こちらのボランティアは応募受付を停止しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【東京・西多摩】自然豊かな場所 遊び中心の保育の幼児園 ★ボランティア募集★

更新日:2022/10/23

【東京・西多摩】自然豊かな場所 遊び中心の保育の幼児園 ★ボランティア募集★

ころりん会
  • 活動場所

    東京 あきる野市[菅生1250 ころりん村幼児園] (西東京バス 菅生バス停 徒歩3分(最寄り駅 JR青梅線小作駅)駐車場がありますので車でのご来園可能です。)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

2023年02月21日に応募受付を再開予定です。
この募集の受入法人「ころりん会」をフォローして、
応募受付を再開した時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

園庭横に小川がある豊かな自然環境で遊びを中心とした保育を行っている幼児園(幼稚園類似施設)での保育ボランティアの募集です。

活動テーマ
活動場所

西東京バス 菅生バス停 徒歩3分(最寄り駅 JR青梅線小作駅)
駐車場がありますので車でのご来園可能です。

必要経費

無料

昼食はお弁当のためご持参ください。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

平日 午前10時~午後4時(水曜日は午前保育のため午後1時まで)
※長期休み期間中はお休みです。(春休み、夏休み、冬休み)
短い期間でも受け入れ可能ですのでご希望があればお伝えください。

【ご応募に関して】
ボランティアにご興味やご応募をお考えの方はメールまたはお電話(平日15~17時)にてご連絡ください。担当より保育の内容のご説明などをさせていただきます。
やってみたいことなどをおうかがいしながら進めますので初めての方もご安心ください。

募集対象

保育補助としてボランティア活動をしてくださる方を募集中です。(未経験の方も歓迎です)
このようなことに希望やご興味のある方にお越しいただきたいです。
・子どもと一緒になって楽しく力いっぱい遊びたい方
・保育や子どもの育ちについて勉強中の方や保育の仕事にご興味がある方
・ご自身の趣味や特技を活かした活動をされたい方

注目ポイント
  • 遊びを中心とした非認知能力の育成体験ができます。
  • どろんこだらけになって子どももおとなも力いっぱい遊びます。
  • 経験不問。職員は全員当園でのボランティア経験者。どなたでもご参加頂けます。
対象身分/年齢
募集人数

3名

特徴

募集詳細

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:20%、女性:80%

法人情報

“一生の宝物となる大切なこの時期を みーんな一緒に笑って泣いて楽しく過ごす。 ころりんはそんな場所です。”
代表者

田村正秋

設立年

1977年

法人格

一般社団法人

ころりん会の法人活動理念

【ころりんフィロソフィー】

子どもが生来、育ちの能力を本能的に持っているという前提に

遊びを育ちの天与のカリキュラムと捉え

真の育ちの場として大人の思いや考えの介在をさせない

子どもさながらの生活の場所を保障する。


その子にはその子にしかないものを持って産まれて来ています。

それを大切にしないで何を大切にするのでしょうか。

教育という言葉の名のもとに、教えがしばしば強調され、育がしばしばないがしろにされています。

教育を英語ではeducationと言いますが、語源は動詞の「導き出す」という意味のeducateです。

一方的に教え込むというものではないということです。


私達はこれらを最も大切な行動原理として活動を行っています。



ころりん会の法人活動内容

当会は幼稚園類似施設「ころりん村幼児園」の運営を行っています。

ころりん村幼児園は昭和52年4月に地域の保護者たちの要請により42年間教職に従事した元小学校校長が設立をいたしました。子どもたちが健やかに総合的な成長をもたらすため、子どものことを第一に教職員と保護者が一体となり、地域の方々のご協力も頂きながら、幼稚園教育要項に準じた内容で幼児教育を行っています。

取り組む社会課題:『子育て/育児』

活動実績

1977年
保炉家(囲炉裏のある家)にて預かり保育を開始

1977年04月

保炉家(囲炉裏のある家)を細谷火工社長細谷政夫氏に拝借して開園。

土地約600坪、純日本風の木造2階建て、ケヤキの大黒柱やさわら材の浴槽まであったすばらしい家屋。周囲にはサワガニのいる川、トンボやチョウ、バッタのいる丘のある自然の中で園児はのびのびと遊んでいた。

1981年
近隣のプレハブ施設へ移転

1981年05月

菅生高校理事長島田久先生の全面的ご協力によって、プレハブ施設をお借りすることができて移転する。自然に恵まれていてススキの原や冬には1mにもなる霜柱が立つ秘境もある楽園であった。

1983年
現在の園地(あきる野市菅生1250)へ移転する

1983年04月

1996年
開園20周年を迎える

1996年04月

2001年
園長(創業者)の個人事業から任意団体ころりん会の運営となる

2001年04月01日

園長、OB保護者などを理事メンバーとするころりん会を設立。園の経営・運営を園長の個人事業から引き継ぐ。

2017年
開園40周年を迎える

2017年04月

2019年
東京都の認可外保育施設として登録する

2019年

児童福祉法第59条の2第1項の規定に基づき認可外保育施設設置届を東京都へ行う。

共働き世帯などの一部家庭が無償対象となる

2019年

幼児教育の無償化(幼保無償化)が始まる。共働き世帯などの一部家庭が無償対象となる。

2020年
任意団体から一般社団法人法人となる

2020年08月31日

任意団体ころりん会から運営組織と経営の健全化を目指し、一般社団法人ころりん会として法人登記を行う。

ころりん会のボランティア募集

ころりん会の職員・バイト募集