1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【大学1・2年生限定】子ども対象キャンプ引率コアメンバー募集!

【大学1・2年生限定】子ども対象キャンプ引率コアメンバー募集!

NPO法人野外遊び喜び総合研究所
  • 活動場所

    東京 (キャンプやイベントのための企画ミーティングは「オンライン」と「対面」のどちらも実施しています。対面ミーティングの会場は【東京都府中市】です。実際の活動は山梨県大月市のあばれんぼキャンプ専用フィールド、冬休みは新潟県妙高市のスキー場です。*活動は基本オフラインとなるため、東京都府中市にある事務局に定期的に通える方のみご応募ください。)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:半年)

  • 活動頻度

    週2〜3回

基本情報

幼児~中学生対象のキャンプ企画立案し、当日運営、スタッフマネジメントを担当していただく「中心的メンバー」を募集しています!1年以上の長期間活動してくださる方、大歓迎☆

活動テーマ
活動場所

キャンプやイベントのための企画ミーティングは「オンライン」と「対面」のどちらも実施しています。
対面ミーティングの会場は【東京都府中市】です。
実際の活動は山梨県大月市のあばれんぼキャンプ専用フィールド、冬休みは新潟県妙高市のスキー場です。
*活動は基本オフラインとなるため、東京都府中市にある事務局に定期的に通える方のみご応募ください。

必要経費

無料

・ミーティング会場(東京都府中市)、指定集合解散場所(東京都内)までの交通費は各自ご負担をお願いします。
・活動着(運動着、靴)、雨具などの個人装備はご自身でご用意頂きます。その他、特別な道具等は当法人が用意いたします。
・キャンプ中の交通費、食費、アクティビティ代は原則当法人が負担します。

活動日程

随時活動(活動期間:半年)

年間を通して、キャンプを開催しているため、ご自身の予定に合わせて参加することが可能です(参加ノルマなどは設定していません)。
キャンプ当日は日帰りから10泊程度まで、事業によって日数が変わります。

活動頻度

週2〜3回

毎週水曜日の夜間に企画ミーティング(定例会)実施。
週末(土日祝日)と長期休暇中の活動がメインです。

募集対象

・心身ともに健康な方
・担当者と事前のメールのやりとりがと出来る方
・継続して参加してくださる方
*技術、経験は一切問いません!子どもたちのために活動したい方、子どもたちと一緒に楽しみたい方!そんなバイタリティ溢れる方をお待ちしております。

【注意点】
*継続意志のない方、1度だけ参加希望の方はお断りさせていただいております。
*活動は基本オフラインとなるため、東京都府中市にある事務局に定期的に通えることをご確認ください。
*ボランティア証明書の発行も可能です(当法人独自の発行条件があるため、希望の方は個別にお問い合わせください)。​

注目ポイント
  • 子どもに関わる様々な体験活動のスタッフとして活動していただきます!座学では学ぶことができない学びや気づきがたくさんあります。
  • 「学生時代に力を入れたこと」にも効果的(実績多数)、「就活軸」「やりたいこと」を発見することができます!
  • 教育の専門知識がなくても大丈夫。活動しながら講習会やミーティングを通して学ぶことができます。
対象身分/年齢
募集人数

5名

関連スキル
特徴
応募画面へ進む

募集詳細

あばれんぼキャンプについて

NPO法人野外遊び喜び総合研究所(通称:あばれんぼキャンプ)は「すべての子ども達が、走り回り輝く社会の実現」を目指し、幼児から中学生を対象とした、自然体験活動(キャンプ)を年間通じて開催しているNPO法人です。

現在、子どもたちを対象にしたキャンプで企画立案からイベントづくりに参加してくださる『コアメンバー』を募集しています!


コアメンバーの活動内容

コアメンバーとは、イベントやキャンプ当日の活動だけでなく企画立案から事前準備に積極的に関わり、一歩踏み込んで団体と関わるボランティアの中心的メンバーです。

「なんとなく教育関係には進みたいと思っているけど、もっとできることや視野を広げたい!」

「自分の強みと弱みを明らかにして、自己課題を解決したい!」

「企画立案を経験、自分の生活に活かしたい!」

「このまま過ごしていて良いのか不安。本気になって物事をやり遂げたい!」

という方はぜひご登録ください。


どんなことをするの?

