こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 神戸の「学街活動報告会」にて、子どもを「どハマり」させる遊びブースを作ろう!!

    更新日:2019/02/28

    神戸の「学街活動報告会」にて、子どもを「どハマり」させる遊びブースを作ろう!!

    神戸ソーシャルキャンパス + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    f69af6f888-member_children_recruiting_72622_main.png

    3月16日に、小学生から大学生まで、学生たちが「ハマった」活動を報告し合う「神戸どハマり報告会」が開催されます!そこに参加する小学生たちに、会に飽きさせずハマる体験を提供してくれるボランティア募集中!

    活動テーマ
    • 少子化
    • 教育格差
    • 子育て/育児
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 兵庫
    必要経費

    無料

    活動場所までの交通費はご負担をお願いします。

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    ・子どもが好きな人!
    ・イベントの企画から実施までを体験したい人!
    ・楽しいことを考えるのが好きな人!

    注目ポイント
    • 神戸のアクティブな学生と出会える「どハマり報告会」に関われる!
    • 子どもたちと直接触れ合える!
    • 1ヶ月で企画から準備、実施までを体験できる!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    4名

    関連スキル
    • デザイン

    募集詳細

    神戸どハマり報告会、開催します!

    神戸ソーシャルキャンパス、NPO法人まなびと、一般社団法人イドミィの三者が協働し、神戸で学街活動に熱中する学生たちに自分たちの活動を発表する場を設けます。その名も「神戸どハマりアクション報告会」!

    この報告会には、学生はもちろん、地域住民の方やNPO、大学や高校の先生、生徒たちの保護者等、たくさんの人々が参加する予定です。


    子ども達を飽きさせない「子どもブース」

    神戸どハマりアクション報告会は、3月6日15時~18時半まで開かれます。学生たちの発表時間としては、足りないぐらいですが、そこに参加する子どもたちにとっては、少し長丁場。。。そこで、休憩時間に子どもブースを設置し、子どもたちを飽きさせない工夫をしようと考えました!


    ブースは2m×2m程度の小さなスペースとなりますが、そのスペースを最大限に活かした楽しい遊びを企画してもらいます!

    2月中旬には企画をスタートし、そこから準備、そして本番は3月16日です。短期間ですが、スピード感を持った企画に携わる事ができます。


    神戸どハマりアクション報告会 企画内容

    ◆タイトル

    神戸どハマりアクション報告会

    ◆概要

    学生が活動にハマり、好きなことに熱中することが、結果として他人や地域に貢献していることを市内の人々に知ってもらうために、地域で活躍する学生(小学生~大学生)による活動報告会を開催し、さらなるNPOや地域活動の促進を狙う。

    ◆主催(共同主催)

    特例認定NPO法人まなびと

    一般社団法人イドミィ

    神戸ソーシャルキャンパス

    ◆目的

    ・学生の地域参画が神戸の社会をよりよくしている、活動が社会の価値になっているということを伝える

    ・教員教授や企業との繋がり=応援してくれる人達と活動している人達が出会う場を作る

    ・親世代に好きなことをやらせる教育の重要性を訴える

    ◆日時

    3月16日(土)15時~18時30分

    ◆場所

    北野工房のまち 講堂

    〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目17−1

    ◆想定する発表者/参加者

    発表者:イドミィで活動する小学生・大学生、まなびと・神戸ソーシャルキャンパスで活動する高校生・大学生

    参加者:発表者の両親、知人、一般市民、NPO,大学職員、行政職員、企業担当者等

    ※運営側、参加者側合計で100名程度の来場者数を目指す

    ◆タイムライン(仮)

    時間(分)

    活動

    備考

    15:00(10)

    開会の挨拶

    会の趣旨説明

    主催団体の紹介

    主催団体より

    15:10(40)

    活動報告 第一部

    ・時間配分は発表者やテーマによって調整

    ・発表項目=自分史、動機、行動、自他の変化、社会にとっての価値、次のステップ

    *やりたいことをやれるという点を動機と行動のパートに入れ込む

    *「ハマる」をキーワードに個人の視点から発表する

    ・発表方法はスライド+話"

    15:50(10)

    休憩(遊びブース)

    ・以下休憩時間は子どもたちが遊べる(どハマりする)遊びブースを設置

    16:00(40)

    活動報告 第二部

    16:40(10)

    休憩(遊びブース)

    16:50(40)

    活動報告 第三部

    17:30(20)

    表彰式

    ・発表者から改めてコメントをもらう

    ・可能であればそれぞれの活動の対象者からコメントをもらう

    17:50(40)

    中締め

    交流会

    ・高校生から主婦、大学教授、NPO職員まで多様な人達が意見交換できる仕組みを作る

    18:30(30)

    片付け

    19:00

    完全撤収

    ◆遊びブース設置について

    ・まなびと×2、イドミィ×1、ソーシャルキャンパス×1程度で設置

    海外の遊びや遊びながら学べるゲーム等を各団体の学生チームが考案


    ◯応募方法

    応募時は、メッセージの欄に

    ・大学、学部、学年

    を明記の上、ご応募ください。
    ご応募いただいた後は、神戸ソーシャルキャンパスにて、プロジェクトの詳細についてご説明させていただきます。その後、実際に活動へ参加したいという方については、会議日程等を決め、具体的な活動を始めていく予定です。

    ※応募後、一定期間返信メールがない場合は、迷惑メールフォルダ等をチェックしてみてください。

    それでも返信メールが見当たらない場合、下記番号までお電話をお願い致します。

    078-241-9797(神戸ソーシャルキャンパス)

    〒651-0096 兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目3−1ー2F

    • c6bb213273-48418725_1946765358770673_2416966169782124544_n.jpg

      会場となる北野工房講堂

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    団体情報

    Articles b1843ae637 header image 1492241983
    Square small b8805ec85d  coport kanban 170123

    神戸ソーシャルキャンパス

    “みんなの「学街活動」を応援します!!”
    代表者

    大福聡平

    設立年

    2017年

    法人格

    その他

    神戸ソーシャルキャンパスの団体活動理念

    神戸市・兵庫県内にチャレンジコミュニティの構成員となる若手を輩出すること

    チャレンジコミュニティの構成員とは・・・

    社会起業家、社内起業家、NPO職員、フリーランス等、組織ではなく「職」(やりたいこと)でキャリアを作っていく人たち

    ※神戸ソーシャルキャンパスは、神戸市による補助事業として運営されています。

    神戸ソーシャルキャンパスの団体活動内容

    ・学生向け交流スペースの運営

    ・NPO/企業/地域団体のボランティア/インターンシップ募集情報と学生のマッチング

    ・自主イベント/プロジェクトの立ち上げ

    ・地元中小企業を対象とした求人支援

    神戸ソーシャルキャンパスのボランティア募集

    神戸ソーシャルキャンパスの職員・バイト募集