こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 【トークイベント】活動しても、いいですか?(ユースシンポジウム第1分科会)

    更新日:2020/09/28

    【トークイベント】活動しても、いいですか?(ユースシンポジウム第1分科会)

    京都市ユースサービス協会
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    9fe67e2c97-event_communitydevelopment_recruiting_79184_main.jpg

    サークルやボランティアなど自主活動の自粛が余儀なくされ、たくさんの不安の声が聴かれました。解散・休止、オンラインでの活動など、いろいろな動きがあったこの半年で、自分は何を大切に活動してきたのか考えます

    活動テーマ
    • 社会的孤立
    • 景観破壊
    • バリアフリー
    • 引きこもり
    • ジェンダー
    • マイノリティ
    • 動物愛護
    • NPO支援
    • アダルトチルドレン
    • 被害者支援
    • ワークライフバランス
    • 空き家
    • 薬物依存
    • 家庭内暴力
    • 障がい者雇用
    • LGBT
    • 新型コロナウイルスの影響によるオンラインボランティア
    開催場所
    • 京都 京都市 川端町13 京都市下京青少年活動センター (地図)
    必要経費

    無料

    開催日程

    13:00~17:00

    募集対象

    サークルやボランティア活動などをしてきた若者 25名

    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    25名

    募集詳細

    ユースシンポジウム2020

    1年に1度、若者にまつわるテーマで若者や市民の方々と議論・対話をする場づくりをしています。


    「ボランティア活動、してもいいですか?」

    青少年活動センターで実際に聞かれた言葉です。

    ドキッとしました。 自主・自発性のVolunteerは、いまやお許しを得て活動するものなのだろうか。。。

    とても戸惑いました。

    ボランティアに限らず、自主活動を応援するわたしたちにとって、この半年間あもどかしさを伴いながら応援する時間でした。


    この半年を語ろうぜ!

    今まで想像したこともない状況が私たちを襲いました。身の回りでもいろいろなことが変わったと思います。苦しいこと・悲しいこと・そのなかでもちょっとうれしかったこと・・・あなたは何を感じ、何を考えたのでしょうか。

    この半年の間に、それぞれの活動で、何を考え、どう展開してきたのか・・・ゲストのお話を聞きながら自身のことも考え語る時間にしたいと思います。


    当日のゲスト

    *田中 さん(キンダーフィルムフェストきょうと 子どもスタッフ)

    *清崎 さん(学生団体SMILE代表)

    コーディネーター=木村響子さん(京都市まちづくりアドバイザー)

    • d4eb2606d0-event_communitydevelopment_recruiting_79184_sub1.jpg

      【速報値】自粛期間中の活動実態

    • 28b24dda88-event_communitydevelopment_recruiting_79184_sub1.jpg

      主な活動分野

    • 540bc8ace7-event_communitydevelopment_recruiting_79184_sub1.jpg

      コーディネーター=木村さん

    • abb922c3b4-event_communitydevelopment_recruiting_79184_sub1.jpg

      ゲスト=田中さん(キンダーフィルムフェストきょうと)

    • 3eb9417ed0-event_communitydevelopment_recruiting_79184_sub1.jpg

      ゲスト=清崎さん(学生団体SMILE)

    体験談・雰囲気

    このイベントの体験談

    サークルやボランティアなどの自主活動は、半数が活動教師、1/3がオンラインでの取組を展開していたようです。


    あなたの活動は?

    あなたのモチベーションは?

    この半年に気づいた発見は?

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 短時間でも可
    • 土日中心
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん

    法人情報

    京都市ユースサービス協会

    “若者と同じ立場に立って話をし相談にのったり、いろんな可能性を発揮できるような機会づくりをしたり、 いろんな人や価値観と触れる場づくり等”

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    理事長 安保 千秋

    設立年

    1988年

    法人格

    公益財団法人

    京都市ユースサービス協会の法人活動理念

    1. 青少年が自分の本来持っている力を損なわれることなく伸ばしていけるように支援をします。

    2. 青少年が問題を抱えた時や必要を感じた時に課題を自ら乗り越えたり解決していくための力を獲得できるような支援をします。

    3. 青少年が市民社会の一員として参画し、役割を担っていけるための経験の機会を提供します。

    4. このような課題に対するユースサービスの事業が社会的な認知を拡大していくための活動を行います。

    京都市ユースサービス協会の法人活動内容

    ◎支援する

    ・青少年の社会参加促進事業

    ・プレイパーク事業

    ・青少年の居場所作り事業

    ・相談事業

    ・就労支援事業

    ・場所提供

    ◎つなげる

    ・指導者・ボランティア養成事業

    ・地域参加ののためのリーダーバンク事業

    ・青少年の交流促進事業

    ・資源を活かした協力・共催事業

    ◎伝える

    ・情報収集・提供・広報事業

    ・ユース・サービスの啓発

    ◎深める

    ・調査・研究

    ・研修事業

    京都市ユースサービス協会のボランティア募集

    京都市ユースサービス協会の職員・バイト募集