1. ホーム
  2. 環境・農業系ボランティア募集一覧
  3. 全国の里山の情報を収集し紹介するサイト運営ボランティア募集

全国の里山の情報を収集し紹介するサイト運営ボランティア募集

東京里山開拓団

基本情報

671b7defdc-tyoukan.jpg

里山に行きたいけどどこにあるの?という声を受けまして、里山ネット調査隊(東京里山開拓団内のグループ)では
名もない全国の里山の情報を集め地図上で紹介するサイトをボランティアで運営しています

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

パソコンかスマホ、ネット環境は各自用意(専用の管理サイトから里山情報更新作業)

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

活動頻度

週0〜1回

募集対象

特に年齢・地域・スキル・金銭負担などの制約はなく里山に関心があってみんなと協力できる方ならどなたでも。メインとなる里山所法収集作業は専用の管理サイトで簡単にできます。応募後、作業詳細説明、運営メンバーのLINEグループ参加、自己紹介、作業着手、数か月に1回オンライン交流、可能なら企画運営へという流れで参加していただきます。無理のない範囲で長期継続して参加協力してくれる方を希望しています

注目ポイント
  • いつでも、だれでも、どこでもできる作業です
  • 作業を通じてたくさんの里山情報に触れて刺激になります
  • 将来的には里山と人をつなぐ情報基盤とそれを担う人材(里山コーディネーター)へ
対象身分/年齢
関連スキル

募集詳細

「里山コーディネーター」を目指し、立ち上げた全国最大級のサイトです

里山に行きたいけれど近くにないから・・・という声を受けて調べてみると、確かに名もない山林ばかりで分かりにくい上に、お役所の情報は範囲限定、マスコミの情報は垂れ流しという状況でした。そこで、いま全国各地で行われている里山関連ニュースを地図上に整理することで、自分が通える里山を探すことのできるWEBサイトを作ろうと2018年に思い立ちました。


全国最大級の里山紹介サイト「日本ノ里山ヲ鳥瞰スル」(東京里山開拓団WEBサイトトップページにリンクあり)には、東京里山開拓団の運営する、登録件数は約1000件に上る全国最大級の里山紹介サイトです。日本の里山を鳥の視点から眺めてみますと、NPO、企業、学校、自治体、個人など多様な主体が環境保全、地域振興、研究開発、観光、教育、芸術、健康、福祉、趣味など様々な目的で日本全国各地の里山と関わっていることに改めて驚かされます。


でも運営はまだ始まったばかりですし、マスコミで取り上げられたところが中心ですので、いま全国で活用されている里山はきっと数万か所以上、活用されずに荒れたままの山林は数十万か所以上に及ぶはずと想像しています。


そして、将来的には里山や荒れた山林と関心のある人とつなぐ社会的に価値ある情報基盤として、運営メンバーにはそれを推進する「里山コーディネーター」としての力を発揮して、全国にあふれる山林の社会的活用の促進を目指しています。


募集詳細

ただ今、このサイトを企画運営する「里山ネット調査隊」(東京里山開拓団内のグループの一つ)はボランティアで協力してくれるメンバーを広く募集しています(現在、社会人・主婦・学生の5名で運営中)。インターネットとEXCELを使って情報を整理できる方なら誰でも、どこでも、いつでもできます。打合せややりとりはすべてオンラインです。新たなコンテンツ企画やWEB開発・運営、ネット取材など専門的な知見のある方はもちろん大歓迎です。


▼メンバーの役割

WEBサイト「日本の里山を鳥瞰する」の企画運営。具体的には、里山に関するネット情報の収集・整理・発信、里山関連団体のネット取材、本サイトの広報、新たなサイト企画、里山ネット調査隊の組織運営など。


▼参加条件

本サイトの主旨に賛同し企画運営にボランティアで協力してくれる方。

参加頻度・時間・ノルマ・技量・経験・年齢・会費負担・地域などの制約は一切ありません。

ご応募後、3日以内にご返信いたします。

※運営上特に大きな負担をきたす場合は参加をお断りすることがありますので予めご了承ください。


▼参加するメリット

全国の多様な里山情報に接する機会が増えて里山への関心や理解が深まること、企画運営のやり取りや懇親会の機会などを通じて同じ関心を持つ人と交流できること、東京里山開拓団の活動計画や活動報告を直接受け取ることができることとなどが挙げられます。


