1. ホーム
  2. 京都のボランティア募集一覧
  3. 京都での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 未来を灯すあかりの輪プロジェクト(グローカル人財育成事業)

更新日:2022/09/06

未来を灯すあかりの輪プロジェクト(グローカル人財育成事業)

特定非営利活動法人グローカル人材開発センター
  • 活動場所

    京都

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

基本情報

1e727359ab-singly_communitydevelopment_recruiting_91504_main.png

125年以上もの間、和・京蝋燭を作り続けておられる中村ローソクさんと一緒に、この伝統の技術、和蠟燭の魅力を未来につなげるための新たな和蠟燭のアイデアを学生目線で考え提案するプロジェクトです!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

【活動期間】
2022年10月~12月(プロジェクトの進捗によって変動があります)

募集対象

大学生,大学院生,短期大学生,留学生(大学コンソーシアム京都加盟大学に所属す恵る学生を対象)

注目ポイント
  • 企業と連携した課題解決型のプロジェクトに参加できる!
  • 100年続く京都の伝統工芸・企業に関わることができる!
  • 自分のアイデアを形にし、販売までする実践型のプロジェクトです!
対象身分/年齢
募集人数

7名

関連スキル
特徴

募集詳細

未来を灯すあかりの輪プロジェクト(グローカル人財育成事業)

1887年(明治20年)。125年以上もの間、和・京蝋燭を作り続けておられる「有限会社中村ローソク」。

石油系原料を使った安価な西洋ローソクの普及と共に、和蝋燭の需要は減ってきていたり、
見た目を似せただけの製品を、本物だと思って使っている方も、、、

こうした実情の中で、中村ローソクさんは、和・京蝋燭の歴史を廃らせてはいけないという思いから、
日本伝統の技や美が表現されている和・京蝋燭の魅力を広めるため、
多くの人が和・京蝋燭の魅力に触れてもらえる機会の創出に努めておられます。

そんな中村ローソクさんと一緒に、
この伝統の技術、和蠟燭の魅力を未来につなげるための新たな和蠟燭のアイデアを
学生目線で考え提案、プロトタイピング(実践)、販売まで行うプロジェクトです!

学生チームのアイデアを実現し、社会に出す!という経験を一緒にしてみませんか?


【ミッション】

学生目線で和蠟燭×○○を考え、和ろうそくを日常使いし、暮らしに彩りを添える方法を提案せよ!


【連携先】

有限会社中村ローソク


【プロジェクトの流れ】

➀チームビルディング
②企業との顔合わせ
③リサーチ(企業・業界研究、課題解決に係る調査)
④企業訪問
⑤アイデアブレスト
⑥企画立案(解決策の考案)
⑦企業訪問・企画の提案
⑧プロトタイピング
⑨販売会への参加
⑩振り返り


【活動期間】

2022年10月~12月(プロジェクトの進捗によって変動があります)


【参加対象】

大学生,大学院生,短期大学生,留学生(大学コンソーシアム京都に加盟する大学に所属する学生を対象)


  • 42d104ce23-singly_communitydevelopment_recruiting_91504_sub1.jpg

    活動の様子

  • 195a5e2811-singly_communitydevelopment_recruiting_91504_sub1.application/octet-stream

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

特定非営利活動法人グローカル人材開発センター

“GLOCAL=GLOBAL+LOCAL”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

行元沙弥

設立年

2013年

法人格

認定NPO法人

グローカル人材開発センターの法人活動理念

多様な個が自由に幸せに生きるために、
一人ひとりの変化を促す学びと実践の場を提供するNPO

私たちはNPOの目的である「交易」を人づくり(人材の育成)への投資であると捉えています。

人材育成や教育は本来時間のかかるものであり、収益を目的とした短期的なアウトプット(結果)が求められる商業活動に当て込むべきものではない。
そんな想いの元、長期的なアウトカム(成果)を基軸に立案された活動と事業をもって直接的に社会に還元していくには、NPOという形をととることで誰よりもシームレスな人材育成を行っていけるのではと考えました。

今や「学び」は学校や企業だけでは完結しない。産学公民を結びながら、現場と教室の往復する学びをデザインしています。

グローカル人材開発センターの法人活動内容

グローカルセンターの大切にしている公式

・GLOBAL+LOCAL=GLOCAL

グローバルな視点で世界基準の意識を持ちながら、軸足を置くローカルの目指すべき社会の未来を自ら考える、世界を見据えながら地域経済・社会の持続的な発展に情熱を注ぎ、活躍する「グローカル」な人材を育んでいきたい。グローカル人材開発センター(以下:略称 グローカルセンター「GC」)は、そのような想いに共感する京都の大学、経済界、行政機関等がタッグを組み設立された認定NPO法人です。「風通しのよい社会を創る」を理念に、未来の象徴である若者一人ひとりの色が発揮され、多様な個が自由に幸せに生きる開かれた社会の創出を目指し、2013年から活動しています。


・Y×X=Creative City

"Y": Youths(若者)と "X"の掛け合わせの中から、真に自由闊達な都市、"Creative City"が育まれる。GCの「グローカル人材」育成は主に高校生、大学生、若手社会人を対象に教育の実践化を図るものです。アクティブラーニング(以下「AL」)、PBL(課題解決型学習)をはじめとする、若者のための研修事業をしかけ、一人ひとりの変化を促す学びと実践の場を提供することで、個人の生き方の選択肢を拡げたいと考えています。

グローカル人材開発センターのボランティア募集

グローカル人材開発センターの職員・バイト募集