1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【台東区】小学生の放課後で「デジタル×あそび」を支えるSTEAMサポーター募集!

【台東区】小学生の放課後で「デジタル×あそび」を支えるSTEAMサポーター募集!

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

基本情報

d6355999e1-HKGsteam.jpg

放課後NPOアフタースクールが運営する台東区の放課後対策事業「放課後子供教室」(放課後~16:45。学校内で活動)にて、「STEAM×遊び」の活動展開&モデルづくりを支えるサポーターを募集!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

交通費は支給いたします。活動内容によっては有償での相談も可能です。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

活動頻度

応相談

募集対象

社会人、大学生が対象です。インターン、プロボノ的な参画も歓迎です。

注目ポイント
  • 教育NPOの現場で実践的な経験が得られます。
  • 団体スタッフとPDCAを回しながら、ご自身の課題意識に合わせてサポートが得られます。
  • 連携企業のバックアップを得ながら、注目が集まるSTEAM領域に関して知見を深められます。
対象身分/年齢
募集人数

3名

募集詳細

今、私たちの生活の中で、インターネットやAI(人工知能)は当たり前のツールとなっています。そして、いまよりさらに当たり前にそれらがある未来を生きる子どもたちにとって、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の5つを横断的に使って問いを探究する「STEAM」が大事だと言われています。


私たちは、STEAMを取り入れるために新しいプログラムを作るのではなく、子どもたちの「好き!」「やりたい!」をとことんできる環境を作ってあげること、それこそがSTEAMだと考えています。

好きなことをとことんできる環境があると、そこから想像や工夫する探究心は自然と生まれます。たとえば紙飛行機が好きな子は「もっと遠くに飛ばすにはどうしよう」と想像し、折り方を変えてみたり、飛ばし方を変えてみたり、材料を変えてみたり、さまざまな工夫をします。

そんな想像や工夫こそがSTEAMだと思うのです。好きなことが「とことん」できる放課後には、「?」(問い)や「!」(発見)にあふれたSTEAMがたくさんあります。

これらの活動を推進をしながら、私たちNPOスタッフは小学生の様々な「やりたい!」に応えるため多様な選択肢を準備し子どもたちの活動をサポートしてます。子どもたちに年齢や目線の近い学生や若手の方々に参画いただけることで子どもたちの可能性が一層開ける活動展開が可能になると感じています。

具体的な活動サポート例)
・はじめて参加する子への機器設定や操作説明のサポート(子どもが自力でできるような環境を構築しています)

・プログラミングブロックでの作品作りのアイデアを広げる声掛けや子どもへの伴走

・活動の活性化や子どもたちのスキルサポートのためのイベント、プログラムの企画、運営
・新しいツールを活用した活動アイデアの提案

上記は一例ですが、意欲ある方の経験や思いに沿って活動をコーディネートいたします。

まずは子どもと一緒に「まなび」「あそぶ」ことがスタート地点です。

楽しく、自分にできることから始めてみませんか?


ぜひ、私たちと一緒にSTEAMのある放課後づくりにチャレンジしましょう!

参加の仕方は、意欲のある方であれば状況に応じて、相談をさせていただきたいと考えています。

ご応募お待ちしています!

  • fb6126b006-58aa0f3734f802737d76c1bd5bb2e7fd5a9528c9.jpg
  • 5fad3b6021-tumblr_bdcf3bb9a7dc5621e9fc6d3dffb65fdf_a0fc7cd4_1280.jpg
  • c8864b7191-member_children_recruiting_82541_sub1.jpg

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

新規の募集になります。これから体験談が集まり次第アップしていきます。

このボランティアの雰囲気

新規での活動になりますのでよくある方と一緒につくっていけたらと思います。


具体的な活動サポート例)

・はじめて参加する子への機器設定や操作説明のサポート(子どもが自力でできるような環境を構築しています)

・プログラミングブロックでの作品作りのアイデアを広げる声掛けや子どもへの伴走

・活動の活性化や子どもたちのスキルサポートのためのイベント、プログラムの企画、運営
・新しいツールを活用した活動アイデアの提案

上記は一例ですが、意欲ある方の経験や思いに沿って活動をコーディネートいたします。

まずは子どもと一緒に「まなび」「あそぶ」ことがスタート地点です。

楽しく、自分にできることから始めてみませんか?

特徴
雰囲気

法人情報

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

“子どもたちの放課後を救え!~社会で子どもを育てる~”
代表者

平岩 国泰

設立年

2009年

法人格

NPO法人

放課後NPOアフタースクールの法人活動内容

【まずは団体について】
私たち放課後NPOアフタースクールでは、
『子どもたちが放課後を楽しくすごせて』、
『親も安心して預けられる』仕組みを作っています。

放課後は子どもたちにとってワクワクする"チャンスの時間"です。
危険な事故が心配な"リスクの時間"になってはいけません。
親子にとって、放課後がワクワクするゴールデンタイムになるサポートを行います。

他の学童との違いは、子ども成長のために『多様なプログラム』を用意しています♪

限られた大人だけで育てるのではなく、多様な体験を重ねてもらうことができます。
たとえば、ファッション・編み物などの衣プログラム、音楽のプログラムなど。
子どもがプログラムに参加することで
自分の【得意】や【好きなこと】を見つけたり、生きる知恵をつけることもできます!

活動実績

2009年
NPO法人化。アフタースクール本格始動!

2009年

社会的な活動としては非常に珍しく2年連続でグッドデザイン賞を受賞しました。
この後、2011年に初めて毎日自分たちで運営する私立拠点のアフタースクールを開校。

企業との協働プロジェクト×直営アフタースクールの両輪にて、
子どもたちの好きなこと得意なことを見つけると共に働く保護者を全力で応援することを今もずっと大事にしています。

2021年
すべての子どもたちに安全で豊かな放課後を届ける

2021年

<これまでの実績>

・アフタースクール開校数 21校

・携わってくださった市民先生(地域の講師) 5,000名以上

・実施したプログラムの種類 500種類以上

・参加した子どもたちの人数 累計100万人以上

放課後NPOアフタースクールのボランティア募集

放課後NPOアフタースクールの職員・バイト募集