1. ホーム
  2. 滋賀のボランティア募集一覧
  3. 滋賀での福祉・障がい・高齢者系ボランティア募集一覧
  4. 【未経験者歓迎】パラドラゴンボートチーム メンバー募集

【未経験者歓迎】パラドラゴンボートチーム メンバー募集

超越龍舟研究所

基本情報

39c94de659-245437848_4535197966524015_3176788347024961875_n.jpeg

障害の有無に関わらず、12人が同じボートに乗って、同じルールのもとで、一般チームとの競技に臨める「究極のインクルーシブスポーツ」であるドラゴンボートのチームメンバーを募集しています。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 1,000円

練習参加費用として、毎回1,000円をいただきます。
この費用には、施設利用料(ロッカールーム・シャワー)・パドル&ライフジャケットレンタル費が含まれます。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

毎週日曜日の午前中に練習会を開催しています。
また年2〜3回、関西圏で開催される試合に出場します。

活動頻度

週0〜1回

募集対象

年齢・性別・国籍・スポーツ経験の有無・障害の有無…など、一切不問です。

注目ポイント
  • 水上スポーツ未経験者でも、すぐに漕げるようになります。
  • 障害の有無に関わらず、誰でもチームに参加できます。
  • 日本代表として国際大会に出場するチャンスがあります。
対象身分/年齢

募集詳細

ドラゴンボートとは?

中国発祥のニュースポーツ ドラゴンボートをご存知でしょうか?

日本ではまだまだ知名度が低いですが、発祥の地である中国から世界中に広がり、現在では東南アジア・欧州・アフリカ・オセアニアの30カ国以上に広がり、競技人口1,000万人以上を誇る人気スポーツとなっています。


ドラゴンボート最大の魅力は、漕手全員がリズムを合わせて漕ぐことができたとき、ボートのスピードが一気に上がることが感じられる一体感です。

先頭に座る太鼓手がチーム全体の"司令塔"となり、ボートを漕ぐリズムの速さや力の入れ具合を全員に伝える。

チームスポーツとしての魅力が詰まった競技です。



インクルーシブスポーツとして…

■ 性別

国際ドラゴンボート連盟(IDBF)が定める国際統一ルールでは、「Open:漕手の性別制限なし ※男性で構成されることが多い」「Woman:漕手全員が女性」「Mixed:漕手が男性・女性同数」と、男性・女性いずれも平等に参加できるカテゴリーが設けられています。


■ 年齢

国際ドラゴンボート連盟(IDBF)が主催する国際大会では、「漕手全員が14歳以下の部門<Junior C>」から「漕手全員が60歳以上の部門<Senior C>」まで、幅広い年齢層の選手が参加できるカテゴリーが設定されています


■ 障害

ドラゴンボートは、「視覚に障害があっても、太鼓の音を聞けば漕ぐリズムが分かる」「聴覚に障害があっても、他の漕手の動きを見れば漕ぐリズムが分かる」「四肢に障害があっても、身体全体を活用すればボートを漕げる」「知的・精神障害があっても、仲間がサポートして一緒に漕げる」…という特徴があるため、障害者を中心に構成されるチームが一般の大会に出場して、互角に渡り合っている事例が世界に多数存在します。


2019年にタイで開催された第14回 ドラゴンボート世界選手権にて、初めてパラドラゴンのカテゴリーが設定され、

フィリピン代表が初の金メダルチームに輝きました。

ただしこの大会でパラドラゴンに出場したのがフィリピン1カ国のみ。

ドラゴンボートにおけるパラカテゴリの歴史は、まだ始まったばかりです。



超越龍舟の挑戦

日本初となるパラドラゴンボートチームとして、超越龍舟は"新しい一歩"を踏み出しました。


現在のメンバーは9人。

漕手10人+太鼓1人+舵取1人=12人が必要となる「スモールドラゴンボート」の試合に出場するため、新しいメンバーを募集しています。


毎週日曜日の午前中、滋賀県大津市のオーパルで練習会を開催しています。

まずは一度、体験参加として一緒に練習をしていただき、興味を持っていただけたら、徐々に練習参加回数を増やしたり、試合に参加していただければと思っています。


  • 956ddf93af-LINE_ALBUM_20220403_220502.jpg

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

団体情報

代表者

緒方 大輔

設立年

2018年

法人格

任意団体

超越龍舟研究所の団体活動内容

ドラゴンボートというスポーツをご存知ですか?


10m以上ある大きなボートに、漕手 20人・号令役 1人・舵取 1人の合計22人ボートに乗り込んで、直線200m・500m・1,000mなどを漕ぐタイムを競います。

日本ではまだまだ知名度が低いですが、発祥地である中国を中心に、アジア・欧米まで世界中に競技者がいます。


そしてこのドラゴンボートという競技は、聴覚・視覚・下肢に障害があっても、健常者と同じルール・同じ環境で参加できる"究極のインクルーシブスポーツ"という特徴を有します。

実際、海外では視覚障害者や聴覚障害者を中心に構成されるチームが健常者と同じ試合に出場し、上位進出するケースが少なくありません。


超越龍舟研究所は、「日本初の障害者ドラゴンボートチームの設立」を目指し、安全性の確保や障害者の特徴を踏まえたトレーニング方法などを研究していくために設立しました。

超越龍舟研究所のボランティア募集

超越龍舟研究所の職員・バイト募集