こちらのボランティアは応募受付を停止しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【残り数名!】ラクガキで子どものワガママを育み、場づくり力をゲットしちゃおう!

更新日:2022/04/06

【残り数名!】ラクガキで子どものワガママを育み、場づくり力をゲットしちゃおう!

WaQ!!!
  • 活動場所

    渋谷駅 徒歩9分 [渋谷区渋谷], 国際展示場駅 徒歩3分 [Panasonic Center Tokyo, 3-有明 江東区 東京都 日本] (ワークショップ(土日中心)は子ども向けクリエイティブミュージアムや百貨店さんなど、回によって異なる場所で。それ以外の打ち合わせ等は渋谷駅徒歩5分のオフィスやオンラインで実施しています。)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

  • 活動頻度

    応相談

2022年12月05日に応募受付を再開予定です。
この募集の受入団体「WaQ!!!」をフォローして、
応募受付を再開した時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

b3b0195c09-member_children_recruiting_87758_main.png

【参加無料・学生歓迎】【ラクガキしようぜ】ラクガキで子どもたちはワガママになれる。そんな仮説を信じて、一緒に場づくりのプロを目指しちゃいませんか?あなたの「やりたい」を大切に、おもろいことしましょう!

活動テーマ
活動場所

ワークショップ(土日中心)は子ども向けクリエイティブミュージアムや百貨店さんなど、回によって異なる場所で。それ以外の打ち合わせ等は渋谷駅徒歩5分のオフィスやオンラインで実施しています。

必要経費

無料

交通費全額+αの謝礼アリ

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

子どもたちと関わるワークショップは月に1,2回程度です。
もし企画やクリエイティブなどにもチャレンジしたい(大歓迎すぎます)という場合は、週に1度ほどの想定です。

活動頻度

応相談

まずはワークショップ当日を一緒につくれたらと思っていますが、関わり方は一緒に考えていきましょう。できる/できないではなく、「やりたい」重視でいきましょう。

募集対象

■教育に関心がある方
■場/雰囲気づくりに興味のある方
■企画運営の経験を積みたい方
■様々な価値観に出会い、自分自身も成長したいと考えている方
■アートやクリエイティブに興味がある方
■明るく、好奇心が旺盛な方
■人/子どもと接するのが好きな方
■子ども心を忘れずに、純粋に不思議を楽しむ事が好きな方
■決められた正解ではなく、答えのない問いを楽しめる方
■多角的な視点で物事を見たり、色々なことの興味が持てる方
■疑問に対して、追求して考えていくのが好きな方
■チャレンジ精神旺盛な方

現在のメンバーには、教育/コミュニティ/建築/演劇/デザインなどあらゆるバックグラウンドの大学生(東京藝術大学、法政大学、明治大学、敬愛大学、武蔵野美術大学など)、高校生、現職の幼稚園教諭、小学校教員、子供向けの民間企業の方などがいます。男女比は男性30%、女性70%ほど、平均年齢は21歳です。

注目ポイント
  • 場のデザイン、子どもたちとの並走のプロになれます
  • 参加無料(交通費支給)、土日のみ参加、学生大歓迎
  • スキルよりも人柄や向上心を大切に
対象身分/年齢
募集人数

2名

特徴

募集詳細

はじめまして!WaQ!!!(ワック)と言います。

この度は見つけてくれて、そして興味を持ってくれてありがとうございます。

あなたと活動できる日を、楽しみにしています!


終了後に撮った、参加してくれた人たちとの1枚


ーはじめに

自分自身が考えていること、感じていること、妄想していること。

それを言葉で誰かに伝えることはなんだか恥ずかしい。


でも、もし "ラクガキ" だったら?

上手い/下手も、正解/不正解もない安心感のある空間の中で、みんなで思いきりラクガキをして、それを伝えて、認め合って。そしたらきっと、今より少しだけ自信を持てて、優しくて、温かい人が増えると思いませんか?


私たちWaQ!!!は、そんな体験を子どもたちへ届けています。ぜひ一緒に、ワガママしちゃいませんか?


実は親御さんの参加も必須にしてます。子供にとって一番影響を受ける存在だからこそ、ワガママの美しさを見届けて欲しいんです。


ーWaQ!!!について

「社会をちょっぴりワガママに、」をモットーに、ラクガキを通じて子供たちを中心に人々の"ワガママ"を開花させる、Z世代による教育×クリエイティブユニットです。2021年7月に発足し、教育/コミュニティ/建築/演劇/デザインなどあらゆるバックグラウンドをもとに集う大学生、高校生、若手の保育士さんや学校教員などで活動を行っています。「ワガママ=自分勝手で迷惑な人」というアタリマエを破壊し、人々が意志を持ち続けられる社会の実現を目指します。今回メインで募集をしている子ども向けラクガキプログラムをはじめ、大学生/社会人向けワークショップ、展示会やPOPUPの企画など、ラクガキを起点にあらゆる方面へワガママの種を届けています。


イベント中ははじけたモードで、その裏にはしっかりモードも。


ーそもそも"ワガママ"ってなんなのさ?

"ワガママ" という言葉を聞いて、皆さんはどんな様子を思い浮かべるでしょうか?

辞書によると「他人や周囲などの都合や事情を考えずに、自分勝手に振舞ったり発言したりすること。」となっています。ですが私たちWaQ!!!は、ワガママとは "自らの可能性を信じ、それを広げようとし続けている状態" であると考えています。

自らを認めて、愛することができる。意志を持ち、前のめりに生きられる。

そんな力こそ、これからとても大切になってくることなのではないでしょうか。

「ワガママは悪いこと」「みんな同じがアタリマエ」

そんなこれまでの常識を破壊して、"ワガママ" で溢れる社会を生み出していきます。

みんなワガママでいいんだぞ!!!


