こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 宮城のボランティア募集一覧
  3. 宮城での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 小泉海岸でトライアスロン大会🏃運営ボランティアスタッフ募集中!

更新日:2022/07/13

小泉海岸でトライアスロン大会🏃運営ボランティアスタッフ募集中!

三陸復興観光コンシェルジェセンター
  • 活動場所

    陸前小泉駅 徒歩22分 [小泉海水浴場]

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

この募集の受入団体「三陸復興観光コンシェルジェセンター」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

00bd0ff969-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_main.jpg

東日本大震災で大津波が押し寄せた宮城県気仙沼市にある小泉海岸で、初めての試み【トライアスロン大会】!運営スタッフのボランティアを募集しています!あなたの力で小泉地区をもっと笑顔に!もっと元気に!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

現地までの交通費は各自ご負担をお願い致します。

活動日程

トライアスロン大会の実施は24日になります。

募集対象

*からだを動かすことが好きな方!
*大会には出ないけど、スポーツ大会の運営に関わりたい方!
*小泉地区の地域貢献に携わりたい方!
*地域活性・町おこしに関心がある方!
*ボランティアをしたいけど何からすればよいか迷っている方!(ボランティア初心者も大歓迎です!)
*何か周りの人と協力して取り組むことが好きな方!

注目ポイント
  • 小泉海岸でトライアスロン大会→初めての取り組みです!
  • 誰かの役に立ちたい、地域の町おこしに携わりたい方必見!
対象身分/年齢
特徴

募集詳細

宮城県気仙沼市本吉町にある小泉海水浴場。

震災以前は、沢山の家族連れや、遠方から来るサーファーでにぎわっていました。🏄👪

地元の方もジョギングをしたり散歩をしたり…多くの人たちが訪れる場所だったのです。そしてみんなから愛されている海です。

けれど、2011年3月の東日本大震災で、大きな津波が押し寄せ、小泉地区は甚大な被害を受けました。


それからはずっとここの海水浴場は閉鎖されていましたが、

震災から9年経った2019年の夏、ついに再開しました!


今では宮城県で一番高い防潮堤がたっています。でも、ただの壁ではありません!

この防潮堤は、地元住民の方との話し合いを重ねて長い年月をかけて建てられたもの。


「海と生きる」


津波で色んなものを奪っていった海だけど、同時に海の幸などの沢山の恵みももたらしてくれる海。

こうして今も変わらずに沢山の人から愛されている小泉海岸です。


そんな小泉海岸で、今年の9月!トライアスロン大会が開催されます!🏊🚴🏃👏

震災から11年目に入り、風化も見受けられますが、小泉地区にたくさんの元気と笑顔を!このトライアスロン大会を通して一緒に届けませんか!?



  • c8898df2ad-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_sub1.jpg

    小泉海岸

  • de24a1feed-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_sub1.jpg

    小泉海岸 看板

  • bbaa5ed2f9-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_sub1.jpg

    震災前の小泉海水浴場

  • 70e144c914-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_sub1.jpg

    小泉海岸の堤防と海

  • f23800fda8-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_sub1.jpg

    今年5月の小泉海岸にて

  • 44e3c40c58-singly_communitydevelopment_recruiting_89347_sub1.jpg

    今年5月の小泉海岸にて

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

団体情報

三陸復興観光コンシェルジェセンター

“https://uminomieruinochino.wixsite.com/mysite”
代表者

後藤一磨

設立年

2016年

法人格

任意団体

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

三陸復興観光コンシェルジェセンターの団体活動理念

東日本大震災で被災した宮城県本吉郡南三陸町の町民有志による『海の見える命の森』は2016年にスタートしました。この森は我々が本震災を通じて『学んだ事』『後世に伝えねばならない事』『祈りたい事』『残したい風景』を伝える場所として整備を開始しました。

本震災で生きることの根底には自然の支えがある事を学びました。南三陸町は分水嶺を境に山と海に囲まれた町で1次産業を基幹とする地域です。そしてこの森の立地は、人間はこの自然の中でのどの様に生きていくべきか?を考える絶好の地理環境にあります。

こうした場所に震災を伝え・考える場所を創生する利点は下記の三点に集約されます。

第一に志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は、震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境である事、小・中学生の"総合学習"や、高校生・大学生の"地域社会との連携教育"や"地域に根ざした学習活動"が可能な『総合的な学習の場』である事です。(伝承の場創出)

