1. ホーム
  2. 茨城のボランティア募集一覧
  3. 茨城でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. ☆ひたちなか市で子どもたちにあそび場を届けます!イベントスタッフ募集☆

更新日:2021/06/08

☆ひたちなか市で子どもたちにあそび場を届けます!イベントスタッフ募集☆

まちのこ団 from J&C Relations

この募集の受入団体「まちのこ団 from J&C Relations」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

35ed438f61-singly_children_recruiting_82650_main.jpg

勝田TAMARIBA横丁が開催される商店街の道路をプレイバスがあそび場に変身!
参加する子どもたちに"ここだけ"のワクワクした時間を一緒に生み出す仲間を募集します。

活動テーマ
活動場所

【勝田TAMARIBA横丁】内の子ども向けみちあそびエリアのスタッフ募集です。
6月13日(日)9時15分迄に上記住所へ直接お越しください。
★カラフルにペイントされた"プレイバス"が目印!(※下記写真参照)

必要経費

無料

活動場所までの交通費は自己負担でお願いいたします。
※学生のみ昼食代支給

活動日程
  • 2021/06/13

活動時間は9時15~16時です(準備片付け含む)

募集対象

日本語で老若男女問わずコミュニケーションができる方。
心身ともに健康で子どもたちと一緒にあそべる方。
理念や考えに共感ができる方。
当団体のコロナ対策に従える方。

注目ポイント
  • イベントにおける子ども・その親御さんのための居場所づくり
  • 子どもとの接し方、子ども対象の場づくりが学べる
  • 多世代交流・アソビニケーション手法を体感できる
対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

わたしたちは、まちのこ団です。

2020年に入り日本を襲った新型コロナウイルスは、世界規模で経済活動、社会生活活動を変貌させ、

私たちの活動支援対象としている子どもたちの生活も一変させました。

ピークは過ぎたものの、感染者は日々報告されていて、コロナ対策に応じて変化した生活スタイルは、

もはや以前のように戻ることはないともいわれています。

そのような中、以前のように、あるいは以前よりも重要で忘れてはならないこともたくさんあります。

子どもたちの成長における環境もその中の一つです。

コロナ対策での外出自粛・一斉休校は結果として

子どもたちから数多くの「経験する機会」を奪うことになりました。

一生に一度しかない入学式や卒業式、新しい子と出会う1学期、修学旅行、課外活動、発表会、放課後の外遊び、週末のレクリエーションetc...

徐々に社会活動が再開されている中で私たちができることは、子どもたちに「経験する機会」を設けること。

私たちまちのこ団は、「あそび」を一つのツールに、

そこから派生する喜怒哀楽の感情や、同い年や年下年上の子ども出会い、
好き嫌い、想像力の刺激、身体能力の向上などを子どもたちが得ていける場をつくり続けます。



仲間募集

今回の出動先は【勝田TAMARIBA横丁】。

まちのこ団は、会場に来た子どものためのあそび場づくりを行います。

そこで一緒に場づくりしてくれる方を募集します。

その際、下記の項目を遵守頂きますので、予めご了承ください。

■コロナ感染予防のため、マスクの着用手指の消毒をお願いします。

■定期的な道具・玩具等の消毒を行います。

■茨城県新型コロナウイルス感染拡大予防策「アマビエちゃん」への登録をお願いします。

■その他、主催者の要請があった場合、あそび場もそれに準じます。



【何するの?】

今回は段ボールやチョークを使って思い切り遊べるスペースをつくりたいと考えています。

段ボールをつなげて秘密基地をつくるもよし、

箱を積みかさねてそれを思い切り壊すもよし、

チョークでらくがきするもよしの子どものためのあそび場です。


さらに、

会場の一部を以下のあそび場に変身させる予定です!


□巨大コリント
大人気ビー玉転がし装置を設置!

□巨大ジェンガ

普通のジェンガより10倍以上も大きい巨大ジェンガであそぼう!

昔あそび

けん玉やベーゴマなど、昔のおもちゃであそぼう!

□打楽器・木レール・積み木あそび

芝生を敷いて自由に遊べるエリアを生みだします。ゴロゴロしながら過ごせる場をつくろう!

□おおなわ、フラフープ、ゾインゴボインゴetc

思い切り体を動かせるエリアも作るよ!

※そのほか、たくさんのおもちゃ・素材があります。

  • f7af8b2b09-IMG_2801.jpg
  • 4142418f08-IMG_5195.jpg
  • 8a57ca0523-IMG_5276.jpg
  • 6d3a7eda89-IMG_3288.jpg
  • 7d27329c78-IMG_1340.jpg

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

  • f205088bce-IMG_2637.jpg
  • 4780443c39-164228748_2983279261902507_8715287806488512998_o.jpg
  • 7fe54e1aa3-IMG_9796.jpg

団体情報

“子どもたちの原体験を豊かにする”
代表者

増田 大和

設立年

2014年

法人格

任意団体

まちのこ団 from J&C Relationsの団体活動理念

一人ひとりに今あるもの、持っているものを大切に、 人と人、まちと人との繋がりを創出し、 今よりもちょっとだけ楽しい場づくり、社会づくりをミッションに。

まちのこ団 from J&C Relationsの団体活動内容

2014年に、代表がカナダ・アルバータ州のアルバータ大学に語学留学中、世界中から留学や移住してきたり、住んでいる子どもや若者と、言葉を使わずに遊びやスポーツを通じて国や言語、宗教や文化の違いを超えて国際交流活動をしたことがきっかけ。

帰国後、留学中の「遊びに国境はない」という経験から、

"世界中の子どもたちをつなげる遊びの祭典"
チルドレンとオリンピックの造語、チルリンピックを発起しました。

2015年にチルリンピック実行委員会を設立、千代田区の助成金制度で助成を受け、同年及び翌年にかけて『チルリンピックinちよだ』の開催をしました。

同時に、学生時代からの人との繋がりや、留学、地域活動、復興や遊び、キャンプのボランティアなどでの経験を活かしてまちのこを再発足。子ども・若者向けの各種イベントの参画と、まちで活躍する人を取材して発信などの活動をしています。


まちのこ団 from J&C Relationsのボランティア募集

まちのこ団 from J&C Relationsの職員・バイト募集