▼サイト運営の流れ

①インターネット(ニュースや各種団体のサイト・ブログなど)で、いま実際に活動・活用が行われている里山の情報をEXCELファイルに集約します(半自動化済み)。


②EXCELに集約した情報の中で当サイトの目的に合致するものを選定します(当サイトの目的は、里山関連団体や活動紹介ではなく、様々な主体によっていま活動や活用が行われている里山の紹介にあります)。選定した情報についてニュースなどの表題、URL、所在地、主催団体の各項目を調べて追記します。


③月末までに整理できた分をサイト管理者にメール送付します。


④サイト管理者が、集まったリストをすべて集約・選別・確認の上、地図表示してサイトを更新します。


⑤事例紹介・ネット取材などの企画を随時検討しながらよりよいサイトになるよう運営を行います。


▼位置づけ

NPO法人・東京里山開拓団内では、児童養護施設との里山開拓を行うグループ、企業向けに里山研修事業を行うグループ、児童養護施設訪問を行うグループ(学生支部)と並んで、本サイト運営を行うグループとして位置づけています。各グループはそれぞれ運営に必要なメンバーを募集し独自に運営しつつ、全体としてゆるやかに連携協力します。

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

高校生「全国でいろんな里山の取組みがあることが分かって勉強になる」

主婦「子育て中でも、空き時間で好きな時にできる」

社会人「将来、里山と人のつながりづくりに貢献したい」

このボランティアの雰囲気

自分のペースで好きな時にできる雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

“荒れた山林を自ら開拓し里山の恵みを活用することで、現代都市社会の課題克服に貢献する”
代表者

堀崎 茂

設立年

2009年

法人格

NPO法人

東京里山開拓団の法人活動理念

東京里山開拓団の目指すところ

東京里山開拓団は荒れた山林を自ら開拓活用することを通じて、現代都市社会の抱える課題克服に貢献することを目指しています。児童養護施設との里山開拓の意義は単に子どもたちに自然のなかで遊ぶ機会を提供することにとどまりません。現代都市社会のなかで、使われることなく荒れ果ててしまっている里山の開拓・活用を、特に現代都市社会のなかで弱い立場におかれた人とともに進めることで、「環境保全」と「社会福祉」を一石二鳥で進めるところにあります。


わたしたちが里山で再発見したのは、いろいろな立場の人を受け入れるチカラ、現代都市社会が失った自然や人とのつながりを生み出すチカラ、社会がどうあれ生き抜こうとする自然のたくましいチカラです。ここには、現代都市社会の様々な課題を解決する糸口があるようにさえ感じます。東京里山開拓団は、様々な立場の人とともに里山に集い、自然の恵みを生かし、新たな楽しみやつながり、役割を見出す「現代都市社会における里山開拓」を通じて、楽しみながらコストをかけずに社会課題の克服に貢献する壮大な夢を描いています。


東京里山開拓団の法人活動内容

東京里山開拓団の活動概要東京近郊にもあふれる荒れた里山を自ら開拓しつつ、里山を必要とする人とともに自然の恵みを活用する活動を進めています。2009年発足以降、まずは八王子市美山町にある荒れた里山の開拓を20~40代の会員約20名で進めてきました。2012年より児童養護施設の子どもたちとの里山開拓を開始、9年で約70回実施し、のべ400名の子どもたちが参加しています。また、学生支部Enpentasによる施設訪問、里山を企業の研修・会議の場として提供する自主事業や全国の里山を地図紹介するサイト運営も推進して新たな活動展開を進めています。


活動実績

2006年

2006年

代表の堀崎が個人で八王子市美山町の荒れた山林開拓を開始

2009年

2009年04月

任意団体として東京里山開拓団発足

2012年

2012年01月

児童養護施設との里山開拓を開始

2016年

2016年05月

2件目の児童養護施設との里山開拓を開始

2017年

2017年01月

NPO法人化

2019年

2019年

学生支部Enpentas発足

全国の里山紹介サイト「日本ノ里山ヲ鳥瞰スル」リリース

企業向けに里山での研修・会議支援を行う自主事業「アット里山」開始

毎日新聞社他よりエクセレントNPO大賞ノミネート表彰

厚生労働省より健康寿命をのばそうアワード子ども家庭局長賞表彰

2020年

2020年

3件目の児童養護施設との里山開拓を開始

児童養護施設にて里山スライド上映会を開催

環境省よりグッドライフアワード環境大臣賞最優秀賞表彰


2021年

2021年

4件目、5件目の児童養護施設との里山開拓を開始

あきる野市菅生に新たな里山を確保

児童養護施設のための里山付き別荘リニューアルオープン

環境白書に当団体の活動掲載

東京里山開拓団のボランティア募集

東京里山開拓団の職員・バイト募集