1. 【全国募集】子ども支援・教育振興プラットフォームをご一緒につくりませんか。

    更新日:2019/05/21

    【全国募集】子ども支援・教育振興プラットフォームをご一緒につくりませんか。

    ティンカーベル
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    368c62388f-kodomo.png

    子どもや若い世代の声を反映していくための、子ども支援や教育振興のプラットフォームを各地で実現させていくための活動企画スタッフを募集します。次世代に向けたシステムづくりに取り組んでみませんか。

    活動テーマ
    • ストリートチルドレン
    • スラム
    • いじめ
    • 家庭崩壊
    • 少子化
    • 教育格差
    • 不登校
    • 非行
    • チャイルド・プア
    • 発達障害
    • 児童虐待
    • 児童買収
    • 経済格差
    • ワーキングプア
    • ホームレス
    • 保育
    • 子育て/育児
    • シングルマザー
    • 病児保育
    • モンスターペアレント
    • 待機児童
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 福井
    • 岐阜
    • 滋賀
    • 京都

    拠点によって、活動開始時期が異なります。個別のスケジュールはご応募ならびにお問い合わせいただいたのち、決まり次第お伝えいたします。
    ※京都・滋賀では6月上旬より説明会を複数回開催いたします。
    ※福井・岐阜では6月下旬より説明会を開催いたします。
    ※説明会は、ウェブでのやり取りでも対応可能です。

    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:半年)

    活動期間は夏~11月までですが、一部期間のみの参加も歓迎します。ご自身の都合に合わせてご参加いただけます。

    募集対象

    この活動は、小中高生、学生、20代を対象としています。
    ※各地社会福祉協議会のボランティア募集では、小学生を対象にしている団体が増えているため、当団体でも、小学生から参加できるように体制を整えます。
    ※若年層の意見表明機会の創出および、若年世代による子ども支援・教育振興分野における関係人口増加を目的としています。30代以上の方でご参加希望の際は、面談の上、ご検討させていただきますので、まずはお問い合わせください。

    注目ポイント
    • 新しい仕組みを作りながら、社会が大きく変わる瞬間を体感できます!
    • 子どもたちの声や思い、考えを反映させる機会になります!
    • 若い世代の皆さんのお力添えにより、0から1を生み、1を100にする活動です。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • 小中学生

    募集詳細

    本年は、国連にて子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)が採択されてから30周年を迎えます。日本での批准から25周年を迎えます。もっと子どもたちの権利、考えや思い、気持ちなどが尊重されるに十分な年月が経っています。しかし、様々な問題が起き、深刻さを増すだけでなく、子どもが何かを発しても無き声になってしまうことが現実問題としてあります。


    そのため、この「子どもの権利条約」をベースとして、様々な課題を具体的な改善のために前進させることと同時に、ちゃんと子どもの声を通していくために、半年近くかけて行う活動です。


    この条約においては、数多くの団体が普及のためにキャンペーンを計画していますが、この活動は、小中高生・学生を主体として、20代を含めた若い世代で、ただ普及させるのではなく、実現させていくための取り組みです。


    10年後、20年後の子どもたちにもつながる活動になるよう、新たなシステムづくりに挑戦しませんか。全国からご応募お待ちしております。(※イベント参加などで参加希望の方は、お問い合わせにてご連絡ください)


    活動企画の具体例)

    ●子どもユースフォーラム

    子どもたちや若い世代を対象とした活動をしている団体やグループ、学生さんなどとの交流イベントです。皆さんの考えや思いをシェアしていただけるイベントを目指しています。

    ●子ども会・子ども広場

    家庭や学校以外で、子どもたちが新たな出会いや体験を得ることができる多彩な取り組みを企画します。

    ●子どもの声を反映するための政策提言・事業提案会

    子どもたちの声を聞いて意見を反映しながら、新しい社会ビジョンを築いていきます。行政や学校への政策提言のほか、自分たちでも課題改善のための事業を考え、進めていきます。調査・研究・実践をしながら取り組みます。

    ●子どもの権利チャレンジ2019

    今年は国連子どもの権利条約採択から30周年。この節目に向けて、日本のすべての地域で、子どもたちと若い世代による「日本版・子どもの権利条例」の採択を目指し、活動していきます。

    そのほか、当団体を通して新しいイベント企画やプログラムなどに取り組むこともできます。

    • 30117da36c-singly_children_recruiting_73812_sub1.png

    募集について

    この活動は、10代・20代が一緒になって、ひとつの目標に向けて活動をする取り組みです。今回は、日本国内すべての区市町村に民間の子ども支援や教育振興のシステムを創るための取り組みの一環として、一緒に進めていただける方を募集しています。

    今回のこの募集では、皆さまに以下の活動を進めていただきたいと思います。

    ●団体や企画の広報活動(通年)

    ●子ども支援・教育振興活動の見本市「ユースフォーラム」の企画実行(6月~9月ころ)

    ●子どもや若者が楽しめるイベントの企画(夏休み)

    ●子どもの権利条例チャレンジ2019(11月22日~24日)

    活動全てでなくても、ご都合に合わせた参加でも大歓迎です。男女問わず様々な方の参画を楽しみにしております。

    ※必ずお読みください。

    「活動企画スタッフご参加までの流れ」

    ①ご応募 Activoさんよりお申し込みください。

    ※当団体は皆さまとの連絡方法にoutlookメールを使っていますが、Gmailでは受信の際に「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうことがあるようです。

    ※そのため、Gmailのお使いの有無にかかわらず、2種類のご連絡方法をご登録ください。

    ※1か月をめどにご連絡が取り合えない場合は、ご応募取り消しとなる場合がございます。


    ②ティンカーベルよりご連絡

    当団体より2~3日以内にメールを送信いたします。もし届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただくか、お手数おかけしますが、再度ご応募ください。

    ご連絡の際にお伝えすること

    ・ご挨拶

    ・登録の流れ

    ・今後の詳細のスケジュール 等


    ③説明会や交流会を実施します

    ティンカーベルよりご連絡が届いた際には、2週間以内にご返信をお願いします。

    なお、説明会・交流会は5月~6月の間に開催しますので、ご都合を調整したいと思います。

    説明会・交流会の開催時期は以下の通りです。


    「5月中より」東京・神奈川・千葉・埼玉

    「6月中」札幌市・秋田市・仙台市・郡山市・新潟市・金沢市・長野市・静岡市・浜松市・名古屋市・京都市・大阪市・神戸市・岡山市・広島市・福山市・高松市・松山市・高知市・福岡市・北九州市・長崎市・熊本市・鹿児島市・宮崎市・大分市・那覇市および北関東

    「7月上旬」上記以外の地域(上記の開催場所に来れない場合でも、必ず対応いたします)


    ④各種イベントを開催します(希望者の方)

    ●子どもユースフォーラム

    ※このイベントは、7月~9月にすべての都道府県で開催します。

    ●子どもの権利チャレンジ2019合宿


    ⑤国内各地で、活動やミーティングをはじめていきます。

    皆さんにお力添えいただきながら、「世界が変わるようなチャレンジ」に挑戦していきたいと思います。

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    • 1ad3dbd71a-singly_children_recruiting_73812_sub2.png

    団体情報

    代表者

    代表 河野

    設立年

    2018年

    法人格

    任意団体

    ティンカーベルの団体活動理念

    ティンカーベルは、主に小・中学生の子どもたちの学習・生活・成長がより豊かになるように、その実現のための調査研究・実践・政策提言を通し、活動をしていきます。自信があってもなくても、子どもたちがもっと可能性を高められるように。何をすればいいか考えていく団体として2017年11月に立ち上げます。

    ティンカーベルの団体活動内容

    問題や課題を抱えていても、どんな子でも、キラキラ輝いてほしい。そんな社会をもう一度、作り直すことが、ティンカーベルを設立する目的です。家庭・学校に次ぐ第三の居場所を創造し、あらゆる問題や課題が改善・解決するように、研究・調査を経てアプローチを実践し、自治体や各機関、学校に対しての提案に結び付けて行きます。

    ティンカーベルのボランティア募集

    ティンカーベルの職員・バイト募集