こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 国際系ボランティア募集一覧
  3. 人、社会、環境にやさしい消費と森のお話

更新日:2021/04/04

人、社会、環境にやさしい消費と森のお話

NPO iPledge
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「NPO iPledge」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

46a17ecad7-event_international_recruiting_81399_main.jpg
活動テーマ
開催場所
  • オンライン開催

参加申し込みしていただいた方に当日のzoomリンクをお知らせします。

必要経費

無料

募集対象

こんな方におすすめです!

◆環境問題、あまりよく知らないけど実は興味がある…。
◆気候変動や温暖化、何かしなきゃやばいって思うけど、何していいかわからない。
◆日常生活と環境問題って、どうつながっているのかな?
◆「SDGs」って聞いたことあるけど、イマイチよく知らないかも。
◆様々な人と出会いたい、環境のことについて話したり聞いたりしてみたい。

注目ポイント
  • 環境問題についてよく知らなくても大丈夫!「興味がある」「知りたい」気持ちを大切にしています
  • お一人での参加や、初心者も大歓迎!気負わず参加してみてください◎
  • 運営メンバーは、大学生から社会人まで多様なメンバーでやっています!
対象身分/年齢

募集詳細

エシカル消費、フェアトレード、FSC認証、そんな言葉を耳にしたり、商品を見たことはありますか?

みなさんはものを買うとき、何を重視して、どんな基準で選んでいるでしょうか。


とにかく安く、長持ちさせたい。

素材が好き。珍しくて人とかぶらないものが良い。このデザイナーが好き。

選ぶ時の基準は、ものの種類や利用方法によっても様々だと思います。


でも、ちょっと考えてみましょう。

私たちが「ものを買う」という行動は、

「その製品をつくっている企業にお金を支払う=その企業を応援する」ということに繋がります。


その企業は、環境にやさしく、働く人や社会にもやさしいものづくりをしているかもしれないし、

反対に、環境を破壊したり、途上国の過酷な労働環境から生まれた原料をつかっているかもしれません。


では私たちはどうやって、環境にも、人や社会にもやさしい選択をすることができるのでしょうか?


「サステナブルな消費」という視点から、SDGsと生物多様性、特に森について一緒に考えてみましょう!



☆☆☆開催概要☆☆☆

【日 時】2021年4月3日(土)10:00〜12:00(9:50開場)

【場 所】オンライン開催:ZOOM

※参加申し込みしていただいた方に当日のzoomリンクをお知らせします。

【共 催】A SEED JAPAN・NPO iPledge

【対 象】大学生、若手社会人

【参加費】無料

【申込み締め切り】2021年4月1日(木)23:59


プログラム

(※プログラムは変更になる場合があります。)

1、はじめに

・開催趣旨説明

・参加者自己紹介

2、話題提供① 江口健介

・持続可能な消費とは

3、話題提供② 井上あいみ

・森のお話:住宅編

・森と生きる、家を建てる・日本の国産材を使った住宅づくり

4、質問タイム

※話を聞いて、もっと聞いてみたいこと、疑問に思ったことetc

5、みんなで話そう!

・日常にあるSDGsに紐づけたいろいろなアクション

6、おわりに

・次回の日程お知らせ


●ゲスト

井上 あいみ(イノウエ アイミ)

2005年から3年間、国際青年環境NGO A SEED JAPANに参加。環境活動家・田中優とエコ貯金プロジェクトとの共著本「おカネで世界を変える30の方法」(合同出版)の執筆にも携わる。

現在は、国産材と自然素材で持続可能な家づくりを行う「株式会社 天然住宅」に所属。日本で初めて設立された市民発のNPOバンク「未来バンク」の理事も務める。


江口 健介(エグチ ケンスケ)

神奈川県横須賀市出身。東京農業大学卒業。2007年春より国際青年環境NGO A SEED JAPANに参加し、2009年度理事を経て2010年度に共同代表を務める。その間、2008年7月北海道洞爺湖G8サミットに向けたプロジェクトや、2010年10月生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けたプロジェクトのコーディネートを行ってきた。現在は、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)職員として、環境NPOの支援や環境課題解決に向けた

パートナーシップづくりを仕事にする。SDGsに関する講演や地域で具体化するための取組支援を全国各地で行う。

法人情報

“世の中を変える力を、すべてのワカモノへ。”
代表者

羽仁カンタ

設立年

2014年

法人格

NPO法人

iPledgeの法人活動理念

「ごみを拾わないボランティア」


ごみゼロナビゲーションは、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC OSAKAなど、年間約30本の様々な野外フェスを中心に、イベントや海岸での環境対策活動を企画・実施しています。


ごみゼロナビゲーションの活動は「ごみ拾い」ではありません。

ごみをポイ捨てする人がいて、そのごみを拾う人がいる。そのような構図のままでは、社会はいつまでも変わらないと考えているからです。

誰かがごみを拾うのではなく、イベントに参加する全ての人々が、自分たちの手でごみや資源を分別できるようにすることで、クリーンでピースフルなイベントをつくりあげることを目指しています。

具体的には、来場者へのごみ資源分別ナビゲート、飲食エリアへのリユース食器の導入・運営、マイ食器マイボトル持参の啓発ブースなどの活動をボランティアと一緒に行い、「ごみ」を切り口として、来場者・主催者とともに、より「参加型のフェスティバル」を創り上げています。

また、ごみゼロナビゲーション運営団体であるNPO iPledgeは、NPOとしての独立した立場をとっています。主催者と対等な関係で、 大量生産・大量消費・大量廃棄を推進するイベントではなく、未来を見据えたより多面的でオルタナティブな視点を持ったイベントの環境対策、 企画制作、運営やコ-ディネ-トを行っています。








iPledgeの法人活動内容

ボランティアコーディネート

ごみの分別ナビゲート

ecoアクションキャンペーン

オリジナルごみ袋の配布

Dish Reuse System

※詳しい活動内容はごみゼロナビゲーションのホームページをご覧ください。

iPledgeのボランティア募集

iPledgeの職員・バイト募集