こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 埼玉のボランティア募集一覧
  3. 埼玉でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. イベント企画でチャリティしよう!仲間を募集中!

更新日:2021/04/04

イベント企画でチャリティしよう!仲間を募集中!

PARASAIYO
メインビジュアル背景画像

この募集の受入団体「PARASAIYO」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

d03f7bca4b-concert-2527495_1280.jpg

社会人・学生と一緒にイベント企画をしてチャリティをしませんか?コロナ禍で色々なイベントがキャンセルになり、もどかしさを感じているなか、アフターコロナを見据えて一緒にチャリティイベントを企画しましょう!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

活動頻度

週0〜1回

現状、2週間に1回程度、プロジェクトメンバー全員でのオンラインミーティングを行うほか、担当する役割によっては適宜追加でミーティングを行っております!
もちろん、本業(お仕事、学業、ご家庭など)優先で、無理のない範囲でご参加ください♪

募集対象

★国内/国際ボランティアに関わりたい方
★新たな仲間とイベント企画してみたい方
★チャリティイベントに貢献してみたい方
★仕事以外で新しい仲間を増やしたい方

1年以上の長期に関わって頂ける仲間を募集しているため、
★イベントを作り上げるコミットが出来る人・挑戦したい方

現在20〜30代の大学生・社会人が中心となり、活動しています!

※当団体では、チャリティーイベントを企画・運営する側として、参加するお客様のおもてなしする姿勢を最重視しております。つきましては、説明会終了後に、当団体とのマッチングについて確認させていただきます。合致しなかった場合は、お断りさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。

※お申し込み頂いた後に、確認のメールを記載のメールアドレスにお送りさせていただきます。2-3日以内にお返事頂けない場合は説明会へのご参加をお断りさせていただく場合もございます。

注目ポイント
  • 関連団体は200人集まる運動会・BBQなど大規模イベントを主催!
  • 新しく立ち上がったばかりのプロジェクトのため、ゼロから関われることができます!
対象身分/年齢
募集人数

10名

関連スキル

募集詳細

チャリティイベント「ダンスマラソン」を一緒に企画しよう!

4/4(日)10:00-10:45、オンライン説明会を開催!

3月初旬にKickoffしたばかりの団体であり、現在は大学生〜社会人の11名で活動しております。

ですが、それなりに規模の大きいイベントを企画しているため、まだまだ仲間を募集しています!

イベント企画に関わって頂くかどうかは説明会後に決めて頂いて問題ありません。

少しでも興味を持って頂けましたら、ぜひ一度ご参加ください☺︎☺︎


*説明会へご応募頂いた後、メールにてWEB会議のURLをお送りさせていただきます。

必ずメールの受信Boxをご確認ください。



こんな人たちが現在関わっています!

- 成長意欲が高い学生・社会人(20〜30代)

- イベント企画が好き!してみたい!

- ボランティアやチャリティに興味がある!

- アクティブ、アウトドア好き!



チャリティーダンスマラソンとは?

アメリカのペンシルバニア州立大学では、毎年「THON」という世界最大の学生主導のフィランソロピー(慈善活動)が行われています。このイベントは、年間通して小児がんと闘う子供たちの応援と寄付金を集め、2月に行われる46時間の寝ない・座らないダンスマラソンが集大成となり、2020年には$11.69 million, 日本円で約12.36億円の寄付金を集めました。

★イベントの様子は、「THON Penn State」から!






日本で目指す「ダンスマラソン」の姿

日本では、児童擁護施設の子供達へ寄付することを目的として、ダンスマラソンを企画いたします。

今回は8~12時間のイベントを想定しており、首都圏のアリーナ(ビッグサイト、ヒカリエ、横浜大桟橋ホール等)を貸切り、子供〜大人の幅広い世代の方々に参加頂くことを想定しております。


終日ダンスするだけではなく、招待する児童擁護施設の子供達と触れ合ったり、ゲームをしたりなど、さまざまなコンテンツを企画していく予定です。


*あくまで「チャリティイベント」であり、様々な年代の方々にご参加頂くことを想定しているため、現時点ではアルコールの提供を予定しておりません。



なぜ日本で同様のイベントを企画しようと思ったのか?

