1. ホーム
  2. 千葉のボランティア募集一覧
  3. 千葉でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 子どもたちのよりどころ「みちくさハウス」のスタッフ募集

更新日:2021/09/21

子どもたちのよりどころ「みちくさハウス」のスタッフ募集

特定非営利活動法人ウィーズ

2021年11月09日に応募受付を再開予定です。
この募集の受入法人「特定非営利活動法人ウィーズ」をフォローして、
応募受付を再開した時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

d507a078c8-IMG_5354.JPG

今向き合っている現実がつらい・・・
親と、友達と、学校と、少し距離を置きたいなって思うこと、きっと誰にでもある。
今いる場所から少し離れて静かに過ごせる場所を子どもたちに用意しました。

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

交通費は支給いたします。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

活動頻度

応相談

募集対象

小学生~高校生までの子どもたちが訪れます。子どもたちと触れ合う方が好きな方大歓迎です!

対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

NPO法人ウィーズでは2016年の設立当初より、誰もが最初に所属する組織である「家庭」が安心で安全な基地として健全な自尊心を育める場所となるように、家庭環境に悩む子どもたちの支援に取り組んでいます。

2019年には親の不和、離婚や虐待など家庭環境に不安を抱える子どもたちを対象としたLINE相談アカウントを開設し、これまで3万件を超えるメッセージに対応しました。

虐待を受けて家出をしたら

親が喧嘩ばかりしていて「家に帰りたくないな」と夜道を歩いていたら

非行と見られて通報されたり、悪い子のレッテルを貼られたり。

そうして大人や未来を信じられなくなった子どもたちがたくさんいます。

自分には生きる価値がないという子も少なくありません。

大人だって、今所属している組織に疲れたときは

帰り道にカフェに寄ったり、本屋に寄ったりしますよね。

いいみちくさは、明日への活力を養ってくれます。

みちくさハウスでの充電が、子どもたちの心を癒し、子どもたちの周りの人々にとっても

和やかな光と相成りますように。

そんな思いを込めて、ウィーズは子どもたちがいつでも来られる居場所として「みちくさハウス」を開設しました。


みちくさハウスでは来てくれた子どもたちには『チェックイン・チェックアウトシート』の記入をお願いしています。

開設から1か月の時点での状況ですが、36人の子どもたちが記入をしてくれ、33人の子どもたちがポジティブな気持ちをもって帰ってくれました。


来所時には36人全員がなにかしらネガティブな気持ちをもっていると回答していました。

帰る時のチェックアウトシートには『きたときと変わらない』という選択肢もあるにもかかわらず、それを選んだ子はいませんでした。

『楽しかった!』と言ってくれる子が多いのですが、『またきたい』『げんきになった』『はなせてよかった』と回答してくれる子もいて、嬉しいなぁと思います。

相談したい!という強い思いでなくても、ふらっと立ち寄ったり、遊びに来たりしたりしたときに、ポロッと家族や家庭のことを話してくれます。


子どもたちが元気に家に帰っていく姿を見ることはとても充実感を得ることができます。


子どもたちの悩みを聞いて寄り添ったり、ある時はボードゲームやジェンガをしたり、ある時はおしゃべりをしたり…

子どもたちが心の充電をできる居場所を一緒に作っていきましょう!



  • 75f194fd2b-223253641_1815646748618067_5347504293162534722_n.jpg
  • fb165531db-228850526_1819856781530397_1306283952876866308_n.jpg
  • 4ed89cedcf-228931797_1820387004810708_6940684746498731407_n.jpg
  • 3001b05584-240702415_1836586756524066_5321905291589134080_n.jpg
  • 3ac2d5dd1b-IMG_5132.jpg
  • 22e7a97f56-IMG_5133.jpg

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

子どもたちはそれぞれ好きなことをして過ごしています。和気あいあいとした雰囲です。

特徴

法人情報

“「子どもたちにどんな困難や障害があっても『自分には味方がいる』と思える社会」を目指して”
代表者

光本 歩

設立年

2016年

法人格

NPO法人

ウィーズの法人活動理念

我々の団体は「子どもたちにどんな困難や障害があっても『自分には味方がいる』と思える社会」を目指して活動をしています。

これを実現するため、以下の3点をミッションとして掲げています。


①私たちが子どもの味方になる

【ミッション達成の方法】

・子どもにとって家庭環境による経済格差が、チャンスの格差にならないように低価格での支援サービスの提供に努める。

・通常は表に出てこない子どもの声を、面会交流支援や学習支援を通じて拾いあげる。

・声をあげられない子どもの心に寄り添い、意思を尊重するための継続的な支援体制を構築する。


②子どもたちの親の子どもに対する『味方度』を上げる

【ミッション達成の方法】

・①で得た子どもの状況を親にフィードバックする。


③子どもの味方を増やす

【ミッション達成の方法】

・子どもに寄り添う必要性をメディアやSNSを通じて広く社会に理解してもらうため、

 ①で得た子どもの声や②による親子の変化の様子について、発信し続ける。

ウィーズの法人活動内容

●経済的問題や家庭環境に悩む子どもたちからのLINE相談対応

2020年は1800人を超える子どもたちからのLINE相談に対応しました。


●子どもたちのよりどころ「みちくさハウス」を運営しています。

2021/7/22に運営を開始しました。

家がごたごたしている、親やきょうだいとの関係がうまくいかず家に居場所がない…

そんな子どもたちがふらっと来れて心を休めることができる、そんな居場所を用意しました。


●離婚後離れて暮らす親子の面会交流支援

離婚後に離れて暮らす親と子どもの交流に付き添ったり、お子さんの送迎をしたりしています。両親の葛藤を調整し、子どものケアまでを行うことで子どもの立場にたった支援を行っています。


●小中学生を対象に法律を学ぶ「法教育プログラム」を実施しております。


●親の離婚を経験した子どもたちを集めた「子どもふれあいキャンプ」を実施しています。


●親の離婚を経験した子どもの立場として、講演活動をしたり、メディア取材を受けたりしています。

活動実績

2016年
千葉県船橋市にてNPO法人ウィーズ設立

2016年03月

静岡県静岡市・浜松市より面会交流支援事業行政委託開始

2016年04月

2017年
親の離婚を経験した子どもの立場10名を集めたトークイベントを日本初開催

2017年06月

2019年
面会交流支援を民間初の無料化

2019年04月

家庭環境に悩む子どものLINE相談事業スタート

2019年08月

2020年
親の離婚を経験した子どもの法教育プログラムスタート

2020年12月

2021年
家庭に居場所がない子どものヨリドコロ「みちくさハウス」を千葉県松戸市に開設

2021年07月

ウィーズのボランティア募集

ウィーズの職員・バイト募集