには、他者を大切にすることが難しい親(大人たち)がいる。そうさせてしまう社会の仕組みがある。それらすべてに、包括的に目を向けなければ、うわべだけの、もしくは一時的な解決にしかなりません。


私たちは、どんなに難しくとも「本質」に向き合い、根本的な解決につながることに取り組んでいきます。そして、「尊厳」を大切にしあう、強くやさしい社会を目指していきます。

取り組む社会課題:『児童虐待』

「児童虐待」の問題の現状  2023/10/30更新

児童虐待の相談対応件数は年々増え続け、2020年以降は年間20万件を超えています。虐待は身体的、心理的なダメージを子どもに与え、その影響から将来にもわたって対人関係に難しさが生じたり、日常生活に支障が出たりすることも少なくないと言います。児童虐待は、20万件の先にいる一人一人の子どもの人生を大きく変えうる、人の「尊厳」に深く関わる問題です。

「児童虐待」の問題が発生する原因や抱える課題  2023/10/30更新

事業立案にあたり虐待の発生原因を調べると、一つの原因があるわけではなく、複数の要因が複合的かつ重層的に絡み合っていることがわかりました。虐待に至りやすいリスク要因として、若年妊娠や親の精神疾患、子どもの障害や育てにくさ、ひとり親家庭、経済的困窮などがあり、これらが互いに影響し合っています。しかし、リスク要因があれば虐待が発生するわけではありません。


結局のところ一体何が虐待を引き起こすのか、課題を構造化しようと繰り返し試みた結果、合理的に解釈できる問題ではない、という考えに至りました。


虐待事例から被害を受けた子どもの心情を想像すると、言葉になりません。同時に、虐待に至ってしまった親の背景を知っていくと胸をえぐられるような気分になります。その人がこの社会の中で消え入りそうになりながら生きてきた痛みや悲しみが、感じられるからです。「自分は誰からも気づかれない存在」と透明人間になる感覚や、「私ばかり大変なのに誰も助けてくれない」と世界が敵に見える感覚が私にも時折あります。それらが激しく増幅したような、いたたまれない感覚を覚えるのです。

「児童虐待」の問題の解決策  2023/10/30更新

虐待は決して肯定されるものではありません。でも、その人が認められたり大切にされたりしなかったことの先にその行為があるのではないか、児童虐待は「人との関わりの中で大切にされ合うこと」つまり「つながり」の欠如によって起きてしまう、構造的問題なのではないか、という仮説にたどり着きました。


こんなに深刻な問題に、そしてそれによって苦しんでいる一人一人に固有の経験や背景がある中で、こんなにシンプルな仮説を提示することに、抵抗感も恐れもあります。ただ、何かを信じてみないと、進みだせない気がしたのです。私たちはこの4年間、当事者や現場で活動する人々から話を聞き、複数のプロジェクトを実施し、解を見つけようとチームでもがき続けてきました。そしてようやくたどり着いたこの仮説は、人が本来もっている優しさや温かさを根底で信じている私たちらしいものでした。だからこそ、信じてみよう。私たちは、昨年の秋に「社会の中に豊かなつながりを育むことにより、児童虐待が発生しにくく、虐待を受けた人が回復しやすくなる社会を目指す」ことを事業方針としました。


そして、たくさんの支援者からこの問題をなんとかしたいという思いを預かっている私たちが、多くの先人たちが努力を重ね続けているこの領域で果たすべき役割は、既にある多くの力を10倍にも100倍にもしていくことだと考えました。まずは地域での事業を進め、中長期的には他地域にその学びを普及していくことや、政策に反映させ全国に波及させることを目指します。

活動実績

2002年
カンボジア

2002年

(2002年~2018年)

活動当初、世界の中でも「子どもが売られる問題」が多かったカンボジアにて、主に、

・子どもを買う人を適切に逮捕し罰することができる仕組みをつくるための警察支援

・家が貧しい女性に仕事を提供するための工房運営

・売られてしまうリスクの高い子どもを守るための孤児院の支援

を行っていました。

2012年
インド

2012年

(2012年~)

カンボジアで問題解決を続けてきたかものはしは、インドでの「性的搾取を目的とした人身売買」をなくすために、サバイバー(人身売買被害者)が自分の人生を取り戻すための「サバイバーに寄り添う」活動と、人身売買ビジネスが成り立たないような「社会の仕組みをつくる」活動の2つを現地パートナーと共同しながら行っています。

2019年
日本

2019年

(2019年~)

活動の中心であるインドに加え、日本での児童虐待などの「子どもを取り巻く不条理をなくすため」の活動を行っています。

具体的には、①現場での取り組み、②地域エコシステムに関わる取り組み、③全国ネットワーク・政策に関わる取り組みを活動の柱にすえ、「誰もが生まれてきて良かったと思える社会を共につくる」ことを目指します。

かものはしプロジェクトのボランティア募集

かものはしプロジェクトの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む