何をしているのか

今回あなたと一緒にやりたいことは、子どもたち向け(小学生が多いです)ラクガキワークショップの企画運営です。

ラクガキを通じて「自分の考えを表現する体験」を届けて、ワガママの種を生み出します。自分らしさを思いっきり表現し、それが他の人や社会から認められる経験を。またそこで生まれた作品は、なんとその場でTシャツにプリントされます。自分自身で自己表現を身に纏うことで、ちょっぴり自分に自信を持てるように。そんな体験をデザインし、"ワガママ" であることの価値を伝えます。


教育実習などとはまた違う、同じ目線での並走役になれます。


ーこんなことができます

●子ども向けワークショップ運営、ファシリテーション

●様々なプログラムの企画開発

●WebやSNS等の広報

●イベントレポート作成(ライティング、写真撮影、動画編集などなど)

●魅力を伝えるためのデザイン制作

●ワガママの輪を広げるための様々な企業/団体をつなげるコーディネート

など

※できる/できないではなく「やりたい」を大切にしつつ、理想の関わり方を一緒に考えていきましょう!


最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

あなたのご応募を、お待ちしています!!!

  • 856bad5a97-S__2990099__1_.jpg

    ワイワイガヤガヤ

  • 7b7535601f-_WaQ___.jpg

    描いた作品は、その場でTシャツに!

  • 0c7912413d-IMG_6431.JPG

    「君の作品のイチオシは?」

  • 514fd65144-IMG_6657.JPG

    完成したTシャツをプレゼントする瞬間

  • c4051db6bc-IMG_6488_2.JPG

    みんなでTシャツ完成の瞬間を待ちます

  • 9ceae3f5cc-IMG_6594.JPG

    参加してくれた仲良し3人組

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

Tシャツが完成したときの子どもたちのキラキラとした笑顔、そしてその笑顔を見て笑顔になる親御さんの様子を見て、参加させて頂けて本当に良かったなと心の底から思いました。笑顔の連鎖が自然と起こる素敵な空間で、大好きな子どもと触れ合いながら終始楽しく活動することができました。子ども達や親御さんから「ありがとうございました!」や「楽しかった!また来るね!」等、ありがたいお言葉を頂き、やりがいを強く感じられました。

(21歳女性・教育大学生)

ーーー

子ども自身がこだわった点にこちら側が気づいて声を掛けることで、子どもにとって気づいてもらえたことの嬉しさや認めて貰えたという感覚に繋がり、距離も縮まることを感じました。もちろん、迷ってる時にアドバイスをしたり一緒に考えてみることも大切にはしていきたいですが、子どもたちが自由に感じて描いたもののこだわりなどに気づき、個々を伸ばしていけるような声掛けをしていけたらいいなと感じ、より一層子どもとの関わりに楽しさを感じました。

(22歳女性・幼稚園教諭)

ーーー

子供達が迷いなくスキを描いて、それぞれができた作品を楽しんだり否定せずに受け止めている空間がとても素敵だなと思いました。私は大学の制作の中で必ず作った作品を良くも悪くも評価させるので、こうやってスキを貫いてそれを肯定してくれる人や環境があることは本当に本当に貴重でもっとあるべきだよなぁ…と改めて感じました。子供達の姿から色々学ぶことも多かったし、自分も子供達の意思を止めずに色々とお話できる体験出来て嬉しかったです!!運営側も初めてだったので色々と勉強になりました。

(22歳女性・美大生)

このボランティアの雰囲気

こんな感じで、ワイワイとやってます。

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:30%、女性:70%

  • de60278401-Medium_IMG_6545__1_.jpg
  • b431675156-IMG_6142.JPG
  • 08efb23a84-IMG_6397.JPG
  • 493c609233-LINE_ALBUM_220406.jpg

団体情報

“ラクガキで、人はワガママになれる。”
代表者

安田舜

設立年

2021年

法人格

任意団体

WaQ!!!の団体活動理念

「社会をちょっぴりワガママに、」をモットーに、ラクガキを通じて子供たちを中心に人々の"ワガママ"を開花させる、Z世代による教育×クリエイティブユニットです。2021年7月に発足し、教育/コミュニティ/建築/演劇/デザインなどあらゆるバックグラウンドをもとに集う大学生、高校生、若手の保育士さんや学校教員などで活動を行っています。「ワガママ=自分勝手で迷惑な人」というアタリマエを破壊し、人々が意志を持ち続けられる社会の実現を目指します。子ども向けラクガキプログラムをはじめ、大学生/社会人向けワークショップ、展示会やPOPUPの企画など、ラクガキを起点にあらゆる方面へワガママの種を届けています。

WaQ!!!の団体活動内容

ラクガキをとにかくさせてます。

活動実績

2021年
WaQ!!!、誕生

2021年07月

これからの100年をつくる、U35若手リーダーによるチームに採択

2021年07月

ただのラクガキイベントから、その場で描いた作品をプリントする形に進化

2021年11月

Panasonic社の子ども向けミュージアムでプログラム実施スタート

2021年12月

サステナブルな取り組みを行う絵の具/Tシャツメーカーと協働開始

2021年12月

2022年
累計の参加者が300名を突破!

2022年01月

百貨店「セレオ」さまでのプログラム実施開始

2022年04月

WaQ!!!のボランティア募集

WaQ!!!の職員・バイト募集