1. ホーム
  2. こども・教育系ボランティア募集一覧
  3. 【完全リモート】生活困窮家庭の子どもたちをサポートするキッズ・ユースメンター

更新日:2021/07/17

【完全リモート】生活困窮家庭の子どもたちをサポートするキッズ・ユースメンター

認定NPO法人カタリバ

基本情報

33309a72f3-member_children_recruiting_83572_main.png

経済的に困難を抱える家庭の子どもたちに、オンラインでの多様な学びのプログラムの提供と伴走支援を行う「キッカケプログラム」で、子どもたちとの面談を担う「キッズ・ユースメンター」を募集しています!

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 月給10,000円

有償ボランティアでの活動となります。
上記は、活動支援金としての支給です。

活動日程
  • 2021/09/01~11/30

以降、延長可能です。
半年~1年以上活動できる方を歓迎します。

活動頻度

応相談

目安1週間に10時間程度の稼働が発生します。
(活動時間は平日夜間や土日など柔軟に調整可能です)

募集対象

<必須>
・年齢20歳~30歳
・ご自宅などのインターネットに接続できる環境で活動できる方
・目安1週間に10時間程度の稼働が可能な方
(活動時間は平日夜間や土日など柔軟に調整可能です)

<歓迎>
・教育現場(子ども支援NPO、学校、学習塾など)での1年以上の活動経験
・半年~1年以上活動できる方

注目ポイント
  • 完全リモートで、世界中どこからでも活動可能!
  • 子どもたちに「ナナメの関係」で意欲と創造性を届ける!
  • 研修会や振り返りの機会など活動サポートも充実!
対象身分/年齢
募集人数

20名

募集詳細

〈概要〉

経済的に困難を抱える家庭の子どもたちにPCとWi-Fiを無償貸出し、オンラインでの多様な学びのプログラムの提供と伴走支援を行う「キッカケプログラム」で、子どもたちとの面談を担っていただく「キッズ・ユースメンター」を募集しています。ご自宅等でのリモートワークをお願いしていますので、オンライン環境があれば世界中どこでも活動することができます。事前研修を行いますので、未経験の方もご安心ください。



〈具体的な活動内容〉

・子どもとの面談

※子ども1人につき週1回/1回あたりグループ面談50分、1on1面談20分

※グループと1on1は子どもの学年や適性によって異なる。

※メンターはグループと1on1両方を担う予定。

・記録報告書作成

・研修及びミーティングの参加

・保護者面談の実施サポート及び保護者支援担当者との連携

・保護者、子どもとの連絡調整(LINE対応、日程調整)

・子ども向け伴走/メンター向け研修プログラムの開発(ご経験に応じて)



〈募集概要〉

●契約形態

有償ボランティア

(活動支援金を月10,000円支給します)

●活動期間

2021年9月初旬から3か月間(以降延長可)

※半年~1年以上活動できる方、歓迎

●選考フロー

(1)Online説明会に参加

(2)応募フォームにご回答、書類選考

(3)Online面接



〈説明会について〉

まずは、説明会への参加からお願いしております。

「activo」からご連絡を頂いた方には、メールで説明会の参加申し込みフォームを送付しますので、二度手間になり恐縮ですがお申し込みいただきますようお願いします。


●日時

2021年 7月15日 (木) 19:00~20:00

2021年 7月17日 (土) 18:00~19:00

2021年 7月20日 (火) 19:00~20:00

2021年 7月23日 (金) 18:00~19:00

2021年 7月25日 (日) 20:00~21:00

2021年 7月29日 (木) 19:00~20:00

体験談・雰囲気

特徴

法人情報

“意欲と創造性をすべての10代へ”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

今村 久美

設立年

2001年

法人格

認定NPO法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

カタリバの法人活動理念

NPOカタリバの目指す社会

2人に1人が「自分には人並みの能力はない」

5人に3人が「自分が参加しても社会は変わらない」と思っている。

(出典:2014年 国立青少年教育振興機構 高校生の生活と意識に関する調査報告書)

日本の高校生は自己肯定感の低さに特徴付けられます。

親や先生の言うことは素直に受け止めにくい。

友達の間でも空気を読んでしまって、将来の夢や悩みをなかなか相談できない…。

自立心と未熟さの間で葛藤し、悩みを一人で抱え込みやすいのが思春期世代の特性です。

さらに、家庭の経済状況によって、また都市と地方といった地域間でも、受けられる教育や触れられる機会には大きな格差があります。

そんな中、NPOカタリバが目指すのは「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす力を育める社会

」です。

日本の子ども・若者たちを「ナナメの関係」による「本音の対話」で動機付け、予測不可能な未来を生き抜く力となる「意欲」と「創造性」を育む活動を行っています。

教育を学校や親に丸投げせず、地域、行政や志をともにする様々な団体・企業などと連携しながら、教育活動に取り組んでいます。


【ビジョン】

どんな環境に生まれ育っても未来をつくりだす力を育める社会


【ミッション】

意欲と創造性をすべての10代へ



            10代の意欲と創造性を育む「ナナメの関係」

10代は日頃、親や学校の先生というタテの関係と、同級生や近所の友だちというヨコの関係の中で生きています。

ナナメの関係は、それとは違った角度から社会の実相に触れさせてくれる、新たな関係のことを示しています。

タテとヨコの関係が人としての基盤を築く関係性とすれば、ナナメの関係は内発性溢れる意欲に火を灯す存在。

親や学校の先生でも、友だちでもない少し年上の「先輩」との本音の対話を通し、子どもたちは「自分もこんな風になりたい」と抱いた憧れを動機として、主体的に人生を歩むきっかけを得ます。

カタリバの全ての取り組みは、ナナメの関係と本音の対話を届けることがベースに考えられています。

カタリバの法人活動内容

予測不能な変化が起きる時代、自ら人生を切り拓き、豊かに生きていくためには、生涯学び続ける「意欲」と変化の激しい時代を楽しみチャンスに変える「創造性」が必要です。

NPOカタリバは、どんな環境に生まれ育っても、すべての10代が意欲と創造性を育める「未来の当たり前」を目指して挑戦している2001年創業の教育NPOです。


事業内容:

・キャリア学習/探究学習プログラム提供

・被災地や困難を抱えた子どもへの居場所提供・学習支援

・高校や行政と協働した教育魅力化コーディネート など

カタリバのボランティア募集

カタリバの職員・バイト募集