1. ホーム
  2. 福井のボランティア募集一覧
  3. 福井でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. ヤングケアラーの子どもたちのピアサポーター募集【交流会運営ピアスタッフ】

更新日:2024/04/09

ヤングケアラーの子どもたちのピアサポーター募集【交流会運営ピアスタッフ】

一般社団法人みんなの居場所withふくい
  • 活動場所

    福井 (県内の各地域で開催します。三方ショッピングセンターレピア内ユースセンターYupure(若狭町鳥浜))

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

  • 活動頻度

    応相談

基本情報

家族のケアやきょうだいの世話等をしながら生活を送っている「ヤングケアラー」と言われる子どもたちと、当事者目線での関わりや交流会の運営をしてくれるスタッフを募集しています。

活動テーマ
活動場所

県内の各地域で開催します。
三方ショッピングセンターレピア内ユースセンターYupure(若狭町鳥浜60-1)

必要経費

無料

活動にかかる交通費は団体が補助します。
週1日~の団体非常勤スタッフも募集しています(有償)。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

土、日曜日は、15:00から18:30
月曜日は、10:00から15:00が活動時間です。

活動頻度

応相談

月1回程度~の活動となります。

募集対象

・家族のケアやきょうだいの世話等、ヤングケアラーの経験をした・している高校生~30代

注目ポイント
  • 17人に1人の割合で、家事・育児・介護を担っている子どもたちがいます。
  • ヤングケアラーだった。今も若者ケアラーだけど…。その経験を伝えたい。仲間を創りたい。
対象身分/年齢
募集人数

10名

特徴
応募画面へ進む

募集詳細

【ボランティアさん・スタッフさんにお願いしたいこと】

今、ヤングケアラーの状況にある子どもとおしゃべりしたり、遊んだりしながら、ヤングケアラーの状態から少しの時間離れられる空間を創りたいです。当事者やそれぞれの立場から運営のお手伝いをお願いします!

ヤングケアラーだけでなく、様々な困難や苦しさを抱えた若者が集います。ボランティアさんとともに、楽しい空間・自分が居ていいんだと思える空間を創っていきたいです。


【交流会の内容】

家族のケアを頑張っている。お家の人やきょうだいのサポートをしている。悩んでいることがある…。話をきいてほしい…。みんなはどうしているのかな?似ている経験をしているひとと集う会。

ユース世代の子ども・若者が気軽に過ごすことができる居場所活動。カードゲームやボードゲームをして過ごしたり、おしゃべりしたり、少し休憩したり…ボランティアさんには、そんな子ども・若者に寄り添ってもらいたいです。


【実施日】

毎週月曜日(10時から15時)、毎週土曜日・日曜日(15時から18時30分)


【実施場所】

嶺南:三方ショッピングセンターレピア内ユースセンターYupure(若狭町鳥浜60-1)

嶺北:会場を変えて行っています。


【その他】

ボランティアさんの交通費は一部補助させていただきます。

応募画面へ進む

体験談・雰囲気

特徴
応募画面へ進む

法人情報

一般社団法人みんなの居場所withふくい

“~地域が居場所の地域がいい~”
代表者

須磨 航

設立年

2018年

法人格

一般社団法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

みんなの居場所withふくいの法人活動理念

いじめや不登校など何らかの課題を抱える子どもたちに対し、適切な助言・環境調整を行い、自分らしく生きることのできる社会の実現を目指すとともに、複合的なサービスを提供することを通して、地域で互いに支え合う地域福祉の実現を目指すことを目的としています。

みんなの居場所withふくいの法人活動内容

予防的支援事業「あそびばー」・「居場所キャラバン」

子どもたちが学校区や年齢を超えて集い、のびのびと遊べる場所を創っています。


あそびと学習ひろば「子どもカフェ」

放課後、子どもたちが集い遊んだり、宿題をしたりするスペースを開いています。


マイプレイスTsubomi(フリースクール・フリースペース)・まちなか相談室

不登校や集団が苦手な子どもたちの日中の居場所として開いています。

また、しんどい気持ちを相談できる"まちなが相談室"も運営しています。


ユースセンターYupure(若者の居場所)

様々なセーフティーネットから漏れてしまう若者世代。

若者世代(中学生〜おおよそ20代)が気軽に相談したり、過ごしたりすることのできる居場所を開設しています。


ヤングケアラー支援事業

県の委託を受け、ヤングケアラー当事者がケア状態から少し離れ、ひと息つくことができる空間を創っています。

特別活動(季節の行事やお泊り会等)を通して、楽しみの経験や交流の機会も創っています。

ケアに関する相談やキャリア相談から、市町等の関係機関との連携も行っています。


学校内居場所カフェ事業

2022年から福井県で初めての高校内居場所カフェを開始し、現在は「ふくい学校内サードプレイス推進協議会」の加盟団体として、県内の中学校や高等学校において、学校内居場所カフェを開催しています。


LINE相談事業「つぶやきルーム」・電話相談事業「withふくいホットライン」

子どもたちのしんどい気持ちを聴きとり、寄り添う活動を行っています。


個別支援事業

家庭訪問や公共施設への訪問(アウトリーチ)による居場所活動・学習サポートを行っています。


活動実績

2018年
任意団体「withふくい」設立

2018年12月

2019年
予防的支援事業「あそびばー」開始

2019年04月

2020年
予防的支援事業「あそびばー」におもちゃ図書館を併設

2020年04月

LINE相談事業「つぶやきルーム」・電話相談事業「withふくいホットライン」開始

2020年04月

2021年
日中過ごせる居場所「マイプレイスTsubomi」を開設

2021年04月

放課後の子どもたちの居場所、あそびと学習ひろば「子どもカフェ」開設

2021年04月

「一般社団法人みんなの居場所withふくい」設立

2021年10月

2022年
夕刻の居場所としてトワイライトステイ事業を開始

2022年07月

県委託事業として「ヤングケアラーオンライン」を開催

2022年08月

みんなの居場所withふくいのボランティア募集

みんなの居場所withふくいの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む