こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 小学6年生が考案した「食べ残しNOゲーム」で食ロスを楽しく学ぼう!

更新日:2020/04/05

小学6年生が考案した「食べ残しNOゲーム」で食ロスを楽しく学ぼう!

特定非営利活動法人Deep People
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「特定非営利活動法人Deep People」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

e79da12b15-bn-tabenokoshi-no_adventure.jpg

大阪市内の出張授業で大好評のゲームで、食品ロスを楽しく学びませんか?
ゲームを通してSDGsを学ぶことができ、課題発見力や課題解決力、コミュニケーション、暗算力やマルチタスク能力も高めることができます

活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

開催日程

【新型コロナウイルスの影響による体験会・説明会の延期について】
4月に実施を予定しておりました体験会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大防止のため、お客様をはじめとした関係各位の安全を考慮し、開催再延期を決定致しました。
参加を予定しておりました皆様には、開催前の急なご案内になってしまったことを心よりお詫び申し上げます。
感染拡大防止の為、このような判断とさせていただきました。何卒、ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。
なお、延期後の日程は下記の通りで予定しております。

■4月に予定しておりました体験会の変更日
5月に開催を予定しております。
日程が決まり次第、掲載させていただきます。
時間:10:00-11:00(60分)

募集対象

小・中学生とその保護者様

注目ポイント
  • 大阪市内の出張授業で使用されているゲームです。
  • 小学6年生の男の子が考案したストーリーをお伝えします。
対象身分/年齢
募集人数

20名

募集詳細

食べ残しNOゲームとは?

当時、小学6年生だった栗田哲くんが、食品ロスの食べ残しの問題を、自ら飲食店で行ったフィールドワークによって、発見しました。その食べ残しの問題を小学生にわかりやすく伝え、興味を持って問題解決に取り組んでもらいたいと考えて作ったのが「食べ残しNOゲーム」です。

「カードゲーム」にすることによって子どもが遊びながら楽しく学べ、食品ロスの社会問題を自分事として、取り組めるようになります。

体験会ではルール説明の理解だけでなく、実際にゲームで遊んでいただくことで、より深く食品ロスについて知ることができます。

ゲームはご購入いただくことも可能ですので、ご希望の際はお申し付けください。

より多くの子どもたちに「食品ロス」の問題を知っていただき、みんなで問題解決をしていきたい・意識を変えていきたいと思っておりますので、この体験会がそのきっかけとなればと思っておりますので、参加は無料で実施しております。(参加人数によりご用意させていただくゲームの数が変わりますので、恐れ入りますが、参加ご希望の方はご応募お願いいたします。)


【新型コロナウイルスの影響による体験会・説明会の延期について】

4月に実施を予定しておりました体験会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大防止のため、お客様をはじめとした関係各位の安全を考慮し、開催延期を決定致しました。

参加を予定しておりました皆様には、開催前の急なご案内になってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

感染拡大防止の為、このような判断とさせていただきました。何卒、ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

なお、延期後の日程は下記の通りで予定しております。

■4月に予定しておりました体験会の変更日

5月に開催を予定しております。

日程が決まり次第、掲載させていただきます。

  • 9c6788cdb5-bn-tabenokoshi-no_adventure.jpg

    日時等詳細

  • 9a608acd4c-200219_pop.jpg

    出張授業概要

  • 903403c8c4-191114_tng_shirashi_ol-1.jpg

    食べ残しNOゲームチラシ(表)

  • 7ddd71e871-191114_tng_shirashi_ol-2.jpg

    食べ残しNOゲームチラシ(裏)

体験談・雰囲気

このイベントの雰囲気

わいわい楽しくゲームで学べる♫

子どもも大人も盛り上がる!

特徴

法人情報

“Change the world with design.”
設立年

2007年

法人格

NPO法人

Deep Peopleの法人活動内容

経済が発展し、物質的には豊かになっているにもかかわらず、自殺者が年間3万人という今の日本。他にもいじめ、子どもの貧困、ニートなどといった様々な社会課題がある。これらの課題に対して、行政だけでは資金的、人員的に解決へのアプローチは難しいことが現状である。だからこそ今、物質的な豊かさではない、社会の在り方や人の生き方に問いを投げかける時期であると考えている。これらの課題に対して、他人事ではなく、自分事として、自ら考え、行動していく人材育成することが大切であると考えるため、人材育成に取り組んでいる。

●キャリア教育事業(小・中・高校生向け):小学校、中学校へのキャリア教育企画・実施。
●インターンシップ事業(大学生、専門学校生、留学生向け):夏・春休みに約10のプロジェクトを企画・実施。また留学生インターンシップに特化したプロジェクトを毎年1回実施。
●大学連携事業(大学機関):大学よりキャリア教育事業を2校より受託。インターンシップのコーディネート、学生事前・事後学習などを一手に引き受ける。
●社会起業家育成事業(社会人向け):マンツーマンで社会起業家を育成する事業。コンセプトの開発から、ロゴ、名刺、ホームページといったツールの作成、そして起業後のサポートを行う。
●社会起業家育成事業(外国人向け):マンツーマンで、外国人留学生・社会人に対して社会起業家を育成する事業。
●企業研修事業(法人向け):企業内の新人教育、幹部教育を行う。
●大阪ウェルワーク事業:2015年2月より大阪府から事業受託し、企業の定着率を上げ、離職率をさげるため、セミナーの開催やコンサルティング、カウンセリングを行っている。
●障害者サポート事業:障害者雇用を考えておられる企業にノウハウを提供。障がいがあってもなくても一緒にスポーツが楽しめる場所を増やす「レインボー丸プロジェクト」実施。福祉作業所と企業が連携して、新たなビジネスモデルを創出する「福祉未来価値創造プロジェクト」を実施。
●幼児教育事業:幼児教育の教育モデルと運営ノウハウを教授。
●学校運営事業:自ら課題を発見し、解決に取り組み、社会をよりよくしようという志を育て、ひとりひとりを応援する「未来価値創造大学校」の運営

活動実績

2007年
法人設立

2007年

「OKURIN」 GOOD DESIGN AWARD 2007 受賞

2007年

2008年
CBアワード奨励賞受賞

2008年

2014年
大阪府より「インターンシップ事業"EINSTEIN"」受託

2014年11月

2015年
大阪府より「社員定着支援事業"wellwork"」受託

2015年04月

2017年
未来価値創造大学校設立

2017年04月

第1回 福祉未来価値創造大賞2017実施

2017年11月

2018年
第12回キッズデザイン賞 キッズデザイン協議会会長賞 受賞

2018年09月25日

第2回 福祉未来価値創造大賞2018実施

2018年11月

2019年
第1回 Youth2030開催

2019年02月

第3回 福祉未来価値創造大賞2019実施

2019年11月

Deep Peopleのボランティア募集

Deep Peopleの職員・バイト募集