第二に台地上の展望に桜や紅葉などの植物を計画的に植樹育成することで、自然に人が訪れたくなる絶景の創出が可能である事です。(絶景観光資源)

第三に上記の二点を踏まえて本震災において亡くなられた方々の御霊に祈りを捧げるのにふさわしい場所になり得る事です。

以上の点から我々はこの森を有志とボランティアとの手作りで整備しています。最終的にこの場所を桜と海の絶景として整備することができれば、世代を超えて南三陸に風景という資産と被災伝承の想いを残すことができると考えています。

本震災から我々が得た学びと気づきは後世への大切な資産であり、その伝承は当世代の重要な責務です。その意味合いから、この森に人々が集い継続的な活動に必要不可欠な小屋を是非建設したいと考えています。皆様が賛同され資金を捻出し目的を達成すべくお願いいたします。

•沢山の被災者を受けいれ東日本大震災の1000年に一度の教えを風化させないために継続的な語り部バス運行や自然との共生できるまちづくりとして真の復興に尽力している南三陸ホテル観洋と南三陸町民有志で構成された実行委員会です。


三陸復興観光コンシェルジェセンターの団体活動内容

志津川湾の中央に位置する展望に優れた森を整備し、新たな慰霊と伝承の場所を創生する『海の見える命の森創り』は2016年にスタートしました。本企画は震災伝承と慰霊の場所そのものを『桜と海の絶景』として計画的に創生することにより、震災伝承の補助をし、絶景が呼び込む交流人口の増加などを狙い企画いたしました。2018年度は3年目に入り、2017年度設立された南三陸ホテル観洋と南三陸町民有志で構成された海の見える命の森実行委員会が組織されました。観光客の方や、子ども達の環境学習の場としても気軽に訪れられる海の見える森とし、散策路のコースを整備拡充には尽力できました。更に今年度はたくさんの人が集まるために必要不可欠な拠点施設、自然にやさしいバイオトイレの設置、地元素材に拘った天然小屋等の拠点施設の整備をし利便性を高めつつも観光エコの推進も視野にいれて活動を展開したい。

活動実績

2016年
宮城県南三陸町に町民有志により海の見える命の森創りがスタート

2016年04月

■2016年4月~2017年3月

●海の見える命の森整備ボランティアプログラム開始年間1200名参加

●3.11桜植樹活動、森散策路整備活動、桜植樹用地伐採活動


■2017年4月~2018年3月

●海の見える命の森整備ボランティアプログラム二年目年間1800名程度参加

●3.11桜植樹活動、森散策路整備活動、桜植樹用地伐採活動

●命の森バイオトイレ設置作業準備


■2018年4月~2019年3月

●海の見える命の森整備ボランティアプログラム三年目年間1400名程度参加

●3.11桜植樹活動、森散策路整備活動、桜植樹用地伐採活動

●命の森バイオトイレ設置、手作り小屋設置

●ミャンマーから東日本大震災慰霊の大仏プロジェクト発足


■2019年4月~2020年3月

●海の見える命の森整備ボランティアプログラム四年目年間1600名程度参加

●3.11桜植樹活動、森散策路整備活動、桜植樹用地伐採活動

●減災体験伝承プログラム用の炊事場にセルフビルド掘立小屋ボランティア500名と2年間かけて

設置※全て完成は2021年7月

●減災体験伝承プログラム用の炊事場にボランティアとピザ窯創り設置

●減災体験伝承プログラム用の炊事場にボランティアと竈創り設置

●海の見える命の森手作り小屋準備開始※クラウドファンディング準備開始

●ミャンマーから東日本大震災慰霊の為に大仏設置、建立

■2021年4月~2021年8月

●海の見える命の森整備ボランティアプログラム5年目現時点で500名程度参加進行中

●減災体験伝承プログラム用の炊事場にセルフビルド掘立小屋ボランティア500名と2年間かけて

設置※全て完成は2021年7月

●自助共助体験伝承プログラムしてピザ窯、竈を使用して避難所訓練熱源プログラム開始

●自助共助体験伝承プログラムとしてセルフビルド井戸創り開始

●自助共助体験伝承プログラムとして海の見える命の森小屋創りボランティア80名と設置

※全て完成は2023年3月




三陸復興観光コンシェルジェセンターのボランティア募集

三陸復興観光コンシェルジェセンターの職員・バイト募集