あばれんぼキャンプが主催する幼児〜中学生を対象とした「キャンプ」の企画立案・運営は、職員とボランティアスタッフ数人で組織を作り実施しています。

その中でもコアメンバーは、プロジェクトチームのリーダーを担ったり、子どもの前に立って一斉指導をしたり、子どもやスタッフを先導したりと組織の第一線に立ちリーダーシップを発揮する役割です。


ボランティア登録の流れ

興味を持ってくれたら、まずは「新規ボランティア説明会」に参加してください。

新規ボランティア説明会は平日の夜間、月2〜3回程度開催していて、具体的な活動内容や日程・雰囲気などをお伝えします。

新規ボランティア説明会参加後、あばれんぼキャンプが主催する「ボランティアスキルアップ講習会」や「ボランティアスタッフ定例会(毎週水曜日夜間に開催)」に参加いただき、キャンプのための準備を行います。

経験、専門スキルは特に必要ありません。子どもと関わったことがない方も大歓迎!

「子どもたちのために活動したい!」その気持ちがあれば充分です。



活動の想い

子どもたちのために活動したい方、子どもたちと一緒に楽しみたい方!

あばれんぼキャンプでのボランティア活動は、学校やアルバイトでは学べないことがたくさんあります。

子どもたちを取り巻く社会の現状を知って、学んで、考えて、仲間たちと行動していくこと。

学生の皆さんでも、社会を変えるためのチカラを持っていると信じています。

「頭数としてのボランティア」ではなく「1人の責任ある大人としてのボランティア」。

その想いを大切にしながらボランティアスタッフとともに、20年間事業を創り続けています。

あばれんぼキャンプでは、子どもたちの良き学び・良き体験のために主体的に責任を持って参加し、全力を尽くして頂きます。

活動を通じ、金銭的な報酬は差し上げられませんが、コミュニケーションスキル、指導力、企画力、キャンプスキル等、皆さんに様々な知的財産を差し上げることをお約束します。


*ボランティア証明書の発行も可能です(独自の発行条件があるため、希望の方は個別にお問い合わせください)。



↓ボランティアスタッフミーティング(定例会)のようす↓





応募画面へ進む

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

【大学生リーダーの体験談】


「子どもたちと関われる活動をしたい!」
そんな些細な気持ちでキャンプリーダーとしての1歩を踏み出しました。
小さい頃からキャンプという活動には無縁だった私にとって、初めは不安と緊張感で一杯でした。しかし、元気な子どもたちや愉快な仲間とともに過ごすキャンプ生活は、不安を「楽しさ」に変えてくれました。子どもと関わり笑いながら楽しく過ごす日常や、仲間と共に協力しあい汗と涙で培った日々は、私にとってかけがえのない思い出となり、今でも私の学びにつながっています。
あなたも一度、この感動を味わってみませんか?

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

応募画面へ進む

法人情報

NPO法人野外遊び喜び総合研究所

“すべての子どもたちが走り回り輝く社会の実現を”
代表者

中嶋信

設立年

1998年

法人格

NPO法人

野外遊び喜び総合研究所の法人活動理念

あばれんぼキャンプは、全ての子どもたちが走り回り輝く社会の実現を目指すNPO法人です。

あばれんぼキャンプのコンセプトは「みんなのとっておきのバ」。

《バ》とカタカナにしたのは、そこに3つの意味を込めたから。その3つとは、《環境》《体験》《居場所》です。

あばれんぼキャンプは、子どもを中心とした「みんな」にとって特別な「環境」「体験」「居場所」をつくります。

活動実績

・年間40本以上!キャンプ等野外活動プログラム

・子ども・家族対象のイベント(冒険遊び場、森のようちえん、ボランティア主体イベント)企画

・指導者育成

・西東京市の児童館夜間運営、学童クラブの受託事業

野外遊び喜び総合研究所の法人活動内容

・年間30本以上!キャンプ等野外活動プログラム

・子ども・家族対象のイベント企画

・西東京市の児童館夜間運営、学童クラブの受託事業

取り組む社会課題:『教育格差』

野外遊び喜び総合研究所のボランティア募集

野外遊び喜び総合研究所の職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む