こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 【参加者募集】『「社会を変える」最前線に迫る~教育格差を終わらせる~』

    更新日:2018/07/14

    【参加者募集】『「社会を変える」最前線に迫る~教育格差を終わらせる~』

    特定非営利活動法人 Learning for All
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    c3704a1c73-event_children_recruiting_70202_main.png

    日本では、7人に1人の子どもが貧困状態にある。この事実を知って、自分にできることを考えたいと思っているあなたへ。子どもの貧困の問題への理解を深め、解決の方法を共に考えるイベントを開催します。

    活動テーマ
    • いじめ
    • 家庭崩壊
    • 教育格差
    • 不登校
    • 発達障害
    • 児童虐待
    • 経済格差
    • 子育て/育児
    開催場所
    • 東京 新宿区 東京都新宿区住吉町8-21白砂ビル3階 (地図)

    曙橋駅から徒歩3分

    必要経費

    無料

    開催日程

    14:00〜16:00(開場13:30)

    注目ポイント
    • 「子どもの貧困」の本質的な解決を目指す団体の事業モデルについて知ることができる
    • 「子どもの貧困」に立ち向かうNPO職員の想いを知ることができる
    • 本やメディアの情報だけではわからない、社会課題の実情について知ることができる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    募集人数

    20名

    募集詳細

    ■イベント概要

    日本では、7人に1人の子どもが貧困状態にある。この事実を知って、自分にできることを考えたいと思っているあなたへ。子どもの貧困の問題への理解を深め、解決の方法を共に考えるイベントを開催します。


    今回のイベントでは、大手広告代理店からLearning for All 職員に転身し、現在広報・資金調達部ディレクターを務める石神より、支援現場から見えてきた「子どもの貧困」の実態や、それを本質的に解決するためのLearning for All の事業モデル、民間企業出身者から見た『「社会を変える」最前線』について、お話させていただきます。Learning for All が創業以来続けてきた学習支援事業を通して、新たに見えてきた「子どもの貧困」「教育格差」という課題の難しさ。子どもが抱える困難を、保護者や家庭環境の問題としてしまうにはあまりにも残酷な現実があります。今の社会のなかで一部の子どもたちが取りこぼされてしまっている背景には様々な問題があります。


    Learning for All では、この複雑で困難な課題を解決するために、「学習支援事業」に加えて2016年より「子どもの家事業」を始めました。さらに、より多くの子どもたちを支援するために、「学習支援のナレッジ展開事業」など、新たな事業にも挑戦しています。課題と向き合う中で、新たに見えてきた課題に立ち向かうために事業拡大を続けるLearning for All のこれまでとこれから、その背景にある私たちの想いを知っていただき、皆様にも一緒に社会課題について考えていただける場となっております。


    イベントの終盤には、参加者の皆様と職員やスタッフで、互いの関心ごとや疑問などについて語り合うワークショップの時間をご用意しております。参加者の皆様同士で交流したり、「子どもの貧困」という社会課題に対する明日からの向き合い方を考える「きっかけ」にしていただける場となれば幸いです。



    ■登壇者プロフィール

    広報・資金調達部事業部長/石神駿一
    「本気で『教育格差を終わらせる。』仲間を増やしたい」

    明治大学政治経済学部を卒業後、株式会社電通にて4年半勤務。メディアバイイング、メディア開発、企業のCIVI開発などを行う。Learning for Allでは広報・コミュニケーション領域を担当。関わる全ての人が気づきを得ることが出来て、学びを得られるような団体を目指す。Learning for Allの広報や活動を通して、教育に関心を持つ人を一人でも多く増やしたい。



    ■こんな方にオススメ

    「子どもの貧困」という社会課題について興味、関心のある方

    ☑ Learning for All の事業モデルについて興味、関心のある方

    ☑ 社会課題の解決を目指すNPO職員の話を聞きたい

    ☑ 社会課題の解決のために自分には何ができるのかを考えたい

    LFAサポーターへの応募をご検討中の方



    ■参加者の声

    ☑ 現場を持ちつつ、根本的な解決まで考えて活動している点が共感できた(30代男性)

    ☑ HPを見ているだけではわからない、現場の方の熱量や子どもの実態を知れた(30代女性)

    ☑ 今苦しんでいる子どもたちの現状を知り、アクションを取ろうと思った(20代男性)



    ■団体概要

    《Learning for All とは》

    「すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、自分の力で人生を切り拓くことのできる社会を実現する」ために、経済的な要因をはじめとする様々な理由で困難を抱える子どもたちに対して、「質の高い学習支援」を提供しています。また同時に、課題に直接向き合う経験を通じた、「社会課題を解決する人材の育成」をすることで、本質的な社会課題の解決を目指すNPO団体です。


    《これまでの成果》

    過去6年間で、約5,000名の子どもたちを支援(昨年度、支援をした中学校3年生計34名全員が高校に合格)、約1,500名のプログラム参加大学生を輩出している。


    《主な受賞歴》

    東京都北区「改革プラン ベスト1」(2011年)、「第5回日本エクセレントNPO大賞」(2018年)


    《主なメディア掲載歴》

    NHK総合テレビ「ひるまえホット」「シブ5時」(2017年)、読売新聞(2017年)、Japan Times(2017年)、毎日新聞(2018年)、産経新聞(2018年)、毎日新聞社「AERA」代表の李が社会起業家54人に選出(2018年)


    ============================================

    当日の概要

    ============================================

    ■日時:2018年7月14日(土)14:00〜16:00(開場13:30)

    ■場所:東京都新宿区住吉町8-21白砂ビル3階

    ■アクセス:曙橋駅から徒歩3分

    ■定員:20名

    ■対象:社会人

    ※学生の方には学生向けの説明会を開催しております!

    ■参加費:無料

    ■持ち物:筆記用具、名刺(差し支えない方のみご持参ください)

    ============================================

    法人情報

    Square tiny edf0cbe2f9 lfa logo 1
    Square small edf0cbe2f9 lfa logo 1

    特定非営利活動法人 Learning for All

    代表者

    李炯植

    設立年

    2015年

    法人格

    NPO法人

    Learning for Allの法人活動理念

    Learning for Allは

    すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、

    自分の力で人生を切り拓くことのできる

    社会の実現を目指します。


    そのために、

    1.子どもの人生が変わる現場作り

    2.人材育成

    3.普及啓発・アドボカシー

    を行っていきます。

    Learning for Allの法人活動内容

    困難を抱える子どもに対して質の高い学習機会を提供し、困難を抱える子どもに対して質の高い学習機会を提供し、課題に直接向き合った経験を通して、社会課題を解決する大学生を育成・輩出している。

    Learning for Allのボランティア募集