最終更新から2年11ヶ月以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

  1. ホーム
  2. 物品寄付
  3. こども・教育系物品寄付募集一覧
  4. 【不要パソコン募集】ハンディキャップに立ち向かう力を育成する活動にご協力ください

更新日:2021/03/30

【不要パソコン募集】ハンディキャップに立ち向かう力を育成する活動にご協力ください

JISPO|青少年情報科学実践機構
  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / 小中学生 / シニア

  • 物品の種類

    電化製品

基本情報

ICT学習が推進されています。諸条件により取組みができない児童へ配布しています。個人宅や会社のどこかで眠った古いパソコンはありませんか?学習用に整備、いつでも質問できるソフトを入れてお渡ししています。

活動テーマ
募集対象

捨てるつもりの使っていないパソコンご寄付ください。
古い物、壊れて動かない物でも結構です。
●対象
・ノートパソコン
・デスクトップパソコン
・タブレットPC
・プリンタ等一般的に使用する周辺機器

●ボランティアメンバーによって以下の状態へ修繕しています。
・パーツ交換をして”普通に使えるレベル”へ
・分からない事はいつでも質問できるチャットやリモートツールを設定

●内部データについて
セキュリティー上ハードディスクの再利用はしません。整備時に抜き出し切断廃棄としております。大切なデータが含まれる場合は事前にデータまたはハードディスクそのものを抜き出した状態で送付ください。

●配布先について
この活動は約3年前より行っています。過疎地域の児童、購入が困難な環境の児童、障害をお持ちの児童のうち主に小学3年生~中学2年生を対象としています。パソコンが使えることで将来的にこれらの不利である条件を自ら克服できる環境づくりを目指しています。

●送り先
こちらへ送付ください。
〒929-2231 石川県七尾市奥吉田リ部51番地 山口祐樹 宛
※元払い発送ご協力ください。
※受け取りをもってすべての条件を同意頂いたものとします。
※本体、データは後からは返却できかねますのでご注意下さい。
※次に使う方への応援メッセージの添付も可能です。ご希望の場合同梱ください。

●「応募画面へ進む」について
特筆すること、ご質問等はこちらのフォームより送信ください。
特になければ上記へ送って頂くだけで結構です。
後日受領証と団体からの感謝状を返送させて頂きます。

注目ポイント
  • 面倒な事は不要。送りつけて頂くだけ。
  • 企業様は地域へのPRにも。
  • 捨てればゴミ。送ればその一台で一人の人生が変わるかも。
物品の種類
応募画面へ進む

募集詳細

ありがとうございます。全国の個人方からご支援集まっています。

※すでにご寄付頂いている多数の方へ。申し訳ございません。報告資料作成が追い付いていません。年末頃に送らせて頂けるよう準備させて頂きます。


2020/04/16 配布対象を拡大した旨を本サイトに記載したとたんご寄付あつまり感謝いたします。 

2020/05/07 温かいメッセージも頂いております。鋭意改修と配布作業を行っています。

2020/06/10 学校はほぼ再開しました。第二波の備えのため活動は変わらず継続いたしております。

2020/06/23 石川県の新聞北國新聞様に大きく取り上げていただき県内からも沢山の応援いただいております。

2020/08/03 東京都生活文化局都民生活部 東京ボランティアポータル「どこでも共助」に掲載いただきました。

2020/08/11 本日より整備作業で今は活動が難しい国際ボランティアの方お手伝いいただいています。

2020/09/01 Google認定教育者、認定トレーナー試験を活動メンバーで受験し合格していっています。

2020/09/20 コロナ一定の落ち着きもあり来月から基本操作含めて配布可能な講習会を能登過疎認定地域で開催。




企業様にもご賛同頂きご協力いただき輪は広がっております。

【福井県:リゾート】スキージャム勝山様

【北陸3県:リサイクル】株式会社バイキング様

【富山県:放送】射水ケーブルネットワーク株式会社様

【石川県:物流】日本海トランスポート株式会社様

【石川県:建築】株式会社 サンテリア様

【愛知県:IT/システム】株式会社東海建物ニードエンジニアリング様

【石川県:広告】株式会社北陸スタッフ様

【石川県:福祉】社会福祉法人 能登福祉会様

【石川県:IT/システム】株式会社日西技研様



【石川県:産業機械】岩本工業株式会社様


その他匿名ご寄付の企業様


ご協力ありがとうございます。

応募画面へ進む

体験談・雰囲気

このの体験談

【個人S様】大学の時に使用していたノートパソコンですがもう10年近く放置していました。実は存在すら忘れていましたが役立てて頂けるという事でご協力させて頂きました。


【企業N様】Windows7サポート切れに伴い社内のパソコンの入れ替えを行いました。当初は廃棄を考えていましたが、こんな物でも子供たちの役に立つという事を伺って提供させて頂きました。有効に使用して頂ければ幸いです。

