1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪での環境・農業系ボランティア募集一覧
  4. 大手新聞社に紹介された、食べ物について考える、異業種交流の多い農業ボランティア

更新日:2022/03/07

大手新聞社に紹介された、食べ物について考える、異業種交流の多い農業ボランティア

NPO法人くじらのペンギンハウス
  • 活動場所

    大阪 (岸和田市土生滝町JR東岸和田駅、南海岸和田駅よりバス、北坂口バス停、徒歩5分。駐車場有り岸和田市土生滝町2188)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1日限り)

基本情報

3bfd1ba080-IMG_3345.JPG

関西の都市圏から、日帰りでNPO活動に参加。援農ボランティアで得られた収益は、若手アスリートや一人親世帯の子どもたちのために活用されています。みんなで、わいわい交流しながらの楽しい活動にぜひあなたも!

活動テーマ
活動場所

岸和田市土生滝町

JR東岸和田駅、南海岸和田駅よりバス、
北坂口バス停、徒歩5分。駐車場有り
岸和田市土生滝町2188番地

必要経費

無料

集合、10時30分、17時終了
季節、天候により終了時間は早まります。
6時間コース参加で、
無料でお弁当が支給されます。

活動日程

随時活動(活動期間:1日限り)

募集対象

ボランティア初挑戦の方
誰でも簡単に出来る作業の活動をしてみたい方
食べものについて考えてみたい方
畑活動に挑戦してみたい方

注目ポイント
  • 毎回、交流が盛んなボランティア活動で社会の様々な人とわいわい活動しています。
対象身分/年齢
募集人数

10名

特徴

募集詳細

朝日新聞で活動が紹介されました。


令和3年12月10日


  • 558d6ab96f-IMG_2350.JPG

    みんなで、近況報告をしながらのボランティア活動

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

食べ物がどのように作られているのか、

日本では、どのような人が農作業に携わっているのかなど、

生きていくために必要な食べ物のことについて考えながら、

活動をしています。

農産物の販売で得られた収益で、若手アスリートを応援したり、一人親世帯や施設の子ども達の応援を行っています。

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

  • b096a13e31-BCZZ4553.JPG

    フルーツ人参の収獲

  • IMG_2091.JPG

法人情報

NPO法人くじらのペンギンハウス

“住み家をなくしたペンギンがくじらの上で生活をしていた。そんなあってはならない事を実現させないために、くじらのペンギンハウスは生まれました。”
代表者

代表理事 花野 眞典

設立年

2021年

法人格

NPO法人

くじらのペンギンハウスの法人活動理念

住み家をなくしたペンギンがくじらの上で生活をしていた。

そんな、あってはならないことを実現させないために、

くじらのペンギンハウスは生まれました。


農産物を成長させるだけでは無く

お客様と未来ある若者たちの

大切な心と身体も育みます。


食と人のかけ橋 くじらのペンギンハウス


くじらのペンギンハウスの法人活動内容

現在、大阪府下において(特に泉州地域)、農業サポーターを募集しています。



全国的な農業従事者の高齢化により、
今後、遊休農地や耕作放棄地が増加することが、見込まれます。


大阪府下においても同様であり、次世代の農業を担う若手農業者に対して、
円滑に農地管理の世代交代を行っていかなくてはなりません。



しかしながら、若手農業者の絶対数が少なく、引き継ぎが間に合っていないのが現場です。

そこで、次世代の農業者が育つまでの間、農業サポーターを募って
共に農地管理を手伝ってくださる方を広く募集します。


興味のある方は、お気軽にくじらのペンギンハウスまで、
お気軽に お問い合わせください。

日本の農地を守っていただける有志を募集中です。


活動実績

2010年
くじらのペンギンハウスの活動スタート

2010年03月

2014年
朝日放送、おはようコールで紹介されました。

2014年04月15日

くじらのペンギンハウスの援農ボランティア活動が

テレビ番組で紹介されました。

2015年
クラウドファンディングで、活動資金が集まりました。

2015年12月12日

悪天候でも援農活動が出来るビニールハウス建築プロジェクト!


皆さまのご協力により、1,524,000円が集まりました。

2018年
台風21号の大阪直撃により、新築のビニールハウス倒壊

2018年09月04日

クラウドファンディングて皆さまの支援により建てられたビニールハウスが

台風21号の大阪直撃により倒壊。


その後、倒壊したびハウスは解体し、資金繰りの危機を乗り越えて、

農園は経営継続に成功。

2020年
援農ボランティア募集再開

2020年09月01日

今年の3月より、6ヶ月間にわたり、新型コロナウイルスの影響で

援農ボランティア活動を自粛していましたが、

活動曜日を限定し、感染予防対策を行い

活動再開する運びとなりました。


事業の一部を、NPO法人化のための立ち上げメンバー募集開始

2020年11月09日

2021年
NPO法人くじらのペンギンハウス 登記完了

2021年07月20日

認証手続きが完了し、法人としての活動がスタートしました。

NPO法人くじらのペンギンハウス設立記念イベント開催

2021年10月03日

小倉百人一首 名人vsクイーン 一番勝負 観覧会

朝日新聞でボランティア活動の記事が掲載されました。

2021年12月10日

朝日新聞で、特定非営利活動法人くじらのペンギンハウスの援農ボランティア活動が紹介されました。

くじらのペンギンハウスのボランティア募集

くじらのペンギンハウスの職員・バイト募集