発起人が所属するチャリティ団体「PARASAIYO」は、年間通して「大人の運動会」「200人BBQ」のようなチャリティイベントを企画し、収益金を寄付金として毎年約500万円を支援先であるフィリピンの児童擁護施設へ寄付しています。

しかし、コロナ禍により活動が制限されてしまい、ほとんどのイベントがオンラインに移行したため、寄付金の規模が圧迫されている状況です。


そんな中、発起人の母校であるペンシルバニア州立大学のダンスマラソン「THON」に影響を受け、アフターコロナを見据えてこのイベントを企画するにいたりました。


今はコロナ禍で開催は難しいですが、1年後の、例えば最初の緊急事態宣言が発令された4月頭、もしくは3月末ごろを想定しています。

本家のように46時間とまでは行かずとも、世界の子供達を支援する団体と協力しながら、例えば終日どこかの施設を貸し切って、朝から晩まで立ち続け・踊り続けて、「日本の子供達含め、世界の子供達」への支援とその認知度をあげることを目指しています。


コロナ禍で多くの団体が、色んな方々が、ゴールが見えず、直接会うこともできず、寄付金も集められず、もどかしい気持ちになっていると思います。

そんな団体や関わる人たちとともに、「世界の子供達のために」といった同じ目的のもと、活動できないかと思っています。


チャリティーダンスマラソンの目的

当イベントは次の2点を目的としています:

(1) ダンスマラソンで集めた寄付金を、日本・世界の児童養護施設を支援する(教育・生活・運営等)団体へ寄付すること

(2) 日本における、ボランティア・チャリティのイメージを変えること




伝えたいメッセージ

ダンスマラソンは、次のメッセージを届けるために存在します。

(1) チャリティにはさまざまな形があり、楽しみながらできるということ

(2) 児童養護施設の子供たちには、応援してくれる人たちがいるということ

(3) 誰もが必ず人の力になれるということ



ダンスマラソン企画に対する想い

より多くの人に、自分たちは必ず誰かの力になれるということに気付いてほしいと思っています。

コロナ禍に発案されたこのイベントを通して、現状にもどかしさを感じている人たちが新たな希望や目標を持てること、そして、その力が別の誰かの勇気となり、勇気を与えられた人がまた次の人に力を与える、"Pass it on"の精神が受け継がれていく未来の実現を目指します。

  • f79dbe74be-44359382_1901247596635181_513098186412261376_n.jpeg

    大人の運動会の集合写真!

  • 2699c1e2e0-11407069_10155684418790273_5444599743737189323_n.jpeg

    200人BBQの様子!

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:30%、女性:70%

団体情報

“団体名のPARASAIYOは、タガログ語で『For you』の意味があります。大人達が楽しみながらも本気でイベント企画をして、収益をフィリピンの子供達の教育費として20年間継続してサポートしている団体です!”
代表者

橘田 昌典

設立年

2000年

法人格

任意団体

PARASAIYOの団体活動理念

主催団体PARSAIYOは様々なチャリティーイベントを企画しており、各イベントの参加費の一部が、チャリティとしてPARASAIYOの支援するフィリピンの児童養護施設CMSPの学費及び支援活動費になります。PARASAIYOのメンバーは年に1回支援先の児童養護施設を訪問しており、子供達に教育プログラムを提供したり、一緒に遊びながら交流もしています。もし何か質問等ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

PARASAIYOの団体活動内容

パラサイヨは、2000年に大学生数10名が、英語のスタディツアーという形で、フィリピンの児童養護施設「CMSP」を訪問したところからスタートしました。


「CMSP」では、貧困層の子どもたちが自立していくために、教育を大切にしていました。けれども、私たちが訪問した2000年は児童養護施設の経済面の問題などから、 子どもの大学進学を打ち切る決断をを下さなければならない年だったのです。


しかし偶然にも、その年にパラサイヨが訪問し、寄付をしたことにより、奇跡的に大学進学費用を捻出することができたのです。「CMSP」では、「Productive member of society(社会の中で生産的な人間)」を育てることを理念として掲げ、子どもたちに教育の大切さを伝えています。パラサイヨもその理念に強く共感して、「CMSP」の支援を続けていきたいと考え、これまで活動を続けています。

ボランティア活動における支援金の集め方といえば、街頭での募金活動やインターネット上での寄付の募集が主流かと思います。


しかし、パラサイヨは発足当時から支援金のほとんどを自らの手でゼロから作るイベントによって得られる収益金によって、集めてきました。私たちが作ってきたイベントはマラソン大会からコンサート、運動会、大BBQ、ビジネスセミナー、英語教室まで多種多様です。

私たちが日本で一生懸命、自分の手で仲間と汗をかきながらがんばることで、子どもたちを応援したい、この気持ちがある限り私たちはこれからもたくさんの人に愛されるイベントを作り続けていくつもりです。

PARASAIYOのボランティア募集

PARASAIYOの職員・バイト募集