こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ローカルを撮る。学生フォトグラファー募集。

    更新日:2018/03/21

    ローカルを撮る。学生フォトグラファー募集。

    NPO法人共存の森ネットワーク
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    676ab2a251-7509733360841.jpg

    フライヤーなど紙媒体やwebで使う写真を撮るフォトグラファー募集です。テーマは・・・ローカル、山・海、伝統、中高生、それらの周縁です。

    活動テーマ
    活動場所
    • 東京

    打合せなどは東京で行いますが、撮影は全国になる可能性があります。

    必要経費

    無料

    打合せや撮影場所までの交通費はこちらで支払います。

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    活動頻度

    応相談

    募集対象

    独学で構いませんので、カメラ撮影に関する知識や経験がある程度ある方を優先します。知識や経験がなくても、味のある写真を撮る方はウェルカムです。

    注目ポイント
    • 自分の撮った写真が世の中に広く見てもらえる。
    • 自治体との繋がりがあるので、頑張り次第で先方からお仕事が頂けるかも。
    • いろんな地方に行く機会アリ。
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    関連スキル
    • 写真撮影/画像編集

    募集詳細

    優しい表現

    弊団体では高校生100人が、宮大工や漁師など自然に関わる仕事をされる方に取材を行う「聞き書き甲子園」を主軸に、ローカルやインタビュー・自然などをテーマに様々な事業を行っております。これからも新たな取り組みをいくつか仕掛けていくにあたって、今まで多くの場面で手弁当で行ってきた写真撮影を学生のフォトグラファーにも担ってもらおうと考えました。具体的にどういった事業の撮影を担ってもらうのか。この点に関しては新規の取り組みもあり、明文化しにくいところですので興味を持って頂いた方々にお会いしてご説明させてください。


    日本のローカルサイドでは人口減少と高齢化がとまらない地域が多いです。移住移住と声高に叫んだところで小さな日本国内でのパイの奪い合いはむなしいものがあります。それでも、右肩上がりではなくなったこの島国で、幸せを具現化する暮らしはつくっていけると信じ、私たちは活動しています。


    そんなときにデザイン(視覚的表現)が果たせる役割は大きいです。暮らしをつくるのはみんなです。おじいちゃんおばあちゃんもいれば、都会にあこがれる高校生も、みんなが寄り添ったものが暮らしです。そんなみんなの集合体をもっとハッピーにしたい私たちにとって、より良いデザイン(視覚的表現)は、伝えたいことをより正確に届けてくれる「優しさ」です。


    まちづくり、暮らし方、ローカルに関心を寄せる学生をお待ちします。

    体験談・雰囲気

    このボランティアの雰囲気

    事業規模はそれなりに大きいですが、運営している人間の数は少ないです。デザインも取材も企画運営も雑務も全部こなすようなスタッフのもとにジョインしてもらいます。フォトグラファーだから写真だけ撮っていれば良いということではなく、積極的に企画の部分などにも関わってもらえると幸いです。

    特徴
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気

    法人情報

    Square tiny da0da42637 cc8d182f2f kyouzon rogo
    Square small da0da42637 cc8d182f2f kyouzon rogo

    NPO法人共存の森ネットワーク

    代表者

    工藤大貴

    設立年

    2003年

    法人格

    NPO法人

    共存の森ネットワークの法人活動理念

    人と人、人と自然、世代と世代をつなぐ活動を行うことで、持続可能な社会づくりを目指す。

    共存の森ネットワークの法人活動内容


    全国7つの農山漁村で行っている地域交流活動、

    聞き書き甲子園の実施運営、

    その他各地域での地域づくりや聞き書き事業の実施運営。



    =======================



    【聞き書き甲子園】(2002年~)

    対象:高校生


    全国から選ばれた100人の高校生が、農山漁村に住む「名人」(=マタギ、海女、伝統工芸士など)に一人で聞き書きし、記録する取り組みです。2018年度で17年目の開催。



    主催:聞き書き甲子園実行委員会

    (農林水産省/文部科学省/環境省/公益社団法人国土緑化推進機構/公益社団法人全国漁港漁場協会/全国内水面漁業協同組合連合会/NPO法人共存の森ネットワーク)


    募金協力・企業寄付:株式会社ファミリーマート

    助成:日本財団

    協賛・協力:
    トヨタ自動車株式会社/富士フイルムホールディングス株式会社/京王電鉄株式会社/株式会社ティムコ/株式会社長塚電話工業所/株式会社トンボ/株式会社ベネッセコーポレーション/マルハニチロ株式会社/一般財団法人環境文化創造研究所/公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会/公益財団法人損保ジャパン日本興亜環境財団

    後援:
    全国知事会/全国市長会/全国町村会/公益社団法人経済同友会/経団連自然保護協議会




    =======================




    【きく・かく・えがく ~東京のふるさと・自然公園~】(2018年~ @東京都)

    対象:中学生


    都市部の中学生が東京の森で「森の話」を聞き物語を書き、影絵にして表現するプログラムです



    主催:きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~実行委員会

    (東京都・檜原村・NPO法人共存の森ネットワーク)


    協賛:東京ガスグループ「森里海つなぐプロジェクト」

    協力:株式会社ベネッセコーポレーション進研ゼミ 中学講座

    助成:国土緑化推進機構 緑の募金/トヨタ環境活動助成プログラム

    後援:あきる野市・青梅市・奥多摩町・日の出町




    =======================




    【学校の森・子どもサミット】2014年~

    対象:小学生

    「学校林」等を活用した森林環境教育の事例を全国の小学生が発表する取り組みです



    主催:学校の森・子どもサミット実行委員会

    (公益社団法人国土緑化推進機構、公益社団法人福井県緑化推進委員会、公益財団法人オイスカ、公益財団法人ニッセイ緑の財団、一般財団法人日本森林林業振興会大阪支部、一般社団法人全国森林レクリエーション協会、NPO法人共存の森ネットワーク、福井県、福井県教育委員会、福井市教育委員会、若狭町教育委員会、林野庁)




    =======================




    【共存の森づくり】(2004年~)

    主な対象:高校生・大学生



    新潟・千葉を中心に全国7地域(愛知・滋賀・奈良・岡山・福岡)での大学生らによる地域づくりの活動です




    =======================




    【真庭なりわい塾】(2016年~)

    対象:社会人

    岡山県真庭市北部の中和地区(旧中和村)をフィールドに、はるか昔から紡いできた暮らしを学びながら、持続可能なライフスタイル、なりわいを考えるプログラム

    共存の森ネットワークのボランティア募集

    共存の森ネットワークの職員・バイト募集