こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 滋賀のボランティア募集一覧
  3. 滋賀での環境・農業系ボランティア募集一覧
  4. 琵琶湖水中清掃

更新日:2022/09/26

琵琶湖水中清掃

海をつくる会 名古屋支部
  • 活動場所

    高月駅 徒歩57分 [西野水道] (滋賀県長浜市 西野水道ダイバー参加者は9:30集合陸上参加者は10:00集合12:30頃終了予定西野水道駐車場集合ダイバーは9日前、陸上は2日前で締切です)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

  • 活動日程

    2022/09/25

この募集の受入団体「海をつくる会 名古屋支部」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

b385b5d88d-received_5236697396419614.jpeg

ダイバーによる水中清掃
湖畔尾のクリーンアップ
参加費無料
※保険は各自で
正式な応募は、海をつくる会HP内名古屋支部ページからになります
特殊環境、特殊作業のため、activoで対応できませんので

活動テーマ
活動場所

滋賀県長浜市 西野水道
ダイバー参加者は9:30集合
陸上参加者は10:00集合
12:30頃終了予定

西野水道駐車場集合

ダイバーは9日前、陸上は2日前で締切です

必要経費

無料

※陸上参加者は保険料込300円※
ダイバー参加者は無料ですが、各自で保険加入お願いします

各自で活動場所まで移動してください、交通費などは各自ご負担ください
社協のボランティア保険、DANJAPAN対象ですが、各自で傷害保険や、賠償責任保険等かけておいてください
海会会員は、社協のボランティア保険の入会手続きこちらで可能です(300円)

ダイバー参加者へ
シリンダー以外のダイビング器材は各自ご持参ください
基本的にレンタルはありません(会員のみです)

ポイント制度導入しており、ポイントが付きます

活動日程
  • 2022/09/25
募集対象

ダイバー参加はcカード保持者(ガイドはしませんので、何らかのお手伝いが必要な方は、お手伝いしていただける方と一緒にお申し込みください)
陸上班、湖畔クリーンアップはどなたでも
※未成年者は保護者同伴でお願いします

注目ポイント
  • 普段手が届かない、水中、水際を清掃します
対象身分/年齢
特徴

募集詳細

ダイバーを中心に水辺、水中の清掃を行っています

毎週第4日曜日、琵琶湖のどこかを清掃しています(12月〜4月は除く)


西野水道は遠浅で、ダイビング初心者でもダイバー参加できます

※ショップの集客目的の清掃ではなく、ガチな清掃活動になりますので、ガイド等はいません

ガイドや何らかの手伝いが必要な方は、お手伝いをしていただける方と、一緒にお申し込みください


清掃活動以外にも生物調査、水辺環境の整備等、水に関わる活動をしています

本部は横浜にあり、活動地域は、東北〜和歌山まで、全国です

もちろん海での活動もあります

会に加入して、活動の範囲を広げてもらえれと幸いですが、単発参加もできます

お待ちしています

  • a42704d512-received_348464480783711.jpeg
  • 98445f413d-received_1434972483612856.jpeg
  • d1dffec7c0-received_404934471597004.jpeg
  • 7ba2cd2bc0-MVIMG_20220724_091033.jpg
  • 54251752ac-IMG_20220820_073733.jpg
  • 3fa62e75af-IMG_20220724_085442.jpg

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

落ち着いた雰囲気です

特徴
雰囲気
男女比

男性:70%、女性:30%

  • a8ccd1ff9e-received_969915173675991.jpeg
  • f29eee30df-received_496194018617517.jpg

団体情報

“子ども達に残したい海”
代表者

藤本 良美

設立年

1981年

法人格

任意団体

海をつくる会 名古屋支部の団体活動理念

水中環境は危機的状況です

なんとかしたいのです

海をつくる会 名古屋支部の団体活動内容

海、湖、川等水辺、水中の清掃

産卵床設置、アマモ場造成等の水中環境の整備

生物調査

水中作業

取り組む社会課題:『ゴミ拾い』

「ゴミ拾い」の問題の現状  2022/07/11更新

例えば、水上で行われる花火大会

大会の後、陸上はボランティア等で清掃されるが、水中までやることはない

拾いに行ける人が限定的

「ゴミ拾い」の問題が発生する原因や抱える課題  2022/07/11更新

半永久に残り続ける素材で、ほとんどの物がつくられている

そのゴミがあり続ける事で、ヘドロの蓄積、水質の悪化、生物への影響が深刻

一般の人達のゴミ問題への認知が高まってきて、ゴミ拾いを等の活動を始める人は増えたものの、水中は見えないこともあり、ゴミ拾いをする事が殆ど無い

「ゴミ拾い」の問題の解決策  2022/07/11更新

水中の現状を訴え、水中を見たことがない人たちにも現状を知ってもらう必要がある

見える所だけでなく、見えない所の掃除も必要という意識を持ってもらいたいです

活動実績

2012年
緑綬褒章

2012年

その他多数の受賞実績あります

メディアへも多数出場実績あります(新聞、ラジオ、報道テレビ番組各種、やばいゴミ全部捨てる、神奈川県ローカル番組等)


2022年

2022年

清掃や生物調査、環境整備だけでなく、活動するためのスキルアップトレーニング(プールトレ、海トレ)も、積極的に開催しています

2022年

年間活動数は、50回以上になります

海をつくる会 名古屋支部のボランティア募集

海をつくる会 名古屋支部の職員・バイト募集