応募画面へ進む

法人情報

JISPO|青少年情報科学実践機構

“遠く離れていても、心はひとつ。リモートから現地を支える力 - どこにいても、変化をもたらす一歩を”
代表者

山口祐樹

設立年

2019年

法人格

一般社団法人

JISPO|青少年情報科学実践機構の法人活動理念

以前の理念
一般社団法人青少年情報科学実践機構は、北陸地方における青少年のための情報科学教育を通じて、次世代を担う若者たちがデジタル世界での可能性を最大限に発揮できるように支援してきました。

私たちの目的は、若者たちにICTのスキルとデジタルリテラシーを身につけさせ、彼らが未来の社会で活躍するための基盤を築くことにありました。


現在の理念
しかし、能登半島地震の発生により、私たちの活動は大きな転換点を迎えました。

今では、被災地の復興と地域コミュニティの再建を支援することに重点を置いています。

私たちの目的は、災害の影響を受けた地域社会がデジタル転換を通じて迅速に立ち直り、より強靭な未来を築くためのサポートを提供することに変わりました。

JISPO|青少年情報科学実践機構の法人活動内容

以前の活動内容

  • ・幼児から高校生までの若い世代へのICT教育プログラムの提供
  • ・デジタルスキルとリテラシー教育を通じた次世代育成
  • ・青少年たちの情報科学に対する関心と能力の向上

現在の活動内容

  • ・災害情報の収集・分析による被災地支援
  • ・オンラインでの広報活動とコミュニティとの連携強化
  • ・震災により経済活動が困難になった地域住民へのデジタルサポート
  • ・遠隔教育支援を含む、被災地の教育ニーズへの対応

この変化は、私たちの組織が直面した新たな課題に応え、被災地のニーズに対してより具体的に対応するためのものです。今後も、私たちは青少年たちの教育と共に、被災地の持続可能な復興と発展に貢献していく所存です。

取り組む社会課題:『令和6年能登半島地震』

「令和6年能登半島地震」の問題の現状  2024/01/31更新

物理的な復旧の難しさ: 能登半島の過疎地域では、地震による被害が甚大で、物理的な復旧が非常に困難です。インフラや住宅の損傷が深刻で、通常の生活や経済活動の再開には長い時間がかかると予想されます。


  1. 情報とコミュニケーションの不足: 地震後の混乱により、正確な情報の伝達や被災者間のコミュニケーションが不十分な状態です。これにより、適切な支援が届きにくくなっています。

経済活動の停滞: 地震により、地域の経済活動が大きく停滞し、多くの住民が収入源を失っています。特に、デジタル化が進んでいない地域では、この影響が顕著です。

「令和6年能登半島地震」の問題が発生する原因や抱える課題  2024/01/31更新

自然災害の甚大な影響: 地震は予測不可能な自然災害であり、その影響は即座に多大なものとなります。能登半島地震も例外ではなく、多くのインフラや建物に甚大な損害をもたらしました。


  1. 過疎地域の脆弱性: 過疎地域では、もともと人口が少なく、インフラやサービスが十分でないことが多いです。そのため、災害時には回復がより困難になる傾向があります。

  1. デジタル化への対応の遅れ: 過疎地域ではデジタル技術の普及や活用が遅れている場合が多く、災害時の迅速な情報伝達や経済活動の継続が困難になっています。

これらの現状と原因を踏まえ、私たちのデジタルボランティア活動は、物理的な復旧作業に加えて、情報の伝達、コミュニケーションの改善、そしてデジタル技術を活用した経済活動の再建を目指しています。これらの活動を通じて、地域社会の持続可能な復興と発展を支援することが私たちの目標です。

「令和6年能登半島地震」の問題の解決策  2024/01/31更新

我々が考える解決策は、以下のような複数の戦略を組み合わせることにより、能登半島地震の影響に対処しようとしています。


デジタルボランティアの活用: インターネットやデジタル技術を駆使して、被災地での情報収集・分析、オンライン広報活動、遠隔教育支援などを行います。これにより、被災地に必要な情報とサポートを提供し、迅速な復興を促進します。


オンラインプラットフォームの強化: デジタル技術を活用して、被災地の人々がオンラインでコミュニケーションを取れる環境を整備します。これにより、被災者同士の情報共有、心理的支援、教育やビジネスの継続が可能になります。


経済活動のデジタル転換サポート: 物理的な被害を受けた事業者や個人が、ネットを利用したビジネスモデルに移行できるよう支援します。これにより、経済活動の再開と持続可能な発展を目指します。


デジタルリテラシーの向上: 地元住民、特に若い世代にデジタルスキルの教育とトレーニングを提供します。これにより、将来的な災害に対するレジリエンスを高め、地域社会全体のデジタル化を促進します。


地域社会との協力強化: 地域の団体、教育機関、企業と連携を取り、総合的な復興計画を策定します。地域に根差した取り組みにより、具体的かつ実践的な支援を提供します。


これらの解決策は、被災地の現状とニーズを踏まえた上で策定されています。目に見える復旧作業だけでなく、地域社会のデジタル転換と持続可能な発展を重視しています。デジタルボランティアの力を借りて、能登半島の復興と再生に向けて前進していきたいと考えています。

JISPO|青少年情報科学実践機構のボランティア募集

JISPO|青少年情報科学実践機構の職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む