1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. アニュアルレポート(報告書)のデザイナー募集

更新日:2021/07/01

アニュアルレポート(報告書)のデザイナー募集

NPO法人ユースコミュニティー

この募集の受入法人「NPO法人ユースコミュニティー」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

14be41726c-probono_children_recruiting_81524_main.png

【急募】デザイナー募集
NPO法人ユースコミュニティーは、福祉を受けている大田区の子どもたちへ学習支援を行っている団体です。
この度報告書の作成にあたり、レイアウトを担っていただける方を募集します。

活動テーマ
活動場所
  • 東京 大田区 49−2 大田区社会福祉協議会(社会福祉法人)ボランティア・区民活動センター (地図)

リモートでの参加も可能です

必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1週間〜1ヶ月)

募集対象

フリーランス、社会人、大学生など

注目ポイント
  • NPO活動の全体像を知ることができます
  • リモートだけでも可能です
  • 事業の見学も随時可能です
対象身分/年齢
募集人数

1名

関連スキル

募集詳細

NPO法人ユースコミュニティーは、福祉を受けている大田区の子どもたちへ学習支援を行っています。

現在区内の10か所で学習支援活動を実施。

年間延べ200名の生徒にご利用いただいています。


現在ユースコミュニティーでは、団体のボランティア登録者ならびに寄付者へ配布予定のアニュアルレポート(年次報告書)を作成しています。


すでに、テキストと写真画像、イラストは用意できていますが、既存スタッフではWORDなどのスキルが乏しいため、ご協力をいただけると助かります。


成果物は、そんなに本格的なものではなくても、あまりにも素人っぽくないクオリティーの物ができればと思います。

是非お力を御貸しください。


アニュアルレポート(年次報告書)とは?

アニュアルレポートは、各事業の活動内容や受益者数を報告するもので、団体の信用度と透明性を高める上で非常に重要な役割を果たします。

効果的に活用できた場合、既存の支援者を維持できるだけでなく、支援者の更なるコミットメントが見込めます。



しかし、アニュアルレポートの作成にあたり、事務局にはレイアウトなどデザインを専門に担えるスタッフがおらず、お力を貸していただける方を募集しています。



--------------------

【依頼内容】

・報告書のレイアウト編集をお願いします。


※Googleドキュメント上での作業になります。


AdobeのIllustratorやPhotoshopでも可能です。


報告書のテキスト部分は作成済みです。



【業務フロー】

1.事務所、もしくはzoom上で打ち合わせを実施

(完成イメージ等をお伝えさせていただきます)


2.レイアウト編集作業開始~原案完成


3.原案の確認

(zoom上でミーティングを実施させていただきます)


4.修正


5.納品



【納品希望日】

7月上旬



--------------------

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。


デザイン系の勉強をされている学生さんから、ご趣味でデザインを学ばれている社会人の方まで、大歓迎です!

お力添えのほどよろしくお願い致します。


  • 0dd9cdc40d-probono_children_recruiting_81524_sub1.jpg

    実際の学習支援教室の様子

  • 59370b68eb-probono_children_recruiting_81524_sub1.jpg

    感染症対策として、オンラインによる学習支援活動も行っています

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

“子どもの支援を通じ、地域のコミュニティーをつくる”
代表者

濱住 邦彦

設立年

2012年

法人格

NPO法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

ユースコミュニティーの法人活動理念

「子どもの孤立」が社会問題としてクローズアップされる中、独自の実態調査を行う自治体が増えています。

調査結果から判明したことは、

「頑張っても報われることはない」「自分は価値のない人間だと思う」

といった考えを持った子どもたちの存在。


自己肯定感がないまま、大人になっていく

そんな子どもたちを想像できますか?


私たちユースコミュニティーは

子どもたちの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、

地域力を活かし必要な環境整備と教育の機会均等を図り、子どもたちが自分の可能性を信じて

未来を切り拓く力を身につけることを目指しています。


私たちのビジョンとミッション

ユースコミュニティーは、親の経済状況によって、子どもの可能性が奪われてしまう、いわゆる「教育格差」はあってはならないと考えています。
2012年の設立以来、地域の課題は地域で解決すること。生きづらさを抱えている子ども達の支援を取り組み、無料の学習教室や地域イベントなどを開催し、「地域の子ども達が将来への夢や希望を持てる社会の実現」を目指しています。さらに、子どもの支援活動を契機に、地域の大人たちが集い、そこに新たなコミュニティーを作っていく…そんな人にやさしい地域社会の実現を目指しています。

ユースコミュニティーの法人活動内容

大田区内で学習支援教室を8教室運営。

家庭の事情によらず誰でも利用できる教室づくりを進めると同時に、イベント活動や地域のお祭りなども取り組んでいます。写真は、キャンプ合宿の一幕。

活動実績

2000年

2000年

2012年5月 団体の設立準備。「ユースコミュニティー」に名称決定。

2012年8月 大田区大森西図書館会議室にて「夏休み宿題お助け塾」を開催。

2012年12月 団体規約最終案作成。大田区ジャンプアップ助成に採択。福祉事務所と連携して中学生の学習支援事業を開始。

2013年4月 学習支援教室「自由塾・大森教室」を大田区山王のカフェヴェルデで開催。

2013年12月 NPO法人アスイク、㈱すららネットと業務提携。

2014年4月 学習支援教室「自由塾・蒲田教室」を大田区西蒲田のナイス㈱で開催。

2014年6月 セカンドハーベスト・ジャパンと連携。

2014年7月 日本コスモトピア㈱と業務提携。

2014年8月 TBSテレビで紹介。

2014年10月 学習支援教室「自由塾・仲池上教室」をパルシステム内で開催。NPO法人化。

2015年11月 学習支援教室「自由塾・蒲田教室」が若葉婦人会館内に移転。生徒在籍数が50名を超える。

2016年5月 生活困窮者自立支援法にもとづく「子どもの学習支援事業」を大田区から受託。

2017年1月 学習支援教室「自由塾・糀谷教室」を池上長寿園内で開催。

2017年3月 住友生命子育て「子ども未来賞」受賞。

2017年4月 六郷ユースクラブを開始。

2018年4月 子どもの未来応援基金の助成団体、ベネッセ子ども基金の助成団体、ろうきん若者応援ファンドの助成団体に採択。

2019年4月 福祉医療機構(WAM)の助成団体に採択。

2019年9月 NTTドコモ市民活動助成団体に採択。

2020年3月 臨時休校に伴う、「大田区の子どもの生活支援プロジェクト」を生協や子ども食堂と連携して開始。

ユースコミュニティーのボランティア募集

ユースコミュニティーの寄付募集

ユースコミュニティーの職員・バイト募集