1. ホーム
  2. 京都のボランティア募集一覧
  3. 京都でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 中学生への学習支援&居場所づくりボランティア募集中♪【週1回活動/東山学習会】

中学生への学習支援&居場所づくりボランティア募集中♪【週1回活動/東山学習会】

京都市ユースサービス協会
  • 活動場所

    京都 京都市[5東山青少年活動センター]

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

  • 活動頻度

    週0〜1回

基本情報

89e74f245f-istockphoto-879112276-612x612.jpg

学習支援事業は,家庭で学習環境が整いにくい中学生を主な対象として,
宿題や定期テスト・受験に向けた学習サポートをする事業です。
ここでは「東山学習会」で活動していただくボランティアを募集しています。

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

交通費支給:1,000円/回。超える場合は市内分に限り実費支給。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

「勉強の仕方がわからない」「やる気がでない」
「学校の授業についていけない」など,中学生たちの困り感は様々です。
そこで,ボランティアのみなさんには,
中学生の気持ちに寄り添いながらの学習や、
居心地のいい空間づくりのサポートをお願いしています。

参加者との関係性を築いてもらうため、
継続的に参加していただくことをこの活動では求めています。

◆東山学習会の活動時間◆
・毎週金曜日 17時45分~20時30分(年末年始・祝日除く)
・ボランティアは前後にミーティングや振り返りを行いますので、それを含めます。

◆大まかな活動の流れ◆
17:45~18:00 事前ミーティング
18:00~19:30 勉強タイム
19:30~19:45 交流タイム&学習者見送り
19:50~20:30 振り返り

◆持ち物◆
筆記用具

活動頻度

週0〜1回

募集対象

・京都市内にお住まい、または在学・在勤している大学生年代から30歳までの青少年
・活動の主旨に同意し、ルールを守って同意してくださる方

注目ポイント
  • 子どもと関われる
  • 教育に興味がある
  • ボランティア活動を始めたい
対象身分/年齢
募集人数

3名

特徴

募集詳細

◆東山学習会について◆

学習支援事業とは、家庭での学習環境が整わない中学生を主な対象として、

学習サポートをしています。拠点である「学習会」は京都市内に17カ所あり、

そのうちの一つである「東山学習会」の運営に携わっていただくボランティアを募集しています。


◆こんな人、ぜひ一緒に活動しましょう!◆

・子どもが好き

・学習者のことを真剣に考え、寄り添える

・自分自身の学びとして活動したい

・教育や福祉を目指している、関係する仕事を目指している

・理数系の勉強が得意な方、特に大歓迎です。


◆運営で大切にしていること◆

・学習会が安心して過ごせる場であることを大切にしています。

・学習者と信頼関係を築き、言いたいことを言えたり、自分の意見が尊重されたり、

自分を大切に、気にかけてくれる人がいると、学習者に感じてもらえるような場づくりを目指しています。

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

ボランティアの仲間同士で協力しながら学習会を運営しています。

特徴
雰囲気

法人情報

“若者と同じ立場に立って話をし相談にのったり、いろんな可能性を発揮できるような機会づくりをしたり、 いろんな人や価値観と触れる場づくり等”

※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

代表者

理事長 安保 千秋

設立年

1988年

法人格

公益財団法人

京都市ユースサービス協会の法人活動理念

1. 青少年が自分の本来持っている力を損なわれることなく伸ばしていけるように支援をします。

2. 青少年が問題を抱えた時や必要を感じた時に課題を自ら乗り越えたり解決していくための力を獲得できるような支援をします。

3. 青少年が市民社会の一員として参画し、役割を担っていけるための経験の機会を提供します。

4. このような課題に対するユースサービスの事業が社会的な認知を拡大していくための活動を行います。

京都市ユースサービス協会の法人活動内容

◎支援する

・青少年の社会参加促進事業

・プレイパーク事業

・青少年の居場所作り事業

・相談事業

・就労支援事業

・場所提供

◎つなげる

・指導者・ボランティア養成事業

・地域参加ののためのリーダーバンク事業

・青少年の交流促進事業

・資源を活かした協力・共催事業

◎伝える

・情報収集・提供・広報事業

・ユース・サービスの啓発

◎深める

・調査・研究

・研修事業

取り組む社会課題:『若者とともに、いまと未来をつくる』

「若者とともに、いまと未来をつくる」の問題の現状  2022/08/20更新

若者の声が大切にされていない/若者たちが主体性を形成していく機会が乏しい社会であること

「若者とともに、いまと未来をつくる」の問題が発生する原因や抱える課題  2022/08/20更新

若者の参加に関する社会の関心が乏しい。若者支援の法的根拠やアカデミックベースが乏しい。コロナウイルスによる活動の制限

「若者とともに、いまと未来をつくる」の問題の解決策  2022/08/20更新

若者の主体性が発揮しうる社会をつくる。ユースワークや第3の居場所としてのユースセンターの価値を有する場づくり、ユースワーカー養成に取り組む。

京都市ユースサービス協会のボランティア募集

京都市ユースサービス協会の職員・バイト募集