こちらの海外プログラムは募集が終了しています。

  1. 【英語初心者OK】フィリピン旅行系社会企業で広報インターン【Social留学】

    更新日:2020/05/08

    【英語初心者OK】フィリピン旅行系社会企業で広報インターン【Social留学】

    株式会社コネクト&フロウ
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    8bab84aa2f-mad-intern4.jpg

    MAD Travelはフィリピンでソーシャルツーリズムを提供する社会的企業です。多国籍なインターン生が会社の中に加わり、持続的な観光事業を通じて、現地にある不平等を軽減することを使命としています。

    活動テーマ
    • 平和
    • 国際交流
    • 自立支援
    活動場所
    • フィリピン
    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    募集対象

    特になし

    注目ポイント
    • 持続可能な開発/ソーシャルイノベーション等の課題解決をしながら世界に新しい旅のスタイルを提供!
    • Social留学と組み合わせ可能、留学しながらインターナショナルな環境の中でインターンができる
    • ツアーの企画などを通して旅行業界や観光事業での仕事を体感できる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    3名

    関連スキル
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング

    募集詳細

    募集内容

    MAD Travelの営業・広報担当として、最低週2日からインターンをする事ができます。(Social留学と組みわせることも可能!)
    インターナショナルな職場環境の中、日本語で業務を行います。英語力に自信がない方でも安心して参加いただけます。


    【こんな人にオススメ】
    ・社会的企業に興味がある方
    ・サステナブルツーリズムに関心が強い方
    ・貧困解決に興味がある方

    ・環境保全に意識を強く持っている方


    このインターンをする意味

    MAD Travel(=Make a Difference)とは、フィリピンで山岳民族など置き去りにされたコミュニティと協力しながら、持続性のあるソーシャルツーリズムを提供している社会的企業です。

    誰でも参加できる持続的な観光事業を通じて、フィリピンにある不平等を軽減することを使命としています。

    既に様々な国からのインターン生が会社の中に入り、活動しています。

    このMAD Travelを日本にも周知するべく日本人インターンの応募も開始しました。


    このインターンの仕事内容

    多くの人が旅を通して、フィリピンの文化や魅力を知ること、コミュニティとつながることで、その先にいる人たちの尊厳を高めたり、雇用の機会となります。

    現在MAD Travelを日本にも浸透させるために、在比の日本人スタッフが様々な企画を施策考案し運営しています。

    インターン生にはこの日本人スタッフと共に、業務をしていただきます。


    主な仕事内容は以下になります。
    ・日本人に向けたMAD Travelのツアーのプロモーション
    ・日本人に向けたツアーの営業
    ・日本人に向けたツアーの企画及び集客

    ・MAD Travelがもっと成長していくための施策考案、実施


    このインターンのメリット

    社会的企業でインターンをすることで、ソーシャルビジネスの基礎を学ぶことだできます。

    更に、インターナショナルな環境の中で働くことで、自然と英語をアウトプットする機会を増やすことができます。

    Social留学と提携しているので留学で英語力を養いながら、MAD Travelの海外インターンにも参加可能です。

    また当然ですが、ツアーの企画などを通して旅行業界や観光事業での仕事を体感できます。

    持続可能な開発とソーシャルイノベーションといった、課題解決をしながら世界に新しい旅のスタイルを提供していくことについて貪欲に学んで欲しいです!参加お待ちしております。

    • cd979ae425-mad-intern1.jpeg

      MAD Travel スタディーツアー

    • ea89d9a6d1-mad-intern2.jpeg

      MAD Travel クリスマスパーティ

    • 1f9a29e8ef-mad-intern3.jpg

      ボホールツアーの様子

    体験談・雰囲気

    この海外プログラムの体験談

    Social留学を利用して、マニラの語学学校に通いながらMAD Travelでお仕事を始めてから1か月弱が経とうとしていますが、主な仕事内容としては、英語翻訳やフィリピンのコミュニティで作られている商品の市場調査、SNSでの広報のお仕事をさせていただいています。

    このような活動をする中で「働き方」に加えて、もう1つMAD Travelならではの特徴を感じました。

    MAD Travelのインターンでは割り振られるお仕事もあるのですが、常に社員の方が「やりたいことがあったら言ってね!」と声をかけてくれます。

    そんなインターン生にもチャンスを積極的に与えてくれる社会的企業なので、ただ作業をするだけでなく、すべての仕事において自分が思考して行動に移せる所がMAD Travelならではの特徴ですし、魅力の1つだと思います。

