こちらの海外プログラムは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. カンボジアの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. カンボジアでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. SMILEJPのカンボジアKAERUスクール 2期

更新日:2013/11/26

SMILEJPのカンボジアKAERUスクール 2期

SMILEJP Co.,Ltd.
メインビジュアル背景画像

この募集の受入企業「SMILEJP Co.,Ltd.」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

一生の思い出に残る経験を!いのちをいただく体験も行います!

活動テーマ
活動場所

カンボジア(プノンペン・シェムリアップ)

必要経費

学生88,000円
※(2013年12月末までのお申込みは、1万円割引)

【 参加費用に含まれるもの 】
カンボジア滞在時の交通費、宿泊費、食費(ドリンク代はのぞく)、遺跡や施設の入場料
日本語ガイド手配料、孤児院、農村への支援金

【 参加費用に含まれないもの】
観光VISA代金(空港にて取得可能:20$)、航空券代金、海外旅行保険加入料、
カンボジアに来るまでの交通費・飲食費等、カンボジアから日本に帰るまでの交通費・飲食費等、お土産代やマッサージ等の娯楽費

募集対象

自分のやりたいことがわからない方。海外に興味がある方。

注目ポイント
  • ・ウルルン滞在!農村ホームステイで現地の生活を体験
  • ・孤児院ボランティア体験で子どもたちと交流
  • ・現地にて極秘ミッションに挑戦

募集詳細

スケジュール

1日目 カンボジア・プノンペン集合  ※(空港送迎あり)2日目 【Lesson1】カンボジアの歴史を学ぶ・オリエンテーション・キリングフィールド見学・トゥール・スレン虐殺博物館見学3日目 プノンペン→シェムリアップ移動シェムリアップ市内観光 4日目 【Lesson2】異文化交流体験・現地にて極秘ミッションに挑戦!・孤児院にてボランティア体験、子どもたちと交流 5日目 【Lesson3】ウルルン滞在!食育体験・ラピュタのモデル?! ベンメリア遺跡観光・SMILEJP Farm(農村)訪問/見学・いのちをいただくBBQ・村人の生活を体験!高床式住居にホームステイ 6日目 【Lesson4】総まとめ・総まとめ ふりかえり・アンコールワット観光・ナイトマーケットにて買い物 7日目  カンボジア・シェムリアップから帰国 ※(空港送迎あり) 宿泊場所:Frangipaniグループ、タ・プロームホテル、ダイアモンドホテル等の同等クラスより手配予定 

KAERUスクールの特徴

  • ・首都プノンペンと、シェムリアップ2都市を訪問
  • ・カンボジアの歴史や文化を学習
  • ・カンボジア孤児院で、海外ボランティア体験
  • ・英語が全く通じない市場で異文化コミュニケーション
  • ・田舎の農村でウルルン滞在ホームステイ
現地の生活や文化を体験できるハラハラ!ドキドキ!の授業が目白押し(笑)現代の日本では、インターネットや書籍など、知識として情報を仕入れることはいくらでもできるでしょう。 けれども、重要なことは、他人の情報ではなく、自分の心がどう感じるか?世の中、自分でやってみないとわからないことばかりです。KAERUスクールでは、なによりも、自ら体験することを大切にしています。

