こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 【残席2名:8月22日】『「子どもの貧困」の実情を語る~子どもと家庭の抱える困難

    更新日:2018/08/22

    【残席2名:8月22日】『「子どもの貧困」の実情を語る~子どもと家庭の抱える困難

    特定非営利活動法人Learning for All
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    ae925acdf3-event_children_recruiting_70735_main.png

    『「子どもの貧困」のメディアではわからない実態について知りたい』
    『困難な状況下にある子どもたちのために、「今、自分にできること」を考えたい』
    そのような思いを持ったあなたへ向けたイベントです。

    活動テーマ
    • いじめ
    • 教育格差
    • 不登校
    • 非行
    • チャイルド・プア
    • 児童虐待
    • 経済格差
    • ワーキングプア
    • シングルマザー
    開催場所
    • 東京 新宿区 東京都新宿区住吉町8-21白砂ビル3階 (地図)

    曙橋駅から徒歩3分

    必要経費

    無料

    開催日程

    19:30〜21:30(開場19:00)

    募集対象

    社会人
    ※学生の方には学生向けの説明会を開催しております!
    http://saiyou.learningforall.or.jp/

    注目ポイント
    • 「子どもの貧困」のメディアの情報だけではわからない実態について知ることができる
    • 現場で困難を子どもたちと日々向き合っている、職員や大学生から話を聞くことができる
    • 困難な状況下にある子どもたちのために、「今、自分にできること」を考えることができる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    募集人数

    15名

    募集詳細

    「7人に1人が貧困状態」にある。それだけではわからない、「子どもの貧困」の実態があります。


    ■イベント概要

    日本にも、「貧困」があります。これはLearning for All が実際に支援を届けた子どもの話です。


    生活保護世帯母子家庭の中学2年生の女の子。小学校で習う、算数の九九からつまずきを抱えています。母親が仕事で家を空けることが多く、夕飯やお風呂の準備等の家事の手伝いが必要なため、家で十分に勉強する時間が取れません。また、経済的に塾に行く余裕がなく、学習の遅れを解消できずにいます。勉強をしたくてもできる環境になく、「どうせ自分はバカだから、何をやってもできない」と自信を失ってしまっています。


    このように現在、経済的な理由で困難を抱えている子どもは約150万人います。しかし、そのうち学習支援等の適切な支援機関につながることができている子どもは、約2.5万人程です。そして、子どもが抱える困難は、保護者や家庭環境の問題、つまり「自己責任」として見過ごされています。生まれた環境により、子どもの人生が大きく左右されている。そして、その子どもの多くが、社会から置き去りにされている。そういわざるを得ない現状が確かに存在します。


    Learning for All は、困難な状況下にある子どもに対し、選抜・育成された大学生教師が、一人ひとりの学習進度や家庭環境に合わせた支援を提供し、自立するための力を育てる「学習支援事業」、及び低年齢のうちから、学習面だけでなく生活面を含めた包括的な支援を提供し、安心できる居場所をつくる「子どもの家事業」を提供しています。そして、課題と直接向き合った経験を通じて、「社会課題を解決する人材」を育成・輩出し、社会課題の包括的な解決を目指すNPO団体です。


    イベントでは、トロント大学オンタリオ教育研究所での留学経験を経て、2016年にLFAに入職した入澤や、実際に子どもと日々懸命に向き合い、支援をしている大学生から、子ども支援の現場から見えてきた子どもの暮らしやそれを取り巻く環境について、実際のエピソードを交えながら丁寧にご説明させていただきます。

    また、参加者の皆様と職員や大学生で一緒に、互いの関心ごとや疑問などについて語り合う座談会の時間を用意しております。子どもたちが安心して生きていくことができる未来のために「今、自分にできること」を一緒に考えましょう。


    ご好評をいただいております、LFA活動説明会の参加申込は先着順となっております。少しでも関心・関心のある方は、是非お早目の申込を宜しくお願い致します。


    ■プロフィール

    トロント大学オンタリオ教育研究所修士。大学生当時、認定非NPO法人Teach For Japanの1事業だった学習支援事業に参画し、非常勤職員としてプログラムの開発に従事。 大学卒業後、プレイワーカーとして子どもの遊び場の管理運営に携わった後、トロント大学オンタリオ教育研究所に2年間留学。留学先では社会正義教育について研究。この度、留学を終えてLearning for All に参画。Learning for Allの活動を通じて、不平等を再生産するこの社会の構造を少しでも変えていきたい。


    ■参加者の声

    現場で活動されている方の生の声を聞くことができ、課題に対する理解が深まった(40代女性)

    ☑ HPを見ているだけではわからない、現場の方の熱量や子どもの実態を知れた(30代女性)

    ☑ 今苦しんでいる子どもたちの現状を知り、アクションを取ろうと思った(20代男性)


    ■団体概要

    《Learning for All とは》

    「すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、自分の力で人生を切り拓くことのできる社会を実現する」ために、経済的な要因をはじめとする様々な理由で困難を抱える子どもたちに対して、「質の高い学習支援」を提供しています。また同時に、課題に直接向き合う経験を通じた、「社会課題を解決する人材の育成」をすることで、本質的な社会課題の解決を目指すNPO団体です。


    《主な受賞歴》

    東京都北区「改革プラン ベスト1」(2011年)、「第5回日本エクセレントNPO大賞」(2018年)


    《主なメディア掲載歴》

    NHK総合テレビ「ひるまえホット」「シブ5時」(2017年)、読売新聞(2017年)、Japan Times(2017年)、毎日新聞(2018年)、産経新聞(2018年)、毎日新聞社「AERA」代表の李が社会起業家54人に選出(2018年)


    ============================================

    当日の概要

    ============================================

    ■日時:2018年8月22日(水)19:30〜21:30(開場19:00)

    ■場所:東京都新宿区住吉町8-21白砂ビル3階

    ■アクセス:曙橋駅から徒歩3分

    ■定員:15名

    ■対象:社会人

    ※学生の方には学生向けの説明会を開催しております!

    ■参加費:無料

    ■持ち物:筆記用具

    ============================================

    法人情報

    Square tiny eb733c28da edf0cbe2f9 lfa logo 1
    Square small eb733c28da edf0cbe2f9 lfa logo 1

    特定非営利活動法人Learning for All

    代表者

    李炯植

    設立年

    2015年

    法人格

    NPO法人

    Learning for Allの法人活動理念

    Learning for Allは

    すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、

    自分の力で人生を切り拓くことのできる

    社会の実現を目指します。


    そのために、

    1.子どもの人生が変わる現場作り

    2.人材育成

    3.普及啓発・アドボカシー

    を行っていきます。

    Learning for Allの法人活動内容

    困難を抱える子どもに対して質の高い学習機会を提供し、困難を抱える子どもに対して質の高い学習機会を提供し、課題に直接向き合った経験を通して、社会課題を解決する大学生を育成・輩出している。

    Learning for Allのボランティア募集

    Learning for Allの職員・バイト募集