    一見大変そうに見えるかもしれないですが、自分が考えて主体的に動くことでお仕事がただの作業ではなく「自分の」お仕事になっていきます。

    シンプルに愛着がわいて楽しくなっていくるんですよね。(笑)

    この海外プログラムの雰囲気

    まずは僕が感じる、MAD Travelの雰囲気についてお伝えしたいと思います。

    一番最初に、驚いたのが「働き方」です。びっくりするぐらい自由です。

    基本的に好きな時に、好きなところで仕事ができるのがMAD Travelの特徴です。他の社員さんやインターン生も、オフィスに来る人もいればそうでない人もいて、MAD Travelのメンバー全員が自分の好きなスタイルで仕事をしています。

    僕の場合は与えてもらった仕事をしたり、自分のやりたいことに現在は取り組んでいます。

    そして何と言っても、MAD Travelの一番の魅力はメンバー全員がとにかく「温かい」ことです!

    先日、MAD Travelのメンバー全員が集まるクリスマスパーティーに参加しました。

    普段お仕事をしているときのみなさんは真剣で、すごくかっこいい印象ですが、パーティーが始まるとモードが一気に変わります。(笑)


    このパーティーの場には、MAD Travelの社員はもちろん、彼らの恋人や友人という、初対面の方も多く見かけられました。
    そんな中、MAD Travelのメンバーはすべての人を温かく迎え入れ、一緒にゲームをしたり、持ち寄った食べ物をシェアしたり、それぞれの価値観について話したりと、最終的にはみんなが自然に笑顔で楽しんでいる場が生まれていました。

    MAD Travelのメンバー全員が、お仕事のように、普段から「みんなで」幸せに暮らせる社会を目指しているので、それがどんな場面であっても、もはや生き方になっているのだな。と感じ、改めてかっこよくて「温かい人たち」だと再認識しました。

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • テンション高め
    • 成長意欲が高い
    • 外国人もいる
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    • 9f3982745c-mad-intern5.jpg

      ソーシャルツーリズムの様子

    • 3d8163c734-mad-intern6.jpg

      ワークショップイベントの様子

    企業情報

    Usersmainimg
    Avatar

    株式会社コネクト&フロウ

    代表者

    野中柊平

    設立年

    2018年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    コネクト&フロウの企業活動理念

    海を渡る理由に正解はありません。まずは大きく環境を変えて学ぶということ自体に価値をおき、その学びの切り口はさまざまであっていいと思います。語学留学でも海外インターンでも国際協力でもボランティアでも旅でもいい。大事なことは、その中でひとりひとりが学び、人生や社会に対してどのような形で実際に行動していくのかです。また、それと同時に海を渡った先にも、現地の社会があることを合わせて考えていかなければなりません。


    日本で古くから受け継がれてきた経営の考え方のひとつに「三方よし」があります。「売り手よし、買い手よし、世間よし」という表現で広く知られていて、「売り手」「買い手」の満足と同時に「世間(社会)」に貢献して初めてよいビジネスであるという考えです。


    では、留学事業においての「三方よし」とは何でしょうか。それは、『留学エージェントと語学学校』、『留学生』、『留学先の地域』の三方が良い状態にあることです。


    留学エージェントと語学学校が「売り手」、留学生が「買い手」であり、この二者の満足は目指すものではなく当然のことだと考えています。そこで残るひとつが『留学先の地域』への貢献です。


    私たちはこの『留学先の地域』への貢献や利益の還元があまり考慮されていない現状に疑問を持ち、打開策の一つを形にしようという想いで動き出しました。試行錯誤する中で、『留学先の地域』に貢献する方法としてたどり着いたのが地域に根ざして最適な活動を行なっている現地のNGO/NPO・社会企業の存在です。私たちは地域に寄り添っている彼らと留学の仕組みを共創することで間接的に『留学先の地域』に対して貢献することができるのではないかと考えました。


    留学が「売り手」と「買い手」の二者だけの満足になっている現状を変えること、留学がその土地を訪れて多角的に学ぶという本来の意味ではなく、ただの語学留学になってしまっている現状に選択肢をもうひとつ提示すること、この二つの試みがソーシャル留学です。


    このようにソーシャル留学では、日本を出て海外で学ぶ人のサポートすることを通じて、関わる人・地域・次世代に還元していくことを目指しています。

    コネクト&フロウのボランティア募集

    コネクト&フロウの職員・バイト募集