体験談・雰囲気

この海外プログラムの体験談

Q1.「なんで、KAERUスクールに参加されたんですか?」まりりんさんA1.「なんとなく、たまたまです(笑)」テレビで、カンボジアSMILEJPのことが紹介されていて、それがキッカケでカンボジアに行きました。Q2.「カンボジア渡航前に不安はありましたか?」風見 穏香さんA2.「本当に不安がいっぱいで、遺言に近い日記を残して行きました。でも、実際行ってみて、(日本で得ていた情報が)バカらしくなりました」私の初海外がこのSMILEJPのカンボジアツアー(旧 KAERUスクール)でした。行く前はたくさんの周りの人に「カンボジアは地雷がいっぱいで危険だ」「カンボジア行って病気になった」「治安が悪い」など悪い評判ばかり聞き、本当に不安でいっぱいで、もはや遺言に近いような日記をmixiに書いたのを覚えています。でも、行ってみてそんな言葉が本当にバカらしく思えました。英語も全くしゃべれない私でしたが、噂とは裏腹にカンボジアには今の日本人が忘れかけている「助け合い」や「暖かさ」が溢れていました。カンボジアの人々はどんなときも笑顔で「ありがとう」とほとんどの人が穏やかに接してくれたのが印象的でした。Q3.「カンボジアで学んだことはどんなことですか?」萩野 由之さんA3.「知ることの大切さ」です。知る → 行動する → 体験する → そして、また「新たなことを知る」という好循環が生まれると思います。知ることによって、さらに「いろいろやってみたい」と意欲が湧いてきました。これこそが、人間の“成長”なんだと思いました。Q4.「カンボジアのボランティア体験はいかがでしたか?」石井 一輝さんA4.ボランティアというと、「こちらが何かを一方的に与える」というイメージがあったのですが、全然違いました!日本でイメージしていた貧しくて可哀そうな子どもはいませんでした。むしろ、英語が話せたり、笑顔が素敵で、とても元気で、「(日本人より)この子たちの方が幸せなんじゃないか?」と思うほどでした。カンボジアには、ボランティアで来る方もたくさんいると聞きます。けれども、大切なことは一時的な援助ではなくて、「支援を続けること」という話も、ボランティア体験時に聞くことができました。「本当のボランティア(支援)」は、難しいなぁ‥‥と、痛感しました。

この海外プログラムの雰囲気

日本の「あたりまえ」が全く通用しない国カンボジアで、一生の思い出に残る体験をします。楽しいだけではなく、「仕事」「お金」「幸せ」など、人生で大切なテーマについても考えていきます。何でも簡単に手に入り、どこに行ってもキレイで快適で便利な国、日本。一方、物質的豊かさはないものの、毎日楽しそうに暮らしている国、カンボジア。日本で「あたりまえ」に手に入るものも、当然のように、カンボジアには存在していません(笑)日本で「あたりまえ」とされてきた決まり事も、当然のように、カンボジアでは無視されます(笑)環境が変わるだけで、取り巻く状況は大きく異なります。そんな日本とは全く異なる環境で、自分がどう感じるか?自分のやりたいことは、どんなに考えてもわかりません。頭で考えるのではなく、自分の足を動かし、目で見て、肌で感じて、心が揺さぶられて、初めてわかるもの。山のふもとから、どんなに山頂のことを考えてもわかりません。登頂したときの達成感や、山頂から見る朝日の美しさは、山を登ったことがある人にしかわからないのです。社会が大きく変わっている現代。日本にもIT化やグローバル化の波が押し寄せ、世界各国の人と関わる機会も倍増します。 国籍も、文化も、価値観も、全く違う人たちと働く人も増えてくるでしょう。だからこそ、私たちは、できるだけ全く異なる環境に身を置き、全然違う文化や価値観に触れることが、これからの人生に必ず役に立つと考えています。Don't think. Feel!!!ただの観光では経験できない、現地の生活や海外ボランティア体験を通して、 日本では絶対できない一生の思い出に残る体験を。環境を変える、自分を変える、人生を変える!

雰囲気

企業情報

代表者

山田史織

法人格

株式会社・有限会社・合同会社

SMILEJP Co.,Ltd.の企業活動理念

カンボジアで、悪戦苦闘しながらも、海外で働く楽しさ(セカ就)を発信しています!

SMILEJP Co.,Ltd.の企業活動内容

☆主催者について☆Director 山田史織      法政大学法学部卒業。英語もできず養豚も未経験ながら、カンボジアで起業。日本では普通のOLを5年間経験し、いきなりカンボジアに乗り込み周囲を驚かせたクメールなでしこ。山田史織のカンボジア起業日記:山田史織のFacebook:山田史織のTwitter:【メディア掲載実績】NHK BS1スペシャル 「アジアで花咲け なでしこたち」(奮闘編・成長編)フジテレビ系列 情報番組新春特番 「日本の底力!セカ就する若者たち」日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)エッセイ集「フロンティア・フォーラム」

SMILEJP Co.,Ltd.のボランティア募集

SMILEJP Co.,Ltd.の職員・バイト募集