1. 【大学生】高校生社会体験プログラム 大学生ボランティア募集

    更新日:2019/07/17

    【大学生】高校生社会体験プログラム 大学生ボランティア募集

    NPO法人Curiosity(キュリオシティ)
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    ce5a94099a-IMG_8135.png

    高校生向け社会体験プログラム『まじプロ2019』に参加する高校生たちの伴走者として、サポートしてみませんか!?
    社会人スタッフも多数在籍しているので、社会人との繋がりを作りたい人にもオススメです!

    活動テーマ
    • 教育格差
    • 産学官連携
    活動場所
    • 東京

    主に文京区・江東区内の都営・区営施設で活動を行っています。

    必要経費

    無料

    活動場所までの交通費は各自ご負担をお願いします。

    活動日程

    随時活動(活動期間:半年)

    2019年8月~2020年3月
    長期的に団体の活動に関わりたい方も大歓迎です!

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    ・大学生、大学院生、専門学校生(学年・専攻不問/休学中の学生も歓迎します)
    ・過去のボランティア経験・教育経験等は問いません。
    初めてのボランティアを『まじプロ』で体験してみませんか!?

    注目ポイント
    • 他大学の大学生と共同作業を行うことで、様々な繋がりが生まれます!
    • 高校生や社会人と活動を行うことで、幅広い世代から刺激を得ることができます!
    • 各分野で活躍する社会人スタッフがいるので、将来の進路に悩んでいる方にもオススメ!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    15名

    関連スキル
    • デザイン
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング

    募集詳細

    まじプロとは??

    まじプロとは、今年で6年目を迎える高校生向けの社会体験プログラムです。

    高校生自ら支援したい社会問題を選び、NPO等の寄付先団体へのチャリティ資金の獲得に向けたイベントや物販などの企画を自らのグループで行います。この活動で得た収益は自ら希望した団体へ寄付します。


    一連の流れを全て自分たちで行うことで、働くこと、お金に対する理解を深めるとともに、グループの意見をまとめる難しさや大人・他者とのコミュニケーションの大変さなど、実社会でのリアルな経験の場を高校生向けに提供しているプログラムです。



    募集要項

    ■活動内容

    伴走者と運営の2つの役割があります!


    ・伴走者

    『高校生の活動を一番身近でサポート』

    高校生のチャレンジに対して、一番身近でのサポートをしていただきます。

    活動を通して様々な困難に直面するなかで、相談に乗ること、知識の面からサポートすること、共に活動を築き高校生にとって充実した活動となるように手助けしていくことが伴走者の役割です。

    また、大学生、社会人と様々なバックグラウンドを持つスタッフが在籍しているため、活動を通して自身の成長にも大きく繋がります。

    伴走者の活動を通して、高校生のチャレンジをともに支えましょう!


    ・運営

    『Curiosityの活動をサポート』

    高校生のチャレンジに対して、裏方でのサポートをしていただきます。

    広報、研修プログラムの作成、伴走者との打ち合わせなどなど・・・

    高校生の活動、Curiosityの活動にあたっての運営側のサポートは必要不可決です。

    運営の活動を通して、高校生のチャレンジをともに支えましょう!


    ※伴走者、運営についてはご自身で選択していただけます。

    詳細につきましては説明会にてご説明いたします。


    また、様々な分野で活躍する社会人スタッフが多数在籍しているので、

    皆さんの就活や将来の進路へのアドバイスも可能です!


    最後にみんなで笑って終われるように一緒に頑張りましょう!



    ■活動期間

    2019年8月~2020年3月


    ・8月〜10月

    まじプロ実施準備期間

    ※活動日は基本的に日曜日です。

    ※活動頻度は伴走者が月1~3回程度、運営が月3〜4回です。


    ・11月〜02月

    まじプロ実施

    ※活動日は基本的に日曜日です。

    ※活動頻度は月3~4回程度です。

    ※お盆・年末年始の活動はありません。


    ■主な活動場所

    ・文京区民センター(8月〜10月)

    最寄駅:春日駅/後楽園駅

    ・BumB 東京スポーツ文化館(11月〜2月)

    最寄駅:新木場駅

    ※上記以外の場所で活動する場合もあります。


    ■参加要件

    ・週1回の活動、会議に参加できる方

    ・活動へ真剣に取り組める方


    ★こんな人におすすめ!

    将来、教育に関わる仕事に就いてみたい!

    高校生と一緒になって、プロジェクトを成功させてみたい!

    ✔ 社会人に相談してみたいことがあるけれど、周りに相談できる社会人がいない!

    人を助けることが自分にとっての幸せにつながる!

    大学やサークルではなかなかできないことを経験してみたい!


    よくある質問

    Q.予備知識や経験がないと参加できませんか?

    A.未経験者でも大丈夫です。

    今までに参加した大学生の方々もほとんどが未経験でした。

    経験豊富な社会人がしっかりとサポートするので、意欲的に参加できる方であればどなたでもご応募ください。


    Q.大学の授業・試験、サークル、バイトとの両立はできますか?

    A.可能です。それぞれのスケジュールに合わせて活動することが可能です。詳しくは説明会やメール等でお気軽にご相談ください。


    Q.1人での参加は可能ですか?

    A.参加者の約7割が1人での参加です。この機会を通じ、ぜひ新たな仲間を作っていただければと思います。


    Q.得意分野や希望する活動をすることはできますか?

    A.得意分野や興味のあること、それぞれのご希望や経歴などもお聞きした上で、担当・役割を決定します。

    • c8896e7eac-IMG_8273.JPG

      活動をやり切った高校生へ伴走者から賞状の授与です!

    • df3fd9f0de-member_children_recruiting_73577_sub1.jpg

      アイデア出しの一コマ。伴走者も見守りつつ、一緒に考えてます!

    応募の流れ

    まずは皆さんに活動の説明を行わせていただきます。

    質問や疑問点にもお答えいたしますので、まずはスタッフのみんなと会って話してみませんか!?


    説明会

    日時, 場所

    ・6月30日(日) 無事終了いたしました!

    ・7月7日(日) 無事終了いたしました!

    ・7月7日(日) 無事終了いたしました!


    7月21日(日)

     時間:10:00~11:30

     場所:アカデミー茗台(茗荷谷)

     最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩10分

          東京メトロ丸ノ内線 南北線 後楽園駅 徒歩14分


    7月21日(日)

     時間:13:00~14:30

     場所:アカデミー茗台(茗荷谷)

     最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩10分

          東京メトロ丸ノ内線 南北線 後楽園駅 徒歩14分


    ※上記日程で都合がつかない方は、お気軽にご相談ください!


    ■お申し込み方法

    1.「応募画面へ進む」をクリック!

    2. 必要事項を記入の上、送信!

    3. 完了!!


    ■注釈

    ・いずれか1回の参加で大丈夫です!

    ・どの日時も参加できない方は、応募画面の「メッセージ」にその旨お書きください!別途調整させていただきます!

    ・説明会に参加をしたうえで、ボランティア活動への参加を行うか否かを確認しております。「説明会の参加」=「ボランティア参加決定」ではないので、お気軽にご応募ください!!

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    ■新宮さん(慶應義塾大学4年生)
















     まじプロの伴走者として多様な人たちと関わる事で三つの事を得られました。


     一つ目は思い遣る心です。高校生という一段階歳の離れた方のメンターとして、「どうすれば相手の目線に合わせられるか」を意識する為、この心が育まれました。


     二つ目は論理的な思考です。社会人の方々の話し合いを聞き・参加し様々な表現に触れ合う、また自分が上手く言い表せなかった事も社会人の方々が汲み取り、言語化してくれるので表現のコツを実践的に得る事が出来ます。


     三つ目が多様な価値観です。学生、社会人が各々の思いを「マジ」になってぶつけ合うのでそれだけ深みのある価値観・個性に触れ合え、視野が広がりました。


     参加すればする程自分の能力が出来ている実感があり、「まじプロ」はとても奥深い活動です!




    ■木村さん(早稲田大学4年生)












     「高校生たちと喋ってみたい」そんな単純な考えで、まじプロに応募しました。

     大学のサークルも先輩のほうが多く、大学生活で年下の人たちと話す機会があまり無かったからです。


     しかし実際に参加すると、高校生はもちろんですが、社会人や他大学からの学生スタッフと話す場面がとても多かったです。さまざまな経歴や目的を持った方々のお話を聞き、自分自身の将来についても考えるきっかけになりました。


     また、高校生たちの立場に近い伴走者として、一緒に悩みながら取り組むことで、気づかされたことがたくさんあります。特に報告会では、自分たちで考え、実行した企画についてプレゼンする高校生たちがとても眩しかったです。


     壁を乗り越えて何かを実行する体験が自信につながることを、まじプロから教わりました。

     今年も去年とはまた違う、新たなまじプロを一緒に作ってくれるメンバーを待っています!



    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    関連大学
    • お茶の水女子
    • 学習院女子
    • 神奈川
    • 共立女子
    • 慶應義塾
    • 駒澤
    • 上智
    • 東京
    • 東京外国語
    • 東京女子
    • 東洋
    • 日本
    • 法政
    • 明治学院
    • 立教
    • 早稲田
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    • 23c1f9b728-member_children_recruiting_73577_sub2.jpg

      報告会でのトロフィー授与です!

    • d45a81e0a9-member_children_recruiting_73577_sub2.jpg

      報告会でのチームの集合写真です!

    • 741e8f70e6-IMG_8260.JPG

      まじプロを終えて、これからの目標です!

    • 4130232707-member_children_recruiting_73577_sub2.jpg

      伴走者と、担当していた高校生の集合写真。最終発表会の日の賞状を渡したところです。

    • 65d4ed1de8-member_children_recruiting_73577_sub2.jpg

      伴走者も声をかけながら、見守りながらアイデア出ししてます!

    • 35080f584a-member_children_recruiting_73577_sub2.jpg

      最終発表会も終わって、伴走者と高校生が会話に花咲かせています

    法人情報

    Square tiny 52b0af3649 1307db7fc7 author image 881user
    Square small 52b0af3649 1307db7fc7 author image 881user

    NPO法人Curiosity(キュリオシティ)

    代表者

    小川 智康

    設立年

    2013年

    法人格

    NPO法人

    Curiosity(キュリオシティ)の法人活動理念

    大切にしていること・問題意識

    ■やってみなくちゃ、わからない

    現代の若者はあふれる情報の中で生きています。情報があふれる現代だからこそ、自らの体を使って得た知識や経験がその後の人生において重要な意味を持ってくるものと考えています。

    直接見て、聞いて、触れて、考える。そして、失敗を恐れず、小さなことでもまず一度チャレンジしてみる。その試行錯誤の過程で得られた経験には、ネットで拾った情報とは違い、大きな価値があります。

    五感を使って得た経験こそ、これから生き抜く術を身につけていく若者にとって、大きな武器になると考えています。


    ■岐路に至るまでに視野を広げる

    現在の高校のカリキュラムでは、おおよそ2年生で就職または進学、さらには文系・理系あるいは専門学校などといったように、そのタイミングで進路を選択するケースがほとんどです。大学生でも同様に、就職活動が本格的に始まる3年生頃になって、目指す業界や就職先等を絞り込んでいきます。

    私たちは、この「岐路」に立つまでに視野を広げること、経験を増やすことが今まで以上に必要であると考えます。

    例えば、かつては親や親戚、地域の商店、工場、職人さんなど、働く人の背中を近くで見て育ってきた子供が少なくありませんでした。しかし、現在では核家族化や自営業者の減少などによって、働く人や職業の存在、社会が遠く、具体的にイメージしにくい存在になりつつあります。


    懸命に働く人の姿を目の当たりにしたり、起業体験やボランティアをはじめとする様々な社会体験を早い段階で経験することは、かけがえのない経験、刺激となり、大きく視野を広げる機会となります。


    ■キャリアは教室で学べない

    近年では文部科学省を中心に学校でのキャリア教育が推進されています。しかしながら現在のカリキュラムでは、ともすれば会社や組織で働く人の目線で、『これが今後仕事をする上で役に立つのだからやっておくべき』という決められた枠にはめがちです。

    もとより、従来に比べ「キャリア」に対する考え方、定義も人によって大きく異なってきているのではないでしょうか。付け加えれば、それぞれの考える成功・満足、幸せといった価値観・尺度も非常に多様な時代になってきました。

    大切なことは、早い段階で今の自分と将来について考え、向き合う機会を増やすことです。


    学校の外の社会に出て、自らが主体的に行動し、試行錯誤する過程こそ、本当の意味でキャリアを身に付けられる機会になるものと考えます。

    Curiosity(キュリオシティ)の法人活動内容

    Curiosityは高校生向けチャリティ起業体験プログラム「まじプロ」を中心に、若者世代にリアルな社会経験の機会を提供しています。

    Curiosity(キュリオシティ)のボランティア募集

    Curiosity(キュリオシティ)の職員・バイト募集