1. ホーム
  2. 国際系ボランティア募集一覧
  3. 「日本の森はなぜ使われなくなったの?〜日本の地域から見る、森と世界のつながり〜」

更新日:2021/06/10

「日本の森はなぜ使われなくなったの?〜日本の地域から見る、森と世界のつながり〜」

国際青年環境NGO A SEED JAPAN

この募集の受入法人「国際青年環境NGO A SEED JAPAN」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

dce69439ae-event_international_recruiting_82514_main.gif
活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

開催日程
  • 2021/06/09

19時から21時まで@zoom

募集対象

こんな方におすすめです!

◆環境問題、あまりよく知らないけど実は興味がある…。
◆気候変動や温暖化、何かしなきゃやばいって思うけど、何していいかわからない。
◆日常生活と環境問題って、どうつながっているのかな?
◆「SDGs」って聞いたことあるけど、イマイチよく知らないかも。
◆様々な人と出会いたい、環境のことについて話したり聞いたりしてみたい。

注目ポイント
  • 環境問題についてよく知らなくても大丈夫!「興味がある」「知りたい」気持ちを大切にしています
  • お一人での参加や、初心者も大歓迎!気負わず参加してみてください◎
  • 運営メンバーは、大学生から社会人まで多様なメンバーでやっています!
対象身分/年齢

募集詳細

【A SEED JAPAN × iPledgeコラボ勉強会 第3回 について】

□■□■———————————————————————————□■□■


第3回は、「日本の森はなぜ使われなくなったの?〜日本の地域から見る、森と世界のつながり〜」です。

日本の森は、使われていない資源がいっぱいです。

戦後、高度経済成長の時代に、海外から安い木材が輸入されるようになり、
日本の森は使われなくなりました。なぜ海外の木材の方が安いのか。


そこには、環境と経済の問題があります。
日本の森を取り巻く状況は、今も基本的には変わっていません。

そうした状況の中でも、さまざまな森の活かし方の実践が行われています。
森にある活用されていない資源を、どう活かしていくか。

今回のコラボ勉強会では、地域における持続可能な暮らしという視点から、

SDGsと森との関係を見えていきたいと思います。


地域が直面している問題と、その解決に向けた取り組みの実践を聞くとともに、
日本の森の今を知り、その上で、私たちにできることを一緒に考えていきたいと思います。


前半は話題提供の2人からの話を聞いて、気になったことなど質問したり、

後半は参加者のみなさんとディスカッションする時間にできたらと思っています。


ご参加お待ちしています!!



□■□■——————————————————————————————□■□■


☆☆☆開催概要☆☆☆

【日時】2021年6月9日(水)19:00〜21:00(18:50開場)

【場所】オンライン開催:ZOOM

※参加申し込みしていただいた方に当日のzoomリンクをお知らせします。

【共催】A SEED JAPAN・NPO iPledge


【対象】大学生、若手社会人

【参加費】無料


スケジュール(※プログラムは変更になる場合があります。)

1、はじめに

・開催趣旨説明

・参加者自己紹介

2、話題提供① 市瀬 拓哉

・森のお話:地域編

・地域における仕事づくり
3、話題提供② 江口健介

・SDGsと持続可能な暮らしとは

4、質問タイム

※話を聞いて、もっと聞いてみたいこと、疑問に思ったことetc

5、みんなで話す

・日常にあるSDGsに紐づけたいろいろなアクション

6、おわりに

・次回の日程お知らせ


●話題提供

市瀬 拓哉(イチノセ タクヤ)

1985年長野県生まれ。小中高校は富山県で育つ。

東京農業大学地域環境科学部卒業。大学時代の4年間は国際青年環境NGO A SEED JAPAN・ごみゼロナビゲーション(現NPO iPledge)に参画。

2009年に京都府・丹後地域に移住。NPO法人地球デザインスクール(丹後海と星の見える丘公園指定管理者)にて、環境教育プログラム、キャンプ事業、森林計画・整備に従事。2020年より同法人理事長。

2014年より地域交流イベント「mixひとびとtango」代表。

2019年に、森林や園庭などの空間デザイン、自然産品販売などを手がける「andon」を創業。

自然や地域をおもしろがれる人が増えることが楽しみの一つ。


江口 健介(エグチ ケンスケ)

神奈川県横須賀市出身。東京農業大学卒業。2007年春より国際青年環境NGO A SEED JAPANに参加し、

2009年度理事を経て2010年度に共同代表を務める。その間、2008年7月北海道洞爺湖G8サミットに向けたプロジェクトや、

2010年10月生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けたプロジェクトのコーディネートを行ってきた。

現在は、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)職員として、環境NPOの支援や環境課題解決に向けた

パートナーシップづくりを仕事にする。SDGsに関する講演や地域で具体化するための取組支援を全国各地で行う。


□■□■———————————————————————————□■□■

1人が動く。社会は変わる。

【国際青年環境NGO A SEED JAPAN とは】

地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから

始まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターン

の変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、

未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。

□■□■———————————————————————————□■□■

世の中を変える力を、すべてのワカモノへ。

【NPO iPledgeとは】

身近なごみ問題を切り口として活動する環境若者団体です。

若者とともに社会を変えると共に、漠然と社会に対して何かしたいと思っている"普通の若者"が、

自分にも社会を変える力があるのだと気付いたり、決意を持って社会に参加し、未来をつくる担い手となることを目指して活動しています。

□■□■———————————————————————————□■□■

体験談・雰囲気

男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

代表者

浜田恒太朗

設立年

1991年

法人格

NPO法人

国際青年環境NGO A SEED JAPANの法人活動理念

私たちは国境を越えた環境問題とその中に含まれる社会的な不公正に注目し、より持続可能で公正な社会を目指しています。そのために現在の大量生産・大量消 費・大量廃棄のパターンの変更と、南北間・地域間・世代間の格差をなくしていくことが必要だと考えます。このような社会を実現するために、未来の世代を担 う青年自らが行動を起こしています。

国際青年環境NGO A SEED JAPANの法人活動内容

A SEED JAPANの活動は、学生・社会人などの多くのボランティアによって支えられています。 活動は大きく分けて、実際にイベント企画制作、運営やコーディネートを行う「活動体」とイベントの広報、冊子の編集、WEBの運営などの裏方的な役割を担う「事務局セクション」の二本柱で成り立っています。

国際青年環境NGO A SEED JAPANのボランティア募集

国際青年環境NGO A SEED JAPANの